1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

<4大LT大会 2019>『夏の新人戦』が開催されました!!



こんにちは!
DI 1 Groupの岸です。

読者の皆さん、初めまして!!
2019年度入社の新卒で、今回が初投稿です!
緊張してますが、温かく見届けていただけると嬉しいです。(笑)


▼記事担当

岸 駿太郎
シアトルコンサルティング株式会社
DI 1 Group
2019年度 新卒入社





それでは、早速!
先日開催されたシアトル4大LT大会『夏の新人戦』の模様をお届けします。


▼シアトル4大LT大会とは?
シアトルコンサルティングで年に4回開催されるLT(ライトニングトーク)大会のこと。
業務、職種、ポジションに関係なく、自由なテーマで日々取り組んだことを披露する場です。

前回のLT大会は下記参照

<4大LT大会> 令和最初のLT大会『SB1』が開催されました! | Seattle Technology Event
こんにちは! DI 2 Group の杉本です。 今回は先日開催された14期、そして 令和最初 のシアトル4大LT大会 SB1 を紹介します。 ▼シアトル4大LT大会とはシアトルコンサルティングで年に4回開催されるLT(ライトニングトーク)大会のこと。業務、職種、ポジションに関係なく、自由なテーマで日々取り組んだことを披露する場です。 前回のLT大会は下記参照 SB1とは......4月に入社した 「S=新卒社員」に、先輩社員の技術的・社会人的に優れている能力(!?)を見せつけ、 「B=ビビらせる」「1=
https://www.wantedly.com/companies/seattleconsulting/post_articles/172633




新人戦とは、5月に開催されたSB1(新卒をビビらすNo.1)に刺激を受けた新卒たちと、
新卒ではなくとも、フレッシュな気持ちは変わらない社員たちが参加したLT大会です!
つまり、いつも通り誰でも参加可でした!(笑)
乾杯で始まる、というのもいつも通りです。(笑)


今回は新人戦ということで、以下の二つの賞が用意されました!
MVP (Most Valuable Presenter)
MVS (Most Valuable Shinsotsu)

です!

MVPは登壇者全員の中から、MVSは2019年度入社の新卒の中から選ばれます!



今回MVPに選ばれたのは・・・

古上さんの『ジョイマン作ってみた』です!!!
今回が初登壇の古上さん、
超おもしろい人気芸人?ジョイマンをプログラミングで再現してくれました。
単語を入力するとジョイマンが言いそうな単語を返すというもので、
ポイントは3つ
・末尾数文字が一致
・類似度が高い
・文字数が±1文字程度

これでジョイマンができるそうです!
いや~、考えたこともなかったですね。



そんなジョイマン開発の経緯や苦労を多くの笑いを散りばめながら
発表してくれた古上さんがMVPを受賞しました!
おめでとうございます!

真面目な顔でボケを連発する古上さん、
個人的にはジョイマンご本人のネタ以上に笑えた気がします。(笑)




続いてはMVSです。
MVSに選ばれたのは・・・

安西さんの『Hello World』です!!!
プログラミングを勉強したことがある人なら必ず見たことのある「Hello World」を表示する、
というプログラムを複数の難解プログラミング言語で書いてきてくれました。



難解プログラミング言語とは、意図的に読解が困難なように設計されたプログラミング言語のことで、
例えばw,W,vだけで書かれるGrassや、半角スペース,タブ,改行だけで書かれるWhitespaceなどがあります。

それらの仕組みを調べ、表示する文字を変えられるようにして発表した安西さんがMVSに選ばれました!
おめでとうございます!





ちなみに、受賞とはならなかった新卒も、
『やさしい仮想化入門』
『instagramの魅力』
『KYOTO YOU DON'T KNOW』

といったお題で自らの業務や趣味について堂々と発表し、


「いつになくレベルの高い新人戦だった」との評価を頂きました!!


今回紹介できなかった方を含め、
登壇者の皆さん、お忙しい中ありがとうございました!


次回の4大LT大会は『秋の自由研究』です!
どうぞご期待ください!

シアトルコンサルティング株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings