1
/
5

未経験からITに挑戦してくれたメンバーに10の質問【公務員×WEB広告×SaaS】

こんにちは!SIVA広報部です。
先週に引き続き、未経験からITに挑戦してくれたメンバーへの10の質問と回答を公開します。

今回は、弊社で1、2位を争う異色のキャリアチェンジを果たし現在カスタマーサクセスとして大活躍中のはしもとさんにお話を聞きました。

一体どんな経験を経てSIVAにジョインしてくれたのでしょうか。
チャレンジ精神に満ち溢れたはしもとさんの驚きの経歴に注目です!

1.SIVAに入社する前のおはなし

都内有名私立大学(商学部)で、全力でバイトして4年間を過ごしました。
いわゆる大企業に全く興味がなくて、公務員になりました。

公務員になって、地域のために働いて、定時で帰る!!休日も満喫する!!

そんな社会人生活が、自分には合っているだろうと当時は考えていたんです。

実際、土日は休みだし絶対に定時で帰れるのでダンスや野球観戦などでプライベートを充実させていたんですが...。
やっぱり週のほとんどを占める「仕事」が楽しくないと日々の満足感がプラマイゼロ止まりで。
休みを楽しみに生きるのが嫌だな、と思うようになりました。

そうして半年後には転職を決意して、専門学校に通い始めてました!
なんとなくデザイナーに憧れていたので、グラフィックデザイン・Photoshop・Illustratorを勉強したんですけど、
これがなかなかハマらなくて.........

あれ?私これ、仕事にするほど好きかな・・・?

そう思って、デザイナー以外でWebを扱うお仕事を探し始めました。
そんな時に「面白そうだな」と思って申し込んだWeb広告の講座で、初めてヒートマップというものに触れたんです。

私、分析するということが大好きで。
ヒートマップをみて、ユーザーの動きからLPの改善点を見つけ出して、効果がアップして...という仕組みが大好きでした。
その講座の先生のことを「師匠」って呼んでました。
それがきっかけでWeb広告業界に興味を持つようになりました。
逆ですよね、普通(笑)

2.異業界へのチャレンジに対して抵抗はありませんでしたか?

全くなかったです!
前職とは違いすぎて、もはや何も怖くなかったです笑!

3.SIVAとの出会い

2社から同時にスカウトをいただいて、そのうちの1社がSIVAでした。

ちなみに自分でも1社応募してたんですけど、面接がすごい機械的だったんですよね。
せっかく気合入れて書いたプロフィール、読んでないんだろうな....って感じで。

私、コマとして”使われる”のは嫌なんです。自分の意見をちゃんと言って働きたい。我が強いんです笑。
ここでは、それはできないだろうと面接で察しました。
ちなみに落ちてました。笑

SIVAの面接は、すごく楽しかったです。
会社の「Web広告業界をもっと良くしていきたい」というビジョンにも共感できたし、何より面接の帰りにちらっとオフィスを覗かせてもらったらみんなとっても楽しそうに働いてて。面接2回目まではもう1社と悩んでたんですけど、3回目が終わる頃には「ここにします!」と言ってました。

4.応募時と入社後でギャップを感じることはありましたか?

面接で強くカルチャーを感じていたのもあり、入社してから驚くようなことはなかったですね。濃い面接だった......
唯一驚いたことは、面接の時に「形式的な研修がないので、自分で誰かに質問しに行ったりしないといけないんだけど、忙しくて対応できない時もあるかも・・・」と言われていたのに、実際まっっったくそんなことなくて。みんなすごく丁寧に対応してくれて驚きましたね。

5.入社してから実務につくまでを振り返って


入社してから一人でお客さんに対応するようになるまではだいたいみんな同じですよね。
1〜2週間くらいで勉強と、確認してもらいながら返信というトレーニング的なものを終えて1人で返信できるようになりました。
座学研修なしは全然不安じゃなかったです!
実務を通してじゃないとわからないじゃないですか。何事も「やってみないとわからない」んです。
それに、1人で対応するようになってもメンバーがすぐ隣にいる&他のメンバーもやりとりを見れるので、何かあったらいつでも丁寧に教えてくれて安心です。

6.入社前にやっておいてよかったことはありますか?

Web広告業界について学んだこと、ヒートマップを知っていたことです。
入社前に積んだ経験と知識のおかげでユーザー視点に一番近いところから自社ツールをみることができて、お客さんに寄り添った会話ができているかな、という実感があります。


もちろんSIVAに来るまでヒートマップを知らなかったというメンバーもいますし、Squad beyondの機能全般について質問がくるのでヒートマップだけを極めるのはおすすめしませんが(笑)。
Web広告に関する知識を少しでも持っておくとお客さんのお問い合わせを素早く理解できるし、Squad beyondbがどういうツールなのかも理解しやすくなります。

7.SIVAの雰囲気

面白い!!
こういうと語弊があるかもしれませんが、ふざけるのが本当にうまいというか。笑
いつも冗談を言い合ってて、聞いてる方も楽しいです。

あと、みんな受け入れる姿勢がすごいですよね。
誰が入社しても1ヶ月後には「あれ?入ってからまだ1ヶ月しか経ってないの!?」みたいな。
ミーティングも、みんな「積極的に発言」とかいうレベルではないんです。あれは「喋りたがって」ます。笑
周りがダンマリしているような場って、発言しにくいじゃないですか。
SIVAはその逆で、みんなが喋るから自分も発言しやすいんですよね。

8.SIVAで活躍できそうな人

人に流されずに自分の考えをしっかり持てる人かな。
自分の考えがあって、それをアウトプットできることがSIVAでは大事だと思います!
自分から動ける人であれば、未経験とか関係なく活躍できると思います!

9.仕事のやりがいはなんですか?

ズバリ「成果」!ですね。
自分のサポートのあとでお客さんのCVが上がったらとっても嬉しいです。
対応して「ありがとう」と言われるのももちろん嬉しいしやりがいなのですが、
それだけをやりがいにしていたあの頃よりは自分の仕事で数字が動く今の方がハッピーです、実は笑

10.今後SIVAで実現したいこと

Squad beyondを、広告業界で「beyond」(Squad beyondの略称)と言ったら誰にでも伝わるくらいの知名度にしたいです。私、beyondが大好きなので!

ワードプレスって言ったらすぐわかりますよね。...あの感じ、いいなあと思います。
そのために私は、全力でユーザーのみなさんがSquad beyondで成果をあげるお手伝いをしていきます!

読者に向けて

SIVAには、人の意見を聞き受け入れる文化があります。自分なんかと思わず思い切って提案してみるとまず「いいじゃん」とひとこと言ってくれるんです。
そういう人が集まって刺激し合う環境で働きたい人、ぜひ一緒にSquad beyondを育てましょう。
ご応募お待ちしてます!

ーーーーーーーーーーーー
はしもとさん、貴重なお話をありがとうございました!


▼カスタマーサクセスってどんなチーム?▼

SIVA Inc.'s job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more