Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

“東京×キラキラ女子”ではなく、映画好きの“福岡×ざっくり女子”だった.シルバーライニング女子社員。

シルバーライニングでは女子社員が活躍中です。彼女たちが事業のドライバーとなる日も近いかもしれません。

昨年11月に入社をした池田と今年1月に入社した尾島が現在、活躍できている背景や仕事の事、シルバーライニングの魅力・課題についてインタビュー致しました。

“業務に集中できる環境”と“気を使わない人間関係”

司会:今日は女性社員とガールズトークをしてみたいなと。(笑)

実は今まで、お二人にインタビューさせていただいて感じた事なんですが、性格も考え方も異なる印象でした。そこで、あえてお二人同時に色々とお話をお伺いできればと思ってます。

今後、シルバーライニングは多様性に富んだ人材を募集していきます。その方に向けてのインタビューです。まずは、女性の中の視点で(笑)

こんな風にしたらいいんじゃないっていうのがあったら教えてもらえますか?

尾島:どこまで言っていんだろう(笑)

池田:そこまであります?私、そんなないんですけど(笑)

尾島:まだ休憩室が欲しいですね・・。みんな自分の机で食べてお昼寝してます。

司会:休憩時間にはどんな話をしていますか??

尾島:仕事の話ですね・・・。

池田:私あんまり話さないかも・・・・

尾島:業務中は集中しているので私語はしないですね。

池田;休憩で一緒になったら話しますけどね~。

尾島:本当に黙々と目の前のことをやっているんですよ(笑)ただ、社長は中心的にコミニケーションを取っていただいております。

司会:内藤さんが中心になっているわけですね。

池田:業務中は同じセンター内で電話をしているメンバーがいますから難しいですね。

司会:隣で話声聞こえたら集中できないですからね。

池田、尾島:そうでね・・・。


良くありがちな、社内イベントは必要ない。個別でリフレッシュしたい。

司会:必要なコミニケーションが取れているのでしょうか?(笑)

池田:年齢層も違いますし、多様な方がいます。ただ主従的にコミニケーションすることも違うと思います。私にはフィットしてますね。

司会:なるほど。最近、企業内で土日に集まって部活やったり、社員旅行行ったりする企業がありますよね。

尾島:思うんですが、それって参加することに意義を感じない人いますよね。その人達にとってはあんまりいい思い出になっていないんじゃないですかね。もっと優先すべきものがある人にとっては・・。

池田:私もいらないです・・。

尾島:弊社にもリフレッシュ休暇制度がそれぞれあったらいいなって思います。

司会:お二人は、業務中は集中して、プライベートはそれぞれ大事にしたいんですね。

尾島:人数が多くなるとか。派閥とかできるかもしれませんが、私がコールセンターにいた時はありましたね。受電だったので。AさんとBさんは仲が悪いから休憩時間変えようとか。

池田;私も今まで関わらずに生きてきたんでなかったですね。

司会:シルバーライニングではそういったことは一切ないですよね?

池田:ないですね。そこまで興味ないって感じかも。(笑)

フリーアドレスは魅力。ただ同PJをチームで実行する際に課題あり。

池田:あと座席もフリーアドレスですので、各々自由席みたいな。

尾島:ただ、業務の事を考えると同じPJチームの場合は変えたほうがいいかも。

池田:そうですね、場所はちょっと固めても良いかもしれませんね。

尾島:同じ案件隣同士でだったら、効果高いかも。代表に話してみます。


プライベート重視!土日休み、飲み会もない。でも残っていると心配される。

司会:シルバーライニングに入ってよかったことはありますか?

池田:業務は集中できるし、土日は休み。難しい人間関係がないです。

尾島;定時近辺で帰る方が多いかも。

池田:無駄に引き止められて残るとかもないので。

尾島:飲み会もないですね。

司会:なんで早く帰るの?とか干渉してくる人もいない?

池田:全くないですね。むしろ何で残っているのって?


キラキラ女子ではなく“ざっくり女子”シルバーライニングには向いている??

司会:シルバーライニングの雰囲気に共感してくれる女性は多いかもしれないですね。

池田:そうですね。さっぱりしている方にはいいかもしれないですね。“ざっくり系女子”というか。

池田:でもいいと思います。“ざっくり女子”

司会:なんかすごいキラキラしている会社ほどドロドロで。光があるほど影があるかもですね。(笑)

尾島:ドロドロもないけど、キラキラもない。うちらも女子って感じじゃないし・・・・。女子力低い!(爆笑)

司会:女子力は無理やりあげるものじゃないですよね。

司会:シルバーライニングでは“女子・女子”した人って合わないって事ですか?

池田:合わないというか、敬遠されるかも(笑)

司会:ざくざくしているざっくり女子が合う(笑)

池田:そっちの方が合っていると思います

尾島:さっぱり、おおざっぱな感じ。すっぴんでも平気みたいな(笑)。

“ざっくり女子”は同郷で休みも充実。

司会:そういえば、お二人は九州出身ですよね?

池田・尾島:そうなんですよ!福岡です!

司会:東京に来られて、休みの日は何していますか?

池田:休みの日はほとんど映画みていますね。最近では、映画館でキングスマンを見ましたね。

池田:一人映画。一回は友達と行きましたけど。絶対並ばなくていいガラガラな映画館で見るのが好きです。

尾島:私も映画好きでゲオで働いていました

池田:私もゲオでバイトしてました。

尾島:本当ですか共通点が!


法人営業を目指して実績を積む。そして何でも売れる営業へ

司会:共通点がないと思っていたのに外れました。(笑)

最後の質問になりますが、今は何を目的に仕事されていますか 目標も教えてください!

池田:やっぱり、数字があるのでそれは達成しようと意識しています。

司会:もうお二人は義務教育(研修)も終了しています。今後どういった事をやっていきたいですか?

池田:法人営業をしたいですね。

司会:どんな商材の営業をしたいとかありますか?

池田:業種はあんまり考えてないですね。

尾島:弊社は営業代行なんで。なんでも売れる人になりたいですね。

司会:前回のインタビューでも仰っていただいてましたよね。

池田:システム関係・Web関連のテレアポは特にやっていて楽しいですね。



司会:今日はありがとうございます。お二人のこれからの活躍を期待してますね!

株式会社シルバーライニング's job postings
Anonymous
Anonymous

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon