1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【社長インタビュー】クリエイティブディレクター / コピーライター 恩田貴行

今年7年目となるランニングホームランの発起人であり、日頃からマイペースでつかみどころのない恩田さん。そんな社長の起業までの経緯や会社に対する想い、コピーライターに対する考え方に迫りました。

代表取締役
クリエイティブディレクター / コピーライター

恩田貴行

>PROFILE
SP広告制作会社や株式会社パラドックスを経て2014年にランニングホームラン株式会社を設立。以後、コピーライター兼クリエイティブディレククターとして採用ブランディングやコーポレートブランディングを行う。経営者目線とコピーライター目線という二つの視点を用いて、顧客と社会の体温に合った言葉を生み出すことに力を注いでいる。社員からは「飄々としていて何を考えているかわからない」と言われてしまっているが、一児の父としての家庭的な一面も。

ーランニングホームラン(以後RHR)を立ち上げるまでの経緯について教えてください。

新卒1社目はSP広告の制作会社に就職してコピーライターとして仕事をしてた。そこでの経験を経て、もっと企画制作やコンセプトメイクなど上流の制作での経験を積みたいなと思って、次はブランディングに特化した広告制作を行うパラドックスという会社にディレクターとして入社。ブランディング案件はもちろん、コピーやライティングの仕事とか幅広くやってた。それである程度経験積んだから独立して起業したって感じかな。

ー起業しようと思ったきっかけって何かあったんですか?

うーん…。そもそも、会社員になれない家系なんだよね、ウチ。

ーそうなんですか?!(笑)

そう。親戚みんな自分で会社起こすかフリーで活動してて、会社員1人もいないのよ。ある程度経験を積んだら、独立することが当たり前みたいな環境で育ったんだよね。だからなのかルールに縛られることが本当に苦手で。前職で働いていた時も、朝礼とか理念唱和とか共有事項がなくても絶対参加のグループミーティングとか…とにかく自分の時間を縛られてしまうのが嫌だったな〜。

ーなるほど。だからRHRって出社義務なし出社時間なしの完全フレックス制なんですね。

形式的なことはやらない、ノールール体制。あと、キャパがいっぱいいっぱいだったり、「この案件気乗りしなさそうだな」って人には仕事を振らないとかね。もちろん会社として回るように運営はするけど、基本的に個人を尊重するように心がけてるよ。

ー話が前後してしまうのですが、起業してからどんな流れで今のRHRになったんですか?

会社を立ち上げて1ヶ月目の収入は8万だった(笑)だけど周りのサポートもあって、どんどん業績が上がっていって「意外といけるかも?」って思ったよね。なんだけど人を雇うようになってどんどん支出が重なって一回潰れかけて。あ、人を雇うのってこんなにお金かかるんだ〜って身に染みて感じた。まあでも融資でなんとか持ちこたえてからはずっと上がり調子で、創業4年目でやっと安定してきたよ。

ー会社の成長とともに請け負う仕事の幅も広がっていったんですね。

最初は取材や記事の執筆をするライティングの案件やコピー単体の案件が多かったんだけど、人との繋がりが広がっていくにつれてブランディングへと仕事の幅が広がっていった。最近ブランディングって概念がどんどん浸透しつつあるけど、その中で本業であるコピーライティングを武器に「言葉を軸にしたコンセプトメイクができる会社」としてオリジナリティを持った会社になっていると思う。企画のできるコピーライター自体少ないから、小さい規模でもそこに強みを持って活動できているよ。

ー月収8万円からそんなサクセスストーリーがあったんですね…。
社長としてのお話の次はコピーライターとしてのお話を伺いたいと思います。
コピーライターとして関わった仕事で一番印象に残った仕事は何ですか?

たくさんあるけど、WAZAIKIプロジェクトは印象深いかな。当時土木作業現場の職人さんの平均年齢が60歳に到達して、若い世代がなかなか入ってきてくれないことが問題になってて。世界トップレベルの日本の技術が途絶えそうになっているそんな現状を解決してほしいという依頼を新潟のゼネコンから受けたのがプロジェクトの始まり。最初コピーライターとして広告制作に参加する予定だったんだけど、コピーだけでは若い人たちを土木の世界に惹きつけて就職者数を伸ばすという根本的な解決にはつながらないと思った。だから土木職人の方々の揺るぎないこだわりや実際の作業風景がわかる特別サイトを作ることを提案することにした。課題解決のために工夫したことは主に2つ。1つは怖くて厳しい人が多そうという漠然としたイメージがある中で、職人さんたちが日々どういうことを考え仕事をしているかを“職人の心得10か条”として紹介したこと。ただの怖いおっさんたちではなく「技で生涯を生きる」という信念を持った人の集まりだということを伝えようと思った。もう1つは土木会社が求人を出すことができるポータルサイト仕様にしたこと。サイト内で土木業界の魅力をコピーで伝えるだけじゃなく、きちんと応募できる導線を確保できるように提案したよ。

ー良いコピーを書くことだけがコピーライターの仕事ではないんですね?

良いコピーライターって言うと広告賞に入賞してる人ってイメージがあるかもしれないけど、本当に良いコピーライターって、クライアントや世の中の先のことを考えられる人だと思うんだよ。それは必ずしもコピーという形になっていなくてもよくて。クライアントの経営状況だったり立場だったり世の中の流れだったり、いろんなことの先を見通して本質を理解する力。それがコピーライターにとって一番大事な力だと、社会問題と向き合ったこのWAZAIKIプロジェクトで学んだ。そんな力を持った“企画のできるコピーライター”を社内でも増やしていきたいよね。

↑ WAZAIKIプロジェクト サイトトップ

ー最後にRHRの今後の展望を教えてください。

現状として単独でブランディング案件を回せるのは自分だけだから、他のメンバーにもそのノウハウを伝えていきたいね。新卒社員も入ったことだし、社内のクリエイティブスキルの地盤固めを第一優先にしようと思う。あとは、これは自分の中での野望なんだけど、何かの商品化をしたい。

ーそんなこと考えていたんですか!

最近は、中国で国土の広さを生かした美容商品を売るっていうアイデアをふと思いついて。この間日本と海外とのビジネスマッチングのプロに話を聞いてもらうためにトルコ大使館まで行ってきたよ。

ーいつの間に(笑)流石の行動力ですね…。

まだ実現には程遠いんだけど、いつか自分の手でカタチになるものを残したいんだよね。さっきも言ったように今でこそブランディングって言葉がよく使われるようになったけど、数年前までは全然定着していなかった。だから今から数年後にはブランディングは今よりももっと当たり前な概念になっていって、外部に頼むんじゃなくて自社で行う会社が増えていくと思ってる。そこまでにRHRも今の地盤を固めつつ次のフェーズに移らないといけないと考えているから、興味や可能性のありそうな分野にはどんどんチャレンジしていきたいね。

取材・文:濱田あゆみ(RHR新卒社員)

ランニングホームラン株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more