Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

リクルートライフスタイル卒業生紹介:卒業生たちの「その後」のストーリーを紹介します②

期限をかすことで人生は動き出す。

「やりたいことがなければ、ここで見つければいい」と、悩む私に“3年間の期限”とチャンスをくれたのがリクルートライフスタイルでした。配属された編集部は、まだ立ち上げ間もない頃でメンバーも少なく、個性を活かし合える家族のようなチームでした。担当したお客様も個人経営の飲食店が多く、経営者への1対1の営業は非常にやりがいと成長を感じました。自分らしく働ける、とても居心地のいい環境だと思えましたね。
3年のタイムリミットが近づいてきた頃、同期がふとつぶやいた「起業したら、もっと自分らしく働ける」という一言に、初めて独立を意識しました。そこから、収入や労働時間、手に職がつくという条件を考えるうちに、エステサロンを経営したいという想いが芽生えたんです。決められた期限の中で、たくさんの人と出会い、行動し続けたからこそ生まれた夢。それを叶えるために、私は新たに“2年間の期限”を自らつくり、開業の準備をはじめました。専門学校や通信教育、整骨院のバイトをいくつも掛け持ちし、技術と資格を一気に習得。リクルートライフスタイル時代に培った人脈も生かして、独立した先輩からアドバイスをいただきました。そして、退職してから2年、計画通りにサロンを開業できたのです。コンセプトは「私が通いたい店」。お客様はもちろん、働く私自身にとっても居心地のいい場所を目指しました。今後は2店舗目も視野に入れているので、次の目標である女性支援に向けて、結婚や妊娠をしても女性が居心地よく働ける環境をつくっていきたいですね。

株式会社リクルートライフスタイル(企画営業職)'s job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more