1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【NINJA SIGN・セールス】コンサルタントから事業を創る側へ。コンサルティング業界からの転身で見えてきた自分の可能性の広がり

日系コンサルティングファームから2019年秋にサイトビジットへ転職。現在、NINJA SIGNでフィールドセールスを担っている仲村さん。

「とても充実していました」と本人も語る環境を捨て、あえて異業種に飛び込んだ彼にどんな思いがあったか、前職の経験が活かされているところや違い、キャリアビジョンとは。

「事業を創る側へ転身することで自身の可能性の幅を広げたかった」。そう語る仲村さんにお話を伺った。

―仲村さんはコンサルティング業界からの転職ですよね。サイトビジットに入社する以前のキャリアについて教えてください。

大学卒業後、日系のコンサルティングファームに入社し、5年半コンサルタントをしていました。

主に、企業・事業再生分野を担当していました。小売や物流、卸、やや特殊なところでいうと医療など、さまざまな業界の企業に対して業務改善のためのコンサルティングを行いました。

―新卒ではなぜコンサルティング業界を選ばれたのですか?

「人を大きく動かす」という点に魅力を感じたからです。もともとテニスをやっていたこともあって松岡修造さんに憧れていて。松岡さんを見ていると、彼の熱い思いがきっかけになって人が動き、結果的に組織やパフォーマンスが大きく変わることが多いなと感じていたんです。そんな風に自身の思いをもって人を動かすことができる人間になりたいなと。コンサルタントは外部パートナーという立場で、当事者である内部の人に働きかけ、組織や事業を変えていく。それには相当の熱量が必要だし大変なことも多いけど、だからこそ誇りをもってやれるのではないかと考えました。

―最終的に、前職の企業を選ばれた決め手は何ですか?

数多くあるコンサルティングファームの中でも、「現場にコミットして泥臭くやっていくことをよし」としている会社だったことです。「中小企業を支えていきたい」というメッセージを強く打ち出していて、地に足がついている感じがして自分に合っていると思いましたね。あとは、選考途中で会った社員の方が優秀でとても素敵な方だったので、その方への憧れから入社しました。

―前職では、具体的にはどんなお仕事を担われていたんですか?

経営課題を抱える中小企業のお客様に対して、資産整理や銀行との調整などを通して事業を立て直す、その一連のプロセスでのコンサルティング業務を行っていました。

入社して最初の4年間は、業界問わずさまざまな企業を担当する部署に在籍していました。入社5年目のとき、会社からの打診と新しいことにチャレンジしたい思いが重なったタイミングで、医療領域に特化したチームに異動しました。もともと家族など周囲に医療従事者が多かったこともあり、異動にはポジティブでしたし、やりがいを感じていました。

―充実されていたご様子が伝わってきますが、そんな環境からの転職を考えたのはなぜですか?

おっしゃる通り、前職での仕事はとても充実していました。新卒で入社していたからこそ会社への愛着もあるし、周囲の方にも恵まれていたから毎日楽しくて。ただ、コンサルタントとしての経験を積むにつれ、自分の中で葛藤が生まれてきたのです。

―「葛藤」ですか?

きっかけは、お客様から「コンサルタントは物事を整理する第三者であり、決して現場で当事者として問題改善にあたるわけではない」というご指摘をいただいたことでした。

コンサルというのは物事の整理をすることはできるけど、実際に現場で手足を動かして何かを変えるわけではない、と。それはその通りで、役割が異なるということだから別に悪いわけではないのですが、一方でその言葉にどきっとしてしまった自分がいたのも事実で。悔しいじゃないですか。でも確かにそうだなって。現場で実務を積んだこともないし、ゼロから何かを作ったこともない。そういう経験は確かにしてないぞと。

―そのご指摘は結構ぐっときますよね。

自分自身でも漠然とそう感じている時期だったからこそ考えてしまいましたね。コンサル費用をお支払いいただいているということは、「物事の整理をする第三者」という点にも価値を感じていただいていると理解できる反面、第三者に留まるだけでは満足できない、もっとやれることがあるはずと強く感じる自分がいることに気づいたのです。その出来事がきっかけで、コンサルタントという立場ではなく、事業を創る当事者として経験を積んでみたいという思いが強くなりました。

―「事業を創る側」にご自身のキャリアの軸足を置きたいとお考えになったんですね。そこからさまざまな選択肢があったかと思うのですが、転職活動ではどういった基準で企業を探されたのですか?

コンサルタント以外の経験を積み、自身の経験の幅を広げたいという思いが強かったので、転職するのであれば全く別の業界がいいなと思いました。その中でも、世の中に与える影響力が大きい事業はやりがいがあるだろうと考えました。

―「経験の幅を広げたい」、「影響力が大きい事業にかかわりたい」というのが転職活動での軸としてあったんですね。

その通りです。それらの転職軸に合致したのがサイトビジットでした。私が選考を受けた時期は2019年の夏。ちょうどこれからNINJA SIGNの事業を立ち上げようという段階でした。

欧米では電子契約はすでに普及していますが、日本の電子契約市場はまだまだこれからの状況です。そんな電子契約市場にアプローチすることでワークシーンに与える影響は大きいと感じました。医療コンサルをしていたときに、医療従事者の方々が紙で書類管理をされているのを目にする機会が多くあったからこそ、尚更その気持ちは強かったのかもしれません。組織として立ち上がったばかりだったからこそ、業務を限定せずに色々なチャレンジができる点も魅力的でした。



―選考でサイトビジットの社員に会った時の印象はいかがでしたか?

面接では代表の鬼頭さんと、取締役の佐藤さんにお会いしました。お2人は日本の押印文化という「当たり前」をひっくり返しに行くぞ!と強くおっしゃられていて、すごい勢いだな!と感じたのを覚えています。この人たちとだったら大きなことがやれる、そんな確信めいたものを感じました。

―熱い!まさにご縁ですね。それから間もなく、2019年10月にご入社されたと。今ご担当されている業務について教えてください。

今はNINJA SIGNのフィールドセールス(コンサルティング営業)を担っています。ありがたいことに、働き方改革やリモートワークの普及が追い風になり、業種、規模問わずたくさんの企業の方々からお問い合わせをいただいている状況です。お客様の幅が広いのも私たちの事業の特徴でして、契約はどんな企業でも発生しますし、企業問わずアナログなやり方でやっている状況がありますので、私たちの事業が貢献できる幅が広い証だと考えています。

―確かに、ここまでお客様の幅が広いのは特徴的ですよね。そんな中で仲村さんはどんなお客様を担当されることが多いのですか?

私の場合は、ホールディングス体制を導入している企業や、従業員数が3,000名超の規模が大きい企業を担当する機会が多いです。そういったお客様ですと、関係部署が多く、社内稟議を通す過程において丁寧かつ時間をかけられるケースが多く、いざ電子契約を導入しようと思っても一朝一夕でできるわけではありません。導入に向けて、課題やリスクのすり合わせから始め、社内稟議を通すためのパートナーとしてお客様に伴走することが求められます。電子契約そのものに馴染みがなく、漠然とした不安を持たれているお客様や、手さぐり状態のお客様も多くいらっしゃるので、そういった方々に寄り添って一緒に課題解決をはかっていくイメージです。こうした動きは、コンサルタントと共通しており、特に前職での経験が活かせていると感じます。

―現職でも前職でのご経験が活かされていることを実感されているんですね。逆に「サイトビジットならでは」と感じるのはどのあたりですか?

たとえばカルチャーの面でいうと、ミッション・ビジョン・バリュー(以下、MVV)(※)の浸透に力をいれているシーンが日常的に多いのはサイトビジットならではだと感じます。代表の鬼頭さんのメッセージや、社内イベント(月に1回、最もMVVを体現しているメンバーを表彰するランチ会)などを通じて、会社としてMVVを大切にしている姿勢を感じています。最近入社したメンバーも多いからこそ、「MVVに共感している」ことを共通の価値観として確認できる機会が多いのは、組織としての一体感に繋がっていると感じるのでありがたいですね。

また、「助け合い精神」が強いのも特徴かなと思います。前職では個人プレーの色が強く、各人が独立して進めている感覚がありましたが、サイトビジットではセールスやCSなど部署と役割はあるものの、一緒に事業を盛り立てるという思いは共通しているので、メンバーで補完しあい、皆で高みを目指して進んでいる感覚が強いです。

(※)MVV=Mission Vision Valuesの略。

―まさにサイトビジットのバリューである「みんなで一番遠くへ」ですね!

そうなんです。まさに体現しています(笑)。

仕事面でいうと、特定の解決策を持っている点はコンサルティングとは違うと感じますね。コンサルティングでは自身の経験や知識、人脈などのネットワークを活用して解決の方向性を提示するのですが、今は具体的な解決策を持っているので、それを武器として実際に時間を短縮したり、余計な工数を削減したりと最後までサポートできるという点ですね。

また、競合を意識するシーンがあるかどうかという点も異なります。コンサルティングの場合ですと案件獲得のためのアプローチはあまりしないので競合を意識することは多くないですが、今はお客様から競合と比較されるシーンも多いですからね。自社を選んでいただくと飛び上がるほど嬉しいし、選ばれないとすごく悔しい。選ばれなかったら、次はどうしたら勝てるのか徹底的に考えるし、まだまだサービスを磨く余地があることを知らされる。その流れはとても刺激的です。

―今の事業フェーズならではの面白さはどこにありますか?

日本のビジネス契約はまだまだアナログが主流で、私たちもお客様も試行錯誤中だからこそ、お客様から「もっとこんなことできるといいよね」とご意見をいただくことも多いです。事業が立ち上がったばかりだからこそ、いただいたご意見をフレキシブルにプロダクトや組織に反映できるのも醍醐味だと感じますね。ある意味で、お客様と一緒に事業を育てている感覚があります。

―当初描いていた転職の軸であった、「経験の幅を広げたい」、「影響力が大きい事業にかかわりたい」という思いは実現できていますか?

はい!コンサルティングで培った自分の経験を活かしつつ、新しいことにもチャレンジできていて、当初描いていたビジョンは今のところ実現できています。会う人の数が圧倒的に増えたことから、対人折衝能力が鍛えられている感覚もありますし、コンサルタント時代よりも多様な課題を持つお客様に応えられるようになったと実感しています。また、今まさにお客様の変革期に立ち合えているという充実感もあります。

―最後に、今後のキャリアビジョンを教えてください。

今はとにかくセールスとして突き抜けたいという気持ちが強いです。「仲村だったらどんな案件でも任せられる」と周囲に信頼されるような、事業をリードする絶対的な存在になっていきたい。そして将来的にはメンバーをマネジメントする立場で、組織として2倍、3倍の成果を出していくことに貢献していけたらと考えています。そのために、今は自分のスキルや経験の幅をもっともっと広げて、「武器」をたくさん作っていきたいですね。

―応援しています。今日はありがとうございました!

「経験の幅を広げるために事業を創る側に転身したい」という強い思いをもって、コンサルティング業界からの転身を決めた仲村さん。インタビューでは、コンサルタントとしてのこれまでのご経験を存分に活かしつつ、新しいチャレンジを通じてご自身の幅を広げていらっしゃるご様子が伝わってきました。

株式会社サイトビジット's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings