This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

「SESは嫌」って、どうして?大手企業で「自社サービス」の開発をしていた僕が「SES」会社に転職したかった理由。

みなさん、こんにちは。


未だ、毎日ポケモンGOを起動しております。

未だ、ちゃんと楽しいです。


の、出戻り人事の増永彩です。



今回は、2013年1月にキャリア採用で

シアトルに入社された髙瀨さんをご紹介します!


▼ プロフィール
名前:髙瀨 拓真(たかせ たくま)
入社:2013年1月
所属:Corporate Group
役職:Group Manager(事業部長)
生年月日:1988年3月27日
出身:東京都
趣味:新しい趣味探し、ダイビング、旅行



彼にオファーした理由は2つ・・・、

①転職活動時、転職先を
 「SES会社」にしぼっていたと聞いた為


人事をやっていると、とにかくたくさん聞くのは

「自社サービスがやりたい」「社内SEがやりたい」などのご要望です。


なんなら「SESは嫌」と言われることもしばしば・・・。(悲)

(注)シアトルはSES以外の事業もやっています。


そんな中、彼は「自社サービス」の開発をやっていたにも関わらず、

「SES」を行なっている会社に転職するべく、転職活動をしたとのこと。

流行りの逆(!?)をいったというところに興味を持ちました。




もう一つの理由は。

②髙瀨、誰よりもシアトル満喫している説

が、浮上した為。


現在はコーポレートグループにて、グループマネージャーを担当している彼ですが、

シアトルで経験した職種、業務は数知れず・・・。


職種で言うと、エンジニア、営業、採用、人事、総務。

これだけでも、もうややこしいのにエンジニアとして経験したことを掘り下げていくと、

自社サービス、SES、受託や社内SE業務も出てきたりで、もう訳分からないほど・・・。


いや、満喫しすぎやろ。落ち着け。

という思いから、色々聞き出してみようと思い、オファーをしたのです。




根掘り葉掘り聞いてきましたので、是非お読みください!

(尚、今回も諸事情により口語体が関西弁になっておりますが、ご了承ください。)




■入社前

増永(以降:増): 今日はよろしく!早速やけど、シアトル入社前はどんなことしてたん?

髙瀨(以降:髙): よろしく!新卒で入社した某企業で自社サービスの開発をやってたよ。

増: ERPパッケージでシェアNo.1!みたいなあの大企業やんね。

髙: う、うん。大手企業向けに特化したやつね。(笑)
   その中でも、「人事給与」に関わる部分をメインに開発してたよ。



■シアトルへ入社した理由

増: 大手企業を辞めて、シアトルに転職ってさぁ・・・。

髙: うん。

増: 勿体無くない!?!!??(笑)

髙: そうかな。(笑)

増: 何で、シアトルに入ろうと思ったの?

髙: そもそも転職活動をする上で大切にしていた軸に
   シアトルがぴったりマッチしていたからかな。

増: ほぉ!!どんな軸?

髙: まずは、100名規模のベンチャーであること。
   後、「SES事業」をやっているところで、
   今後は「自社サービス事業」をのばしていきたい
   と思っている会社という条件で探してたんだ。

増: まさしく、当時のシアトルそのものやね。(同年の2013年入社)

髙: ね。(笑)
   その軸にぴったり当てはまったのもそうだけど、
   面接で出会った人たちの人柄やバランスの良さに惹かれたのも入社理由の一つだと思う。

増: なるほど!分かるなぁ。




■SES会社を選んだ理由

増: ちなみにさ・・・?

髙: うん。

増: SESはNGで、自社サービスやりたいって人も結構多いんだけど、
   その逆をいった理由って何だったの?

髙: まずはじめに、エンジニアになった理由は
   身の回りにいる人たちにITで笑顔を届けたいと思ったからなんだよね。
   そのためには、「やりたい」を実現できるエンジニアにならなきゃって思ったんだ。

増: 自社サービスの会社では難しかったの?

髙: 大規模なサービス開発に携わることはできたんだけど、
   開発体制・規模が大き過ぎるが故に、実際に自分が携わることができたのは
   そのシステムの一部機能のみだったんだよね。

増: なるほど。

髙: 1つのサービスをさらっと一人で作れるくらいの技術力を身に付けたい、
   一社の色や風土しか知らないエンジニアになりたくない、って考えて。

髙: SES会社なら、色んなお客様先で作業ができるから、
   それぞれの会社の良いところを知ったり、技術力や考え方を学べたり、
   人脈も広がるかなって思って、これだと!(笑)

増: 私も元々SESエンジニアやったから、分かるなぁ。

髙: シアトルの社員としての価値観は共有しあいながら、
   色んな会社の人と一緒に仕事できるって、すごくいいことだよね。

増: 同意!!




■シアトルで担当してきた業務について

増: もうさ、超絶ややこしそうやから、あんまり気が進まないんだけどさ。
   シアトルでどんな仕事してきたのか教えてくれる?

髙: うん。長いよ。(笑)

増: 気が進まない・・・。(笑)

髙: まず入社直後は、「SecuoNEO(セキュリティ教育支援サービス)」の
   前身「Secuo」の開発を担当して、リリースまで持っていったよ。
   客先に出た後も、保守開発は続けて担当してたよ。

増: 大変お世話になりましたー。(当時、SES & Secuoの担当営業)

髙: 一緒に営業行ったりしたね。(笑)
   Secuoの開発の後は、SESでお客様先に出て色々学ばせてもらったよ。

増: 某大手ECサイトを運営しているエンドさんの案件やってもらってたね!

髙: SESの現場としては2箇所目だったんだけど、ここで本当に色々経験できたなぁ。

増: 色々?

髙: JavaのSEっていう形で現場に入ったんだけど、
   PHPやJavaScript側で人手が足りないと聞いたら手伝います!
   要件定義できる人が不足しているって聞いたら、
   チャレンジしたいです!って、どんどん手をあげてたら、
   たくさんチャンスが広がっていったよ。

髙: 最後の方は、お客様から
   「たっくんこんな機能つけたいんだけど、どうかな?」
   とか聞いてもらえるようになっていって、お役に立てたのかなと。
   頼ってもらえるのは、純粋に嬉しかったよ!

増: おぉ、ナイス・チャレンジ。

髙: その後は事業部長から営業部を助けて欲しいっていう要望をもらって社内に戻ったよ。
   シアトルとしては初のラボ契約を獲りに行ったり、
   ラボの物件探しから契約、ラボ内の工事?配線とか監視カメラ設置とか
   諸々やらせてもらって、「髙瀨工務店」ってあだ名つけられたりした。(笑)

増: 工務店、懐かしい!よく発注してたなぁ。

髙: その後も、社長室、経営管理部、人事など色んな部門を渡り歩きまくって、
   今はコーポレート本部のグループマネージャーをやっております。

   <増永事情により、端折りました。(笑)>

増: あぁ、ややこしや。(笑)

髙: 多分、全グループをまたがって仕事したのが私ぐらいだと思ってます。(笑)

増: そうかと思います。(笑)




■自社サービス・SESを経験して思うこと

増: 自社サービス・SESに関わってきた経験から、
   それぞれの良い点や悪い点など、思うことってある?

髙: まずは自社サービス。サービスの大小も様々だから一概には言えないけど、
   自分が関わっていたのは大きなパッケージだったこともあって、
   アクセス数も膨大で、大きなサービス開発に携われている!っていうやりがいがあったかな。
   後、自分が頑張ったら頑張った分だけ形になるところも良かったなと。

髙: 反面、スタンス次第ではそれしかできない人になってしまう、という怖さもあるよね。
   井の中の蛙というか。
   万が一、そのサービスを畳むときに他に何かできるの!?ってなっちゃう可能性もあるかと。

増: なるほどね。SESはどう?

髙: さっき、話したことと被っちゃうけど、転職せずとも、色んな顧客先に入っていける。
   これ、めちゃくちゃいいことだなって思う。

髙: 社員でもないのに、実際に運用されているサービスの知見を
   その場で学べる訳で、会社毎の成功事例、技術力や知識、考え方を
   知ることで、提案の幅を広げることができたり、
   色んな会社が集まった混成チームで働くことで、
   たくさんの人とノウハウが共有し合えるところもいいよね。

増: 反対に、SESの悪いところってある?

髙: 成果物が曖昧になってしまいがちなので、「居ればいい」になりやすいところかな。
   エンジニアのスタンスによっては、主体性をなくしてしまいやすい
よね。

増: 確かに受け身な方だと周りに頼ってしまって、成長していきづらい環境かもね。
   自社サービス、SESで迷ってる方にアドバイスとかある?

髙: 自社サービスやりたい人って、「0→1」がしたいって人が多いんだけど、
   「運用」フェーズが大事ってこと、きちんと考えてる?って確認したいかな。

増: 確かに、「自社サービス=0→1」みたいなイメージでお話されてる方多いなぁ・・・。

髙: どんどんと新しい技術取り入れていくっていうのも運用フェーズだと難しいし、
   地道にバグ修正したりする作業が続くんだよね。
   運用改善で利益を出していくことが自社サービスだとめちゃくちゃ大事なんだけどね。
   そこまで考えられていますか?って、疑問に思うことはあるなぁ。

増: なるほどね。派手なイメージが先行しちゃってるところあるかもね。

髙: 幅広い知識を付けたい!
   どこのお客様先でも価値を出せるようになりたい!
   色んな方と出会っていろんな文化を学び成長したい!
   っていうことであれば、SESをやった方がいいと思うなぁと。

増: (SESの回しモンみたいになったけど、)激しく同意!!!(笑)
   




■シアトルの好きなところ

増: シアトルのここが好き!ってところを教えて。

髙: いっぱいあるけど、そもそもValueが好きなんだよね。
   Valueを実現できれば、お客様へ価値を提供できるって信じてる。

増: うんうん。

髙: あとは、やりたいことを伝え訴えていくことで、
   それを実現させてくれる社風
も好きだな。

増: 確かに。
   営業も人事も未経験やったのに、チャンスをもらえたことに私も感謝してるなぁ。

髙: 純粋に、みんな仲が良いところも好き。

▲毎度、大盛り上がりの社内イベント。

増: うん。めっちゃ重要なポイントやね。




■どんな人をWanted?

増: どんな人にシアトルに入社してほしい?

髙: うーん、たくさんあるなぁ。(笑)

増: 遠慮せず、全部どうぞ。(笑)

髙: はい!(笑)まずは、自責で物事を考えられる人。
   何事も他責で考えてしまう人には向いてない会社だな、と思う。

増: うんうん。

髙: あとは、人と人との繋がりを大切にできる人。
   自分だけ良ければいいって人や、同僚とは仕事だけでつながっていたい
   って人には向いていない会社かもしれない。

▲休日に、シアトルメンバーとテニスで汗を流した思い出。

増: 確かに。仲良くなろうとガンガン踏み込んでくる人多いよね。(笑)

髙: 常に改善しようと考えている人もいいなぁ!
   決まり切ったものだけをこなしいきたいという感じの
   安定志向の人には向いていない会社かと。

増: 同意!
   入社してもらえるならば、どんどんチャレンジしてチャンスを掴んで欲しいもんね!



■総括

自社サービス開発以外はやりたくないといったご意見を伺う機会が多いのですが、
よくよく理由を伺ってみると、

SESでもいいのでは・・・?
むしろ、SESの方がいいのでは・・・?

となるパターンも多かったので、実際のところどうなの?と
経験者の髙瀨さんにインタビューをさせてもらいました。


シアトルコンサルティングでは、SES・受託・自社サービスなど
様々な分野でエンジニアが活躍しており、部門間での異動も活発に行われています。


こんなエンジニアになりたい、こんな経験が積みたい

という各エンジニアさんのキャリアプランに沿って、一緒にキャリアを考えていっております。


会社都合で勝手に仕事が決められちゃう
なんていうことはありませんのでご安心ください!

オープンポジション
オープンポジション募集!チームで一緒にやっていく事に面白さを感じる方!
『TeamTech Move the World 〜TeamTechで世界を動かす〜』 シアトルコンサルティングは 「TeamTech Move the World 〜TeamTechで世界を動かす〜」をMissionに掲げ、 TeamTechを基幹技術としたSI事業、自社サービス事業、グローバル事業を展開しています。 TeamTechとは、“チームワーク”と“IT”を掛け合わせた新しい概念です。 私たちが目指すもの、それは世界中の誰でも 簡単にチームワークを活用でき、 みんながイキイキとした世界を作ることです。 TeamTechを活用することで、結果的に働く楽しさと生産性が上がり、 世界中にイノベーションが起きるのです。 具体的には、4つの事業を行っています。 ◇ITコンサルティング/SI事業 ◇自社サービス事業 ◇グローバル事業 ◇自社メディア事業
シアトルコンサルティング株式会社



是非お気軽に、キャリアのご相談へお越しください!!




■最後に

髙瀨さん、ご協力ありがとうございました!

▲チーム・シアトルのメンバーとドライブを楽しんだ時の写真。明るい。(笑)



社内の便利屋として、「髙瀨工務店」と呼ばれていた過去を持つ髙瀨さん。(笑)

経歴を聞き出す際は投げ出したくなりましたが、(笑)

想いをぶつけてくれて、ありがとうございました!!!


今後も部門を横断しまくりながら、ご活躍くださいっ!

今後とも、よろしくお願いします。



まだまだご紹介したいシアトルメンバーがたっくさんです。

次回もお楽しみに!!

シアトルコンサルティング株式会社's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings