1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【2021年新卒】スポーツ業界志望だった僕が大学4年の冬から就職活動を始めてリクルートライフスタイルを選んだ理由

中村岳(26歳) 2015年入社/姫路飲食G チームリーダー 

神奈川大学経営学部国際経営学科卒業。学生時代はバスケットボールに打ち込んでいて、インターンでラグビーのTOPリーグやプロバスケットボールリーグに。新卒で静岡飲食Gに契約社員として入社後、契約期間満了を経てSE正社員登用。現在は姫路飲食Gでチームリーダーをしています。


学生の皆さんは就職活動をする上で様々な不安や悩みがあると思います。終身雇用制度が崩壊したと言われる今日でも、やっぱり安定した企業に勤めていきたい方も少なからずいらっしゃるかと思います。今回は学生時代の就職活動の中でどうして新卒でリクルートライフスタイルの契約社員として入社することを選択したのか?また、入社してから3年が経過してリクルートライフスタイルに残ることを決めて、5年目の今思うことなどをインタビューしました!



大学時代は就職活動をほとんどせずにインターンに明け暮れた


人事:学生時代はどんなことをしていましたか?


中村:高校の時はバスケットに打ち込んでいて推薦で大学まで行きましたが、大学1年の時に怪我が原因で退部しました。将来スポーツビジネスをやりたくて大学2年の時にラグビー協会に、大学3年の時は女子プロバスケットボールチームのインターンにいっていました。大学4年の時にはスポーツビジネス業界に入って仕事をしたいとしか考えていなくて、インターンばかりで就職活動はほとんどしていませんでした。


人事:そうなんですね。明確な目的をもってインターンをされていたのになぜそこからスポーツ業界にそのまま進まなかったのでしょうか?


中村:大学4年生の9月ごろにインターン先の企業から入社のお誘いいただいたのですが、「今の状態で入社しても力不足でおそらく何も貢献できない」と考え、成長できる環境で経験を積んでからスポーツ業界に進みたいと思い、大学4年の10月から就職活動を始めました。


人事:なるほど、、、それは思い切った路線変更でしたね・・・





中村:はい、そうですね(笑)それで新卒エージェント会社に相談しました。そこで「成長できる環境のある企業に入りたい」と希望を伝えたところ、エージェントの方に勧められたのがリクルートライフスタイルでした。それに3年と期間が決められているからこそやり切れると思ったので入社を決めました。


人事:そうだったんですね。入社することに迷いはなかったですか?ご家族の反応とか?


中村:人事の方が面接の中で自分の想いを親身に聞いてくれて、ここで働きたいと思いました。迷いはありませんでした。父親が当初は少し不安に感じていましたが、給与水準も高いですし、決めたら曲げない私の性格を知っているので、最終的には認めてもらいました(笑)


入社当時を振り返ってみて思うこと


人事:リクルートライフスタイルに入社してよかったことはありますか?


中村:成功事例やナレッジの宝庫で多くのことをすぐに吸収できる環境があったことが良かったです。上司に「新人のうちはいろんな手法をやってみること。素直じゃないやつは売れないよ」と言われとにかく言われたことを素直にやっていましたし、なんでも聞いて相談してやってみる新人時代でした。一緒に働いている先輩や同僚が親身に相談に乗ってくれる上に、カッコよくて尊敬できる人が多かったです。


人事:そうなんですね。入社当時とか印象に残っていることはありますか?


中村:新規受注の時ですね。2か月くらい経ったときですが、あまりに嬉しくて会議室で泣きました(笑)


人事:へぇーそうだったんですね!


中村:その日の夜に新規受注祝いしてくれると直属の上司と2人で飲みに行ったら、オフィスにいた全員がお店に先回りしてサプライズで皆さんがお祝いしてくれたんです。


人事:それは嬉しいサプライズですね!リクルートらしい文化ですね! 



リクルートライフスタイルにリーダー職として残ろうと思った理由


人事:入社して3年経って卒業後にスポーツ業界に行こうと思わなかったのでしょうか?


中村:もちろん考えていて、実際に転職活動もしていました。3年目の終わりにチームリーダー業務をさせてもらうことになったのですが、しんどかったけど楽しく仕事をできました。あと4年目に新GMが着任し、業績や雰囲気がガラッと変わり定量定性ともにV字回復し、マネジメントの重要性を身近で感じられました。そこでスポーツ業界とリクルートライフスタイルとフラットに見てどちらが自分にとって成長曲線を強く描けるかを考えてリクルートライフスタイルでマネジメント職をすることを選びました。


人事:そうなんですね。中村さんの今後のキャリアビジョンを教えてください。


中村:将来的にはスポーツチームで活躍しスポーツの市場規模を大きく、たくさんの人にスポーツを通して1秒でも楽しい瞬間を届けたいと思っています。そのために今のマネジメント業務をやり切って30歳までに新しいことをやっていけるようになりたいです。




人事:最後に就職活動をしている学生に一言お願いします。


中村:リクルートライフスタイルは新卒で入社するには非常にいい環境だと思います。チャレンジできる風土があって、自分次第で無限に成長できる環境があると自信を持って言えます。

株式会社リクルートライフスタイル(企画営業職)'s job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more