Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

19卒インタビューvol.1「一年目ではない、一年目。」

こんにちは。インターンの楠木です。
今回から、複数回に分けて「19卒インタビュー」と題して、コンサルタント1年目を終えた先輩方にインタビューをしていきます。

第一弾は、大窪さんにお話を聞いてみました。

新卒でコンサルティング業界に入った理由

――本日はよろしくお願いします。まずは新卒でコンサル業界を志望した理由や、その中でもRegrit Partners(以下、Regrit)に入社するまでの経緯を教えて頂けますか?

大窪:大学時代まで遡って話すと、経済学部で金融分野の勉強をしていたので、メガバンクや大手証券会社など金融業界の企業の選考を受けていました。

しかし、いざ内定をもらい改めて仕事の中身を聞いてみると、5年目も10年目も同じ仕事をしていることが多くこれでは変化を好む自分の性格と合わないと感じ、辞退しました。
そして就活をやり直すわけですが、改めて自らの就きたい仕事を見直してみると軸が2つ浮かび上がって来ました。

それは「年収1千万円に早く届く」・「変化がある」ことです。
後者を挙げた理由は、主に私の性格や志向から来ている部分が大きいです。

改めてこの軸で見直してみると、コンサルと商社が浮かび上がって来ました。
年収に関しては両者変わらずですが”変化”という意味では、比較的短い期間でプロジェクトが変わるのはコンサルティング業界であると思い、選考を実施しているファームを調べて受けました。商社は会社によって色が出ることもありますしね。

――コンサルを中心に据え、改めて就活をした中で、複数社内定を頂いていたと聞いているのですが、そのファームの中でもRegritに決めた理由を伺えますでしょうか。

大窪:外資・日系両方のコンサルティングファーム数社から内定を頂いたんですが、大半の企業では自らが歯車となってしまうのではないかという不安感がぬぐい切れなかったんですね。
そんな中で某ファームの社員に「新卒で入社してから3年目までの社員は会社にとっては負債である」と言われたのですが、私は既にコンサルティング業界の若手のコンサルティングフィーを調べていたので、たとえ新卒であってもそれほど負債ではないことも知っていました。
そのため、「有名ファームでは大体同じように考えるのだろうか?」と違和感を覚えていました。
加えて大手ファームでは年次や職階に応じた業務が決まっており、もう少し若手から、主体的に動ける会社と考えて、コンサルティングファームでかつベンチャー規模の企業を見始めるようになりました。

――なるほど。徐々に軸が定まっていく中でRegritを見つけたということでしょうか。

大窪:そうですね。ベンチャー企業が、大手企業のように新卒採用をしていることはない。きっと、採用ターゲットは中途だろうと考えました。
そこで、中途採用向けの転職サイトをいくつか調べていった中で発見したのが Regrit でした。

当時のRegrit のコーポレートサイトには、今のような問い合わせフォームはありませんでした。書かれていたメールアドレスに恐る恐るメールを送って、ドキドキしながら待っていたことを覚えています(笑)
それなりの期間、就職活動をしていて、自分の中の軸は研ぎ澄まされていたと思います。そんなときに見つけた完璧な会社だったので、決断は一瞬でした。

――就活において回り道はしたものの、軸が徐々に研ぎ澄まされていくので、振り返ると就活は順調であったのですね。次に本題、新卒1年目の話を伺いたいと思います。プロジェクトの概要から順に伺えますでしょうか。

1年目ではない、1年目

大窪:入社してから、大手総合商社でプラットフォーム開発支援のプロジェクトに関わっています。
スコープは広く、一部領域ではなくすべての領域で包括的な支援をさせて頂いております。

新卒ながら、クライアントと密にコミュニケーションをとりつつ、前に立って案件を進めています。
特定の領域でやることが決まっているわけではないので、コンサルタントらしい面・泥臭い仕事の両面合わせて、クライアントと一緒に事業をやっている感覚です。

伴走しつつも、常にクライアントより先の事を考えている必要があるので、起こりうるリスクを踏まえて対応策を練っておくことに常に気を配っています。

――1年目にしてはかなり裁量の大きい仕事をしていると思うんですが、他のファームの若手ではなかなか得難い経験ではないかと思います。

大窪:Regritには常に挑戦させてくれる環境があるといえます。迷ったときはマネージャー陣が相談に乗ってくださるので不安も少ないです。

但し、良い点ばかりではなく、クライアントとの距離が近いからこその悩みもあります。それは「クライアントの期待値」という観点です。参画当初は私と上司が見えているクライアントの期待値にギャップがあり悩みました。上司はまだしも、ステークホルダー全ての期待値を把握することは難しいです。

この問題をどう乗り越えたかというと、クライアントやPJによりますがカウンターパートの方全員とお会いする機会はほぼないので、自ら仮説を立てて、相手の期待値を探るしかないです。コンサルという仕事は、ある種その仮説の精度を上げていく長い旅でもあるかと思います。

――正に一年目ではない、一年目。という言葉がぴったりですね...。よく聞くコンサル一年目の経験を超えているように思います(笑)その経験の中で、成長を実感したり、壁を越えた瞬間などありましたか?

大窪:壁は沢山ありましたが、特に印象に残っている壁はプロジェクトのキャッチアップ期間に新卒採用を並行して行っていたことです。PJだけでも精一杯なのに社内業務もやらねばならず、振り返っても最大の山場でした。(笑)

プロジェクトの方では「理解が追いつく→お客さんの期待値が上がる→新たな課題が課せられる→再び知らないことが出てくる。」の繰り返しです。積み上げた小さな信用を失いたくないので、必死で周りに聞きつつ乗り越えていくことがとても大変でした。
睡眠時間が数時間の日も乗り越えつつ、議事録・会議招集・お手伝いが多いと聞いている一年目にしては相当前に出させてもらっている分、責任の重さはありますが、その分やりがいもある仕事ができたと感じています。

壁を越えてもすぐにまた次の壁が立ちはだかるので、質問の回答としては、壁を常に超えつつ成長を都度実感している、という表現が適切かもしれません。(笑)

――終わりなき旅ですね....。内定者の立場からすると来年同じ業務を再現している姿の想像がつきません(笑) そんな激動のコンサル1年目で得たものは何でしょうか?

コンサル1年目で得たものは

大窪:社会人としての基本的な立ち振る舞いを得ました。
具体的に言うと「平日は早く寝る」「土日はしっかり休む」など体力的な余裕をもつ。
精神的な部分でいえば、「変なプライドを持たない」ことです。

どれも当たり前に聞こえるし、実際そう思っていましたが、実行は容易ではありませんでした。(笑)

案件に関していえば、タスクを切り出して工数や時間のスケジュール管理をする力が少し身につきました。このことをタスク設計と呼んでいますが、まずはこれを滞りなくできるようになることが大事だと感じました。これが分かっていれば、別タスク依頼が突然来ても優先度を整理しながら仕事を進められるんですが....私の場合、当初から降ってくるタスクの粒度が良い意味で荒かったので慣れるまで苦労しました。(笑)
まだまだ完璧にはできていないので、タスク設計の理想と現実のギャップを徐々に埋めていくつもりです。

上記は当たり前のことがほとんどですが、加減乗除もわからないのにいきなり方程式は解けないのと同じで、分からない時は教科書なり先生(上司)に聞くなりすると良いと思います。大方それで解決します(笑)

それでも解決しない話は仮説ベースで自分なりの答えをもっていく。ここまで出来て初めてクライアントと同じ土俵に”少しだけ”乗れる気がします。

二年目以降の展望

――改めて凡事徹底の重要さが分かるお話ですね。そこをうまくこなせているたり、大窪さんの能力の高さが伺えます。さていよいよ最後の質問ですが、二年目を迎える今年、更にはその先の展望を聞かせてください!

大窪:優秀な後輩がたくさん入ってくるので、私自身も危機感をもって全力で取り組んでいきたいと思います。
2年目以降の目標として、最終的には「クライアントが我々コンサルタントを必要としない会社になり、極論、いなくなること」を実現することが私たちの価値であると個人的には思っているので、クライアントの事業がうまく回る状態にして離れることが理想ですね。
個人の展望としては「良い意味で、上司にも会社にも依存しすぎず、期待しすぎない」ことを目標にやっていきたいと思います。

――最後の言葉はとても深く刺さるものがありました。私も追いつけるように頑張りたいと思います。本日はありがとうございました!
Regrit Partners's job postings
19卒インタビューvol.1「一年目ではない、一年目。」
Takaya Kusunoki
Regrit Partners / Other
20 Likes
20 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more