1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

ついに自動車業界も参入?! 注目を集める「TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)」とは?

現在、「キャッシュレス・消費者還元事業」の影響を受け、キャッシュレス決済を導入する店舗が増加しています。そこで今回は、トヨタがリリースしたキャッシュレス決済アプリ「TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)」ついて解説します。

「TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)」の主な機能


プリペイド型電子マネー「TOYOTA Wallet残高」

「TOYOTA Wallet残高」は、登録したクレジットカードなどからチャージして決済に利用できる、プリペイド型の電子マネーです。三井住友カードとドコモにより運営されている「iD」を搭載しており、iD加盟店やMastercardコンタクトレス加盟店で利用することができます。


クレジット型サービス「TOYOTA TS CUBIC Origami Pay」

キャッシュレス決済アプリ「Origami Pay」を提供している株式会社Origamiのシステムを活用しており、トヨタ販売店のほか、TSUTAYAやローソン、松屋、ビックカメラなど「Origami Pay」のマークのある店舗での決済に利用することができます。

店舗に設置されたQRコードをスキャンして支払う「ユーザースキャン方式」と、アプリに表示されたバーコードを読み取ってもらう「ストアスキャン方式」どちらも対応しています。


デビット型サービス「銀行Pay」

「銀行Pay」 は、スマホアプリ上から即時引き落とし型(デビット型)決済が利用できるサービスです。

GMOペイメントゲートウェイの提供する基盤システムを活用しており、ゆうちょ銀行、SMBC三井住友銀行、横浜銀行、沖縄銀行などの金融機関を登録することで、口座から決済金額を直接引き落しすることができます。

トヨタ参入でさらに激化した情報の争奪戦

トヨタグループは、自動車販売はもちろん、サブスクリプション型サービス「KINTO」や、カーシェアリングサービス「Times Car PLUS TOYOTA i-ROAD Drive」など、このところ様々なサービスをリリースしています。

キャッシュレス決済機能を持つ顧客向けアプリを導入することで、顧客ごとの来店頻度や購買単価、購入商品の傾向などを精緻に分析できるようになり、効果的な経営戦略の立案・実行につながるでしょう。

そして株式会社Samuraiでは、顧客向けアプリを短期間で開発できるプラットフォーム「Samurai Order」を提供しています。キャッシュレス決済はもちろん、会員管理・接客・購入・販売促進の各種機能を統合化しており、顧客情報の収集や分析にも効果的です。

本コラムをお読みいただき興味を持った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

株式会社Samurai's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more