Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【地球上で一番スキルが必要な営業職とは】地方の雀荘店員が世の中で最も難しいとされる営業に挑んだ結果(異論反論大歓迎)

どうもはじめまして。営業の田所です!

今年の頭(2019年1月)まで雀荘で働いていて2月からシンフィールドにJoinしました!

以後お見知りおきをm(_ _)m

さて、今日のテーマは【地球上で一番スキルの必要な営業職とは】です。

みなさん何か想像つきますか?

(あくまでも個人的主観ですので異論反論がございましたら… むしろご意見ください!笑)

最強は新規開拓金融業BtoC説

 私は新卒の時に超難関営業と言われる先物取引の会社に入社し、灰皿が飛び交う中で業務をしていました(笑)ですので、先物こそ一番厳しい営業だ!と思っていました。

 先物時代は毎日飛び込みか、1日に400架電くらいするテレアポをするかの毎日でした。飛び込み先では名刺を破られたこともあり、商材のイメージが最悪に悪い営業でかなり鍛えられました(笑)

 先物でなく証券の営業もやりました。先物よりは多少イメージは良くなるものの、結局はお客様の資産をお預かりして売買のお手伝いをする仕事ですのでハードルは高く、専門的な金融知識やあらゆる業界のビジネス知識も必要になり、数字が出る頃にはかなりのタフさと知識の豊富さ、アンテナの張り巡らせ方が身につきました。

無形商材・新規開拓:BtoB営業(中小企業・個人事業主向け、どベンチャー)は割と…

 金融関係の営業を3年やった私はもはや怖いもの無し。売れないものはないと思っていた私は、無謀にも「営業代行」として独立に乗り出します。若気の至りでしたが最初はうまくいきました。最終的には自社商品じゃなかったこと、自社の看板力が無かったこと、商材は他社商材だったのでいつまでも狩猟民族をしなければならないと悟ったことから3年程度でやめてしまいました。まあこれも難しい営業だとは思いますが、自分一人だったので気は楽でしたし、中小や個人事業主相手なのでそこまでの知識も必要なく、やることをやっていれば売れていました。

どベンチャー vs 看板有り

 自分一人の為で、しかも他社の商材を扱っている状態ではやる気も出ず、うまく行かなくなってきた私は、今度は上場企業で同じような無形商材の新規開拓営業を体験します。ここではアポを取る人、クロージングする人、数字全体を見る人、受注後にディレクションをする人、受注管理・入金管理をする人等が分かれていて非常に効率的でした。

 私はクロージングに集中できましたし、なおかつ会社の看板も有り、自社商品でしたので非常に売りやすかったです。

田所、地方の雀荘の店員になる。

(え~っと、すみません、ここは営業の話と関係ありませんので箸休め程度に。。。笑)

 売りやす過ぎたからなのか、クロージングしてディレクションに回し、次の新規に向かう狩猟生活に疲れたからなのか、成長を感じられなくなったからなのか、色々な思いがあり、またここも離れてしまいました。

 次までの合間、転職活動中に中学の同級生が地元福岡で雀荘をやっていましたので、そちらでお世話になることになりました。一緒に働いていたNo2の方に『地方都市のこの雀荘を一緒に組織化して法人しよう!』とお声をかけていただいたので、私も『何をやるかも大事だが、誰とやるかだ!!』と意気込んで、採用の広報から面接、入社教育からマニュアル整備、落とし込み、会計周りの見える化、社労士のやるようなこと、etc...を担当しました。数ヶ月のつもりが結局5年もこの雀荘で頑張ったあと、今年2019年の2月に上京してシンフィールドにJoinすることになったのです。長い長い転職活動でした(笑)

(転職理由はまた別の機会にでもw)

結局どんな営業が最強なのか。答えは『無形商材・新規開拓:BtoB営業(大手企業向け、ベンチャー)』

 ようやく本題です。(長々と私の経歴話にお付き合い頂きありがとうございました。笑)

 就職市場は、売り手市場となったとはいえ、大手企業では今でも買い手市場のままなのはみなさんご存知だと思います。(大手企業倍率2019年卒は0.37倍)結局、キャリアを積んでいった人が生き残りやすい世の中なのは過去も今も変わらない事実です。

 営業職でステップアップしていくと考えた場合、『無形商材の法人営業がキャリアアップへの道』とよく言われています。その中でも、私の経験で申し訳有りませんが『大手企業への新規開拓で、しかもこちらはベンチャー企業で商材は産まれたばかりの実績も無いサービス』というのが一番営業の能力、スキルが必要になると思います。(意味のない有形高額商材を大手企業向けに新規で売るような営業があればそれが一番かもしれませんが、ビジネスとしてほぼ成り立たないのでここでは省きます。)

 紐解いていくと、まず無形商材は難しい。モノがあればその商材の品質や値引き等の営業担当者の能力以外の部分によって売れる売れないが決まってきます。

 無形商材は、営業のヒアリング能力、提案力、交渉力が必要になり営業担当社の能力がモロに結果に出やすくなってきます。

更に!

 大手企業へのBtoBでしかも新規開拓の場合は、目の前の商談相手以外の人たちへも納得してもらう提案力や段取り力が必要になってきます。目の前の商談相手に納得してもらうのはもちろん、商談相手と決裁者との関係、決裁が出るまでに超えなければならないハードルを正確に把握してからそれに対してこちらでできることを段取りしていく必要があります。目の前の商談相手を落としたとしても、決裁者に繋いでもらえるか、納得してもらえるかを運否天賦に任せるようでは受注率はいつまで経っても改善されません。

 しかもこちら側が名もないベンチャー企業で、ましてや新規事業の場合、これは本当に難しい!!看板力のある商品や会社だとその力が加算されますが、その加算がありません。

シンフィールドの『今』ならこの営業を経験し、キャリアを積む事ができます。

 当社シンフィールドでは、現在JobMangaという新規事業をやっております。しかも相手は資生堂 様や日本郵便 様、NTTデータ 様、NECソリューションイノベータ 様、トランスコスモス 様、Sky 様、東京海上日動システム 様など超がつくほど大手企業様ばかり。そんな会社にまだまだ小さな当社が堂々と新規でサービスを提供しております。しかも今やどこの会社もしのぎを削るHR関連商材です。ただし、商材が良いからか、お陰様でこんな実績もない新規事業でも大手企業様にご発注頂いております。

 今後、更にJobMangaの商材価値は上がってきます。看板力もついてくると思います。そうなってからでは経験できない新規事業立ち上げ期のJobMangaを一度見に来ませんか?インターン生も大募集中です!

ステップアップしたい営業職のそんなあなたをWanted!!

株式会社シンフィールド's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings