1
/
5

リーダがやるべきこと・・・チームの大小を問わず。

「想像力」に長けていること。
「想像」することに多く時間を割く努力を行える人。

これがリーダーに最も大切な資質であり姿勢の1つだと思います。

経営者は言うまでもなく、
チームの規模大小を問わず、リーダである人は例外ではありません。

「作ること自体」が目的の
自己を満たすための仕事や行いも存在しますが
多くの事はそれにはあてはまりません。

作ったものの大半は、
誰かに使われるために存在します。

サービス、システム、人事制度、様々なルール、etc。
それらが実際に「利用された後」の結果を想像して
構想できることは非常に大切なことです。

「作ること」が容易とは思いませんが
「利用される価値」を実現するためには
多くの場合に大きな困難さが伴います。

いえ・・・
大きな困難をもって作り上げたつもりであっても
それに見合った成果とはならないことが大半かもしれません・・・

・小さく始めて、早く失敗し(Start small, fail fast)軌道改善をクイックに行うべきか
・精緻な計画づくりを徹底すべきか、、、

相反する手法にも見えますが、どちらか一方の採択ではなく
2つの手法の組み合わせが、実は最も合理的なのかもしれません。

本当に大切な事柄に対しては、
緻密な計画と、軌道改善の繰り返しの2つに注力することが
成功へのもっとも近道になるのだと思います。

でも時間には限りがありますね・・・
であれば、「本当に大切な事柄」以外を捨てるしかありません。

時間が無い。
多くの重要なポジションで働く人たちの現実だと思います。

ただ、多くの仕事のなかで
本当に大切で優先すべきことは、それほど多くもないのかもしれません。

———-
~AWSのコスト管理は「AIRz」で
~シンプラインHP

シンプライン株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more