1
/
5

40兆円の成熟市場と呼ばれる不動産業界で「SA」を創業した理由

こんにちは。酒井 康博と申します。

私の自己紹介と創業した理由など率直な想い、株式会社SAを通して何を実現していきたいかをお伝えいたします。

簡単な自己紹介となぜ会社を設立したのか経緯を教えてください。

私の職歴は、大学を卒業→大手不動産鑑定評価機関(約12年)→不動産売買会社・修行①(約1年)→不動産売買会社・修行②(約1.5年)→不動産売買会社で雇われ社長(約1.5年)→株式会社SAを創業し、現在に至ります。

今は独立しよう!とか言ってますが、実は不動産鑑定士として大手不動産鑑定評価機関での勤務がとても長かったです。会社にも人にも恵まれてとにかく平和でした。独立なんてリスクあるじゃんという具合で全く考えていなかったのです。

ただ状況が一変しました。

大手邦銀投資銀行に出向した際に、あれ?これ誰でもできる仕事じゃないか?とふと思ったこと。完全なる歯車だなって強烈に感じた瞬間に人生は1回きりだし、独立してみたいと思ってからこんな職歴となりました(笑)。

次に何の事業で起業するかを考えたとき不動産業だろうと直感で感じました。理由は不動産会社はブラックが多く、しっかりとメンバーを大切にして、他社と被らない分野を専門領域にすれば勝てるのではないかと考えたからです。

会社を設立したのは2018年6月。私とメンバー1名の2名体制+すぐメンバー1名加入で合計3名でスタート。

思い切って広いオフィスを借りて気合の船出したのでリスクありありでしたが、今では億単位の資金調達もでき、設立2.5年でメンバー15名へと急拡大。頑張ってよかったです(笑)。

大手の不動産鑑定評価機関から不動産売買・仲介業への転職に不安はなかったですか?

はい。正直、不安でした。

不動産鑑定評価と不動産売買は同じ不動産業界ですが、全く違うものなんです。

10年以上、不動産鑑定士として会社の看板で仕事をもらい、会社に守られてのほほんと過ごしてきたため、実力主義になるのが一番怖かったです。自分の力だけでやっていけるのかと・・・。

当初はできるだろうと思っていたのですが、いざ転職となったとたんビビりました(笑)

初めて不動産売買・仲介業をやってみてどうでしたか?

一言でいうと「フェアだな」と思いました。

無駄な残業や意味のない資料作りなどはいりません。結果が全ての世界です。

辛かったのは初めの3ヶ月。人脈がないので毎日ひたすら飛び込み営業を繰り返す単調な日々。ただ夢中で没頭すると不思議と飛び込み営業も楽しくなるんですよね。

結果がついてきたら楽しさMax、結果がついてこないと辛さMax(笑)

結果は100%自分の実力次第なので、組織への不平不満もなく、会社の愚痴を言いながら飲む会社員あるあるも一切なくなりました。

設立して3年間で一番大変だったことを教えてください。

やはり設立当初のお金がなかったときですね。

不動産ってとても高いですよね。安くても数千万・高いと何十億です。創業したときは自己資金3,000万でスタートしたのですが、事務所借りて敷金払ってパソコン買ってとかしていたらあれよあれよと資金が減り、銀行も出来立てホヤホヤの会社は信用ならぬと融資してくれず、仕入資金が本当に厳しかったです。

若干途方に暮れました。

ただ、設立メンバーの2名が死ぬ気で働き、どんどん成果を出してくれて「先生(私のあだ名)!あと少しで売れます。会社にお金入りますのでご安心を!!」といつも元気に声掛けしてくれました。

今でもよーく覚えています。

不動産買取業をするならもっと資金がないとあぶない。

見通しが甘かったというより甘すぎました。経営者は誰でも言うつまらない話ではありますが、会社経営で自転車操業していたときがやはり一番大変だった。辛かったです。


今後の目標を教えてください。

株式会社SAの目標は2つ。「不動産のあらゆる問題を解決する」と「不動産業界の働き方を変える」です。

弊社は法律関係が複雑に絡む「流動性が低い」難しい不動産を再生し、市場に流動化する事業を通して国土の有効利用の一助になりたいと思っています。

また不動産業界はブラック企業が多いので働き方をも変えたいです。

あとは私が会社メンバーが自由に裁量権と責任をもって公平に働ける環境づくりをするだけ。

弊社のメンバーは優秀な人ばかりなのでそれをするだけで目標達成ができると信じています。

弊社はこんな仕事しています。よかったら見てください → https://sakk.jp/


株式会社SA's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more