1
/
5

4度目の転職、辿り着いた理想の環境と全社MVP

こんにちは!ROXXの福士です。

ROXXでは半期に1度、ROCK/BAND/SHOWのバリューを体現された方にROCK賞/BAND賞/SHOW賞、最も体現された方を全社MVPとし、ROXX LIVEで表彰しています。

今回は2021年度上期の全社MVPを受賞された大橋さんにインタビューをしました!異業種からの転職、全社MVPになるまでの経緯や今後の夢、目標について話してくれました。

(※ROXX LIVEとは毎月第1金曜日に開催している全社集会のことです。)

ー 全社MVP受賞おめでとうございます!まず、全社MVPに選ばれた率直な感想を聞かせてください。

全く想定していなかったので、自分の名前が呼ばれた時は頭が真っ白になりました。

他の賞を受賞された方々は、事業を前進させるような実績をあげて会社に貢献した人達。一方の自分はこれから実績を出さなければならない立場であり、今後の可能性を含めての表彰だったと思うので、嬉しさというよりは結果を出さなければならないという責任を感じています。

ー ご自身で考えられている、全社MVPを受賞した理由をお伺いさせてください。

前提として、全社MVPを受賞できた要因はまだ自分自身分かっていない部分が多いですが、強いてあげるならば個人のwillと会社のwillがうまく結びついていたからだと思います。目の前の仕事が会社にとってだけではなく、自分の夢を叶えるためにも必要なものであり、モチベーション高く働くことができています。これは上司の大輪さんが何度も2人で話す時間を作ってくださり、私の抽象度が高い目標を一緒に具体に落としこんだ上で、目の前の仕事と結びつけてくれたことが大きいですね。

大輪さんがいらっしゃらなかったら、今のチーム(Career Developmentチーム、以下略称でCDチーム)で働く自分も、今回のMVPも無かったと思うので、心から感謝しています。

ー 今までのキャリアを教えていただけますか?

まず、新卒で大手総合機械メーカーへ営業職として入社しました。
全国シェアが33%ある国内TOPメーカーだったのですが、配属されたのはシェア8%の全国屈指の厳しいエリアでした。ここで6期連続個人売上1億円を達成し社長賞を2度受賞し、退職時にはシェアを22%まで伸ばしました。働いていくうちに年功序列ではなく実力主義の会社で働きたいと思い、100%定量評価のメガベンチャーへ転職を決めました。

入社半年で新人日本一、全体430人中22位という成績を収めたタイミングでフルコミッションの外資系保険会社の方に声をかけていただき転職。週間売上が入社2年目以内の部門で全国1位を獲得するも営業マンとしての成長を実感することができず、”ネームバリューの無い会社で自分の力を試したい、磨きたい”と思い設立2年目のベンチャー企業へ転職しました。

会社のネームバリューが無い状態での営業はやりがいがあり成長を感じることができました。一方で、プロダクトが定まっておらずお客様に迷惑をかけることも多くありました。そこで初めて「お客様に価値のあるモノを営業できる」ということがどれだけ幸せなことかを知り、agent bankという素晴らしいサービスを武器に営業したいと思い、ROXXへ入社しました。

ー 大橋さんは1回ROXX内定辞退をしたとお聞きしたのですが、なぜROXXに入社を決められたのでしょうか?

実は、前々職の外資系保険会社(3社目)を退職して転職活動するタイミングでROXXから内定をいただいていました。その際に面接をしてくれた近藤さん、大輪さん、植木さん、カジュアル面談をしてくれた佐々木さん、agent bankというサービス、全てが良いものだと感じていたのですが、当時の自分の転職軸が「転職後一番挫折が多そうな環境」であり、ROXXは「整っている環境」という様に感じてしまいました。オフィスも綺麗で、プロダクトも確立されていましたし。

対して、前職になる内定をもらっていた設立2年目のベンチャー企業は、事務所はマンションの一室で、入社月に立ち上がる新規事業の営業を1人で任せてくれるという「何も整っていない感」に惹かれました。

ROXXの内定辞退した際にCOO(当時は人事責任者)の山田さんがご連絡くださり、「内定は変わらない事実ですので、もし気が変わったらいつでも連絡してくださいね​​」と言ってくださったんです。その言葉が転職後もずっと頭に残っていて、4回目の転職を決意した時に真っ先に山田さんに電話しました。突然の電話だったにも関わらず、温かい対応をしていただき、電話越しでしたが山田さんの人としての器の大きさを感じ、ROXXへの入社を決意しました。

ー では、ここからはROXXに入社してからのことを聞かせてください。入社当時はFS(Field Sales、以下略称でFS)でしたがポジションに拘っての入社でしたか?

「agent bankというサービスを武器にして営業したい」という気持ちがあり、これまで営業一本のキャリアだったため、FSでの入社以外は考えられませんでしたね。

ー FSに拘って入社されたとのことですが、入社して数ヶ月、CDチームの立ち上げをして欲しいと言われた時、実際どう思いましたか?

上司の大輪さんがCDチームについて様々な構想を話してくださり、終始ワクワクしていました。

2社目のメガベンチャー時代とは担当するターゲット領域は違いますが、当時半年間CA(Career Advisor、以下略語でCA)のお仕事をさせていただいた経験があります。元々やりがいを感じており、CDチームを立ち上げてまずは1人でCAを行うことが決まった時もポジティブでした。

ー CAとは具体的に何をしているのか教えてください

転職活動を行っている求職者様のサポートです。具体的には、エージェントを利用されている求職者様の現状やご希望の転職条件などを伺い、適切な求人をご提案することがメインのお仕事です。それ以外にも求職者様がご希望の会社から内定を獲得できるように、履歴書、職務経歴書の作成フォローや面接対策なども行っています。

ー 立ち上げて2ヶ月間、実際に自分でやってみてどうでしたか?

私自身、特定業種の経験者向けのCAの経験はあったものの、ROXXでは業界業種未経験の方へのキャリア支援がメインです。支援をさせていただく方のバックグラウンドは様々で、自身の人生や経歴に自信を持つことができておらず、何がしたいか分からないという方が多いんですよね。

その上、立ち上げたばかりの1人チーム。トークスクリプトも無く、0から再現性がある手法を確立していかなければいけなかったので大変でした。何度も求職者様と向き合い試行錯誤を繰り返しながら、まずは求職者様の目線に立ち、自身の価値に気づいていただき自信を持っていただく事が大事だと気づきました。

支援した求職者様が入社したいと思った企業様から内定をいただき入社を決められた時は私自身も嬉しいですし、CAの口コミサイトに「大橋さんと出会えて生きる価値が分かった」などの言葉をいただいた際には、今まで色々な仕事を経験してきましたが、最もやりがいを感じることができました。

ー 今は後輩育成をしていますが、どのような組織にしていきたいと考えてますか?

CAのプロ集団を作れたらいいなと思っています。
2社目のメガベンチャーで430人中1位を6年連続で獲得していた人ですら年収1000万円を超えていなかったんです。努力が成果に紐付く環境の中で、未経験領域の求職者様を正しく導けるCAのプロを育成できる場を作りたいと考えています。

それを実現させるためにも、まずはagent bank、CDチームの成果を最大化することですね。
現在、会社から投資してもらってチームが成り立っている状態なので、1日でも早く自立して会社に貢献できるチームにしたい。それは自分一人の力では実現できないので、CDチーム、agent bankの素敵なメンバーの方々と力を合わせてやっていきたいです。

ー 今後の大橋さんの夢を教えてください。

「自由」が好きで、時間と場所に縛られずに生きていきたいので人材紹介で独立できたらいいなと思っています。

自分が支援した入社月が同じ求職者様でグループを作って(同期会みたいな感じ)、半年単位とかで集まってそれぞれの仕事内容やwillとかを語り合う会とかやってみたいです。そこのコミュニティから何か新しい気づきやビジネスとか生まれていったら楽しそうだし、そうやって新天地で活躍する求職者様を「みんなのお父さん」みたいな立ち位置で見守りながら、ゆるく生涯現役でCAやっていきたいです。

ですので今のCDチームでの業務は夢を叶えることに繋がっていますね。「今の仕事での成果=独立後のトップライン」だと思っているので、まずは全力で目の前の仕事をやり切って自分の限界値を知りたい。会社のwillと個人のwillを掛け合わせることが良いパフォーマンスを出す上で重要だと思うので、どちらかに偏ることの無いよう常にチューニングをしながら、ROXXという環境を最大限活用させていただきたいと思ってます。

大橋さん、ありがとうございました!

ー 最後に大橋さんのMVP受賞の理由を伺いました。

▼受賞理由

2021年12月にCDチームを立ち上げ、未経験領域の求職者様へアプローチし、1ヶ月で8名の決定を創出したことでagent bankに新しい可能性を生み出し、Production事業部の設立のきっかけとなりました。

チャレンジのスタンスや仕事への熱意も含め、ROXX社の全社MVPにふさわしい活躍でした。これからagent bank production事業部を引っ張り、より多くの困っている求職者様を支援できる事業へと導いてくれることを期待しています!!

以上

今回は、異業種から異例の入社、そしてMVPに選ばれるほどの活躍をしている大橋さんにお話を伺いました。ROXXは経歴に関わらずやりがいを見つけることができて、やる気次第で成果を出し自己成長を感じられる環境であると改めて感じることが出来ました。

株式会社ROXX's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社ROXX
If this story triggered your interest, have a chat with the team?