1
/
5

「技術を理解した上でマネジメントもできるリーダーになりたい」甘えを知らない新卒3年目リーダーの生み出す価値とは

🔽記事担当

シアトルの採用担当 メイです!!
最近人生初のディズニーシーに行ってきました!
一番衝撃だったのは入園してすぐの地球!!!!!!!
全く知識がないまま行ったので、ディズニーにも地球儀があるんだと驚きました!
一緒に行った友達は私の無知さに衝撃を受けていましたが、、、笑
そんな初心者な私でしたが、
さすがのキラキラ感に圧倒され、開園から閉園までしっかりと楽しみました(途中30分寝た🤪 )

今回は私の同期!!!!!!!
2020年にエンジニアとして新卒入社し、チームリーダーや後輩のOJTを担ってきた
羽田野さんへインタビューを行いました!
教育学部を卒業後なぜエンジニアになったのか、今後どのようなことを成し遂げたいのか?
シアトル3年目に突入した彼がどのような挑戦をしているのか、ぜひご覧ください。

ー教育学部からIT企業へ就職したのはなぜですか?

教師を目指していく中で、このまま大学を卒業してすぐに教師になったら
「狭い世界しか知らず、社会のことを生徒に伝えられない教師になってしまうのではないか」という
迷いが心の中にありました。
将来的に教師になるとしても、生徒の多くはいずれ会社に勤めることになるのだから、
「社会で生きていく中でどんなことが求められるのか」を教えられる教師になるために、
一度自分も企業に勤めようと思いました。

今後IT系の教育も増えていく中で、「ITの技術を持っていれば必ず活かせる」と考え、
就職活動はIT企業に絞り、「チームワークを可視化して、IT以外の業界でも必要とされるプラットフォームを作ろうとしている」シアトルコンサルティングに魅力を感じて入社を決意しました。

また、若いうちにいろんな経験を積みたい、チャレンジをしたいという想いがあったので
若手でもチャレンジをさせてくれる社風や会社規模なのかどうかという部分でも魅力を感じました。

ー実際に入社後はどのようなお仕事をしてきたんですか?

研修後に、カーリースのサブスクリプションサービスに運用保守担当として参画しました。
社内のグループマネージャーも担うITディレクターとチームで参画し、
十分な教育体制の中で技術についてキャッチアップできる環境だったので、
必死に食らいつきながら勉強していました。

2年目の途中から私と、新卒2名のメンバーで銀行のカウンターシステム関連のプロジェクトに
参画することになりました。
お客様が大企業ということもあり、「新しい風を求めている」という期待を参画する前から伺っていたので、新人2人を育てつついかに現場に新しい提案ができるか貢献できるかというところを重視しながら仕事に取り組んできました。
新卒2名の教育に関しては正直手探りな部分はありましたが、
プロとして「新卒と2年目のエンジニアだからこのクオリティしか出せない」という甘えは絶対に出したくないと考え、お客様が自分たちに何を求めているのか、という視点から先回りして行動するように心がけました。
技術で役に立ちたかったのはもちろんですが、どうしてもベテランの方に比べると
そこが劣ってしまうのは理解できていたので、現場での課題を見つけて改善提案を繰り返しています。
その結果お客様からも高い評価をいただき、元々期待していただいていた「新しい風」となれているかなと感じています。

ーチーム活動ではどんなことをしているんですか?

2年目より技術推進本部で、チームリーダーを担っています。

16期(2022年4月まで)はバックエンドの技術力を推進するのがテーマになっていたので、
私のチームではQiitaアドベントカレンダーに投稿するバックエンド技術に関する記事の作成や社内の書籍管理のシステムに課題を感じていたので、書籍管理システムのリニューアルに取り組みました。

メンバーは新卒一年目のメンバーから三年目のメンバーで社内の書籍管理アプリ開発に向けたプロトタイプの開発と、開発を通して出てきた課題や疑問点のナレッジ化を行うことができました。

17期は「チーム開発の円滑化に繋がるコミュニケーションスキルの向上」をテーマにチーム活動を行なっていきたいと考えています。

ー今後どのようなキャリアを歩んでいきたいですか?

正直にお伝えすると、キャリアについては今とても悩んでいます。
シアトルに入ってから現場以外にも、いろいろと経験をさせてもらう中で
特に2年目からはチームリーダー、開発PJでもマネジメント寄りの仕事をしてきたので
今後もマネジメントに振り切った仕事をしてみるのもいいかなと。
ただ、理想を言えば技術を理解した上でマネジメントができるリーダーになりたいとは思っているので、
キャリアについて上長に相談しながら考えていけるシアトルの環境はすごくありがたいと思っています。

私自身まだまだ若手ですが、中途で同じように若手の方や中堅層の方にもたくさん入社いただいているので、その人たちのいいところは貪欲に吸収して成長していきながら、
いずれは私自身が若手のキャリア育成や支援に携われる人材になっていきたいです。

ーどんな人と一緒に働きたいですか?

周りの人のことを考えられる利他の心を持っている方ですね。
シアトルには相手目線で考えられる人ばかりな会社だと思うので
利他の心がある方だと一緒に楽しく働けるのではないかと思います。
前向きに物事を考えられる方だとさらに嬉しいです!

弊社では、2年目からチームリーダーとして活躍しているメンバーがたくさんいます。
ぜひ今後のキャリアについて私たちと一緒にお話ししてみませんか?

シアトルコンサルティング株式会社's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more