1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

「99%失敗する」と考えながら「100%成功する」と信じること ⛰

こんにちは。☆ずう☆彡です。

1月もあっという間に過ぎ去りました。

『もう2月か・・・』

私たちが、この1年をかけて

AIRzで実現したいことを考えると

もっとスピードを上げなければと思います。

プレッシャーは、梅雨の雨のようにまとわりつきますが、

目標と意義、そして期限に対して忠実にならなければ

新しい事業の成功は夢のまた夢です。

私や特に関わるプロジェクトメンバーのパフォーマンスは

昨年と比較して、とても高まっていると思います。

それは、個々の経験や知識の向上もあれば、

優秀なメンバの参画もあります。

チーム全体としても

昨年ぶつかった、(私たちにとっては)巨大な壁から大きな学びを得られ、

このプロジェクトをスタートした昨年は

階段の1段目にいたとすれば

何段も登ったところから、2020年をスタートできました。

この先に階段が何段あるかはわかりませんが、

一貫性を保ってプロジェクトを進める事で

失敗からは多くを学び、捨てるべき道を早く知る術を得ました。

そして(小さくとも)成功からは、

それを最大化する術を少しづつ学び前進しています。

『魂』AIRzにそれが完全に入り切ったとは、

おおみえを切っては言えませんが、

凡庸で秀でた能力があるわけではない私が

プロジェクトオーナーを担うこの新事業が成功するためには、

AIRzに魂を入れる事が必要です。

昨年は、ベストを完璧に尽くし、私自身が全てをやり尽くす事を

成否よりも重要視していた自分がいましたが

100%成功することを自分に埋め込まなければ

完全燃焼する自分に成る事ができるはずもありません。

そんな容易な理論に、昨年は気づきませんでした。

そして「成功」とは何か?

売上や利益、規模ではないことは確かです。

それらは成功のために必要な要素でしかありません。

それはまたの機会に。

「99%失敗する」と考えなければ失敗するでしょうし、

「100%成功する」と想えば必ず成功します。


「99%失敗する」と考えながら「100%成功する」と信じること ⛰
こんにちは。☆ずう☆彡です。 1月もあっという間に過ぎ去りました。 『もう2月か・・・』 私たちが、この1年をかけて AIRzで実現したいことを考えると もっとスピードを上げなければと思います。 プレッシャーは、梅雨の雨のようにまとわりつきますが、 目標と意義、そして期限に対して忠実にならなければ 新しい事業の成功は夢のまた夢です。 私や特に関わるプロジェクトメンバーのパフォーマンスは 昨年と比較して、とても高まっていると思います。 それは、個々の経験や知識の向上もあれば、 優秀なメンバの参画もあります。
https://blog.airz.jp/2020/02/99100.html
シンプライン株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings