1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

店舗事業者が顧客向けの「ネイティブアプリ」を独自開発することで生まれる5つの効果

ネイティブアプリとは?

端末にダウンロードすることで、ブラウザを立ち上げなくても独自に動作するアプリです。

動作が速く、オフラインでも使うことができ、さらにモバイル端末と連携してプッシュ通知やカメラ機能、位置情報などを利用できるという特徴があります。


顧客向けの「ネイティブアプリ」が店舗運営にもたらす5つの効果


①既存顧客のリピーター化

クーポンやポイントカードは顧客に「お得感」を提供できるだけでなく、顧客にその店舗を想起させるきっかけになります。

ダウンロードするだけで利用できるネイティブアプリにクーポンやポイントカードの機能を搭載すれば、財布の中身を圧迫することはありません。


②新規顧客獲得の強化

折込チラシなどの広告出稿は、対象範囲が限定されるというデメリットがありますが、店舗検索機能やプッシュ通知機能なら、幅広い顧客に情報を届けることができ、来店を促すことができるようになります。


③他店舗との差別化

口コミアプリやグルメアプリなどはPRできる情報に一定の制約があることがありますが、ネイティブアプリでは制約なく自店舗の訴求をすることができるようになります。


④集客・販売戦略の精緻化

ネイティブアプリでは、顧客の属性情報(年齢、性別、居住地、職業など)や来店履歴、購買情報などを手間なく収集することができます。


⑤店舗業務の効率化

ネイティブアプリにキャッシュレス決済機能を搭載することで、顧客との現金のやり取りを省き、会計業務の負担を軽減することができます。

また、店舗検索機能やFAQ機能などを搭載することで、顧客からの電話連絡を減らし、コールセンター業務を効率化することが可能です。



iOS/Androidに対応したネイティブアプリを簡単に開発できる「Samurai Order」

上に挙げたように、顧客向けのネイティブアプリを独自開発することで、様々な効果を期待できます。

最近では主要な機能があらかじめプラットフォーム化されたソリューションで顧客向けのネイティブアプリを独自開発する店舗事業者も出てきています。

そして、そんなプラットフォームの1つが、「Samurai Order」です。

本コラムをお読みいただき、興味興味をお持ちになった方は、ぜひ一度お問い合わせください。

株式会社Samurai's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more