This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

社内LT会で学ぶ、多種多様な知識、学び スカイディスクLT会(おやじベンチャーのここがすごい)

夏といえば、薄着ですよね。クールビズが導入されて久しいですが、毎年思うこと。
そうです、今年こそ、痩せよう。

こんにちは、マーケターのマジマです。

今回は、7月3日に行われました社内LTの内容をシェアできればと思います。エンジニアの情報発信をもっと頻繁に。ということで始まったLT会ですが、今までは午後イチ開催でしたが今回は初の夜開催、しかもお寿司を食べビールを飲みながらLTする会になりました。時間帯やご飯の種類など、色々試していきたいなと思っております。

エンジニアの知識蓄積を発信する場としてのLT

今回も様々な内容のLTが発表されました。詳しい内容はえだまめくんTwitterで実況しているのでそちらご覧ください。
https://twitter.com/meetup22575803


自身の趣味を数学的な分析を行いブラッシュアップしているというLTや、独自な観点から既存の物事を改革していって市場規模を広げようとするLT、現在の仕事の方法論をわかりやすくシェアし仲間の生産性をあげようとするLT、完全に趣味に走るLTなどです。

私としては初めての参加でしたが、エンジニアと呼ばれる方々はこれでもかというほど「引き出し」が多いのだと思います。これは好奇心や探究心の表れでもないのかなとも考えてます。

自身の探究心・好奇心をシェアすることによって成長する

発起人のエンジニア鶴田は、エンジニアの情報発信を増やしたいという思いでLT会を企画・開催しました。

それは発信することによって成長することがわかっているからなのだと思います。発信をすることが苦手な方もいるので、少しでも簡単に、テーマはなんでも、というルールにしてあります。

エンジニアや社員の日頃の探究心や好奇心の蓄積、知識の蓄積に対して発表の場を与えることで、お互いに気づきや学びを得られます。

私自身もいくつか見方が変わった内容もありました。



成長することは楽しいこと、発信することも楽しいこと

かなり飛躍してはいますが、発信することで人から承認される感覚もあるのかもしれません。いわゆる承認欲求です。趣味は人に見せることによって初めて楽しいと思うことがあります。

例えば盆栽などは、常に自分との戦いですが、いざ品評会、または他人のものを見たり、自分のものを見せたりした時に認められることで次に繋がります。趣味へのモチベーションが上がるのです。社会人になってゲームや映画などの学生時代に趣味だと思ってたものが急にできなくなるのも、共感する人がいなくなったり、話す人がいなくなることによって起きています。

ちょっと話が逸れましたが、スカイディスクで行なっているLTは、エンジニアや社員の発信により、それぞれの成長を促すような取り組みとして行われています。

私自身、今回が社内LT 初参加で、企画としてはもっと良くできることがいっぱいありそうだと感じましたが、まずはみんなが発信することを楽しむことが大事だと思っています。

次回は、社外LT会として初のミートアップも含めた会になります。

今回初参加でイメージが付いていませんでしたが、今回の内容をもとに社外LTもスカイディスクらしく進行していきたいなと思います。


株式会社スカイディスク's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more