1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

エンジニアになった稲本さんにインタビューしました

こんにちは。READYFOR HR担当の増田です。

社内インタビュー第二弾はREADYFORにキュレーターとして入社し、エンジニアに転向した稲本さんです。エンジニアになった理由や仕事のやりがいについて聞きました。

READYFORに入社したきっかけ

もともと囲碁に関わるビジネスをしていたんですが、仕事の影響範囲が近い距離でしかないと思い、もっと「社会」という大きな中で貢献し、インフラとなるようなサービスに関わりたいと思うようになりました。

そんなとき、WantedlyでREADYFORの求人を見つけ、2日後にはオフィスに行くことになっていました(笑

過去にクラウドファンディングで支援をしたことがあったり、妻が実行者としてプロジェクトを立ち上げていたこともあり、Readyforはとても身近なサービスでした。そのうえで会社のMissionにも非常に共感し、入社の決意をしました。

入社してからのことは本当のところあまり考えておらず、READYFORで働けるなら何でも関わってみたいと思っていました。

エンジニアへの転向のきっかけ

プログラミングとの出会いは小学生のころのパソコンクラブにいたときにHTML・CSSに触れたのが最初でした。

大学生のときには「囲碁×IT」で何かをやりたいと思っていました。囲碁はずっと取り組んでいたので、ITのスキルを何かしら身につけたいと思い、大学4年のときにIT企業でのインターンを始めました。そのときは、ゼロからiOSアプリをつくって世の中に出す経験をさせてもらい、規模は小さかったとしても人が使ってくれるのが楽しかったのを覚えています。たった4ヶ月で素人がアプリをリリースできるほど現在はプログラミングを学ぶ環境が整っていることを知ったのもこのときでした。

はじめは資金調達のサポートをするキュレーターとして入社しましたが、働く中でサービス開発側から資金の困り感がある人をサポートしたいと思い、エンジニアへの転向を考え始めました。キュレーターの仕事をしつつもプログラミングスクールに通い、結果的にエンジニアチームに異動することになりました。


技術力を高めていくためには

プログラミングスクールはオンラインでもオフラインでも多く存在してますし、書籍や勉強会も豊富です。その中でも安価に始められるオンライン学習サービスや土日開催のもくもく会などに参加しています。

勉強会なども最初はハードルが高く感じて参加したいけど参加できない方がいらっしゃると思いますが、最初は主催者と仲良くなれる20人くらいの規模の勉強会に参加することをおすすめします。あとはやっぱり自分でググって調べることも大切ですが、調べてわからないことを聞ける環境があるのが重要だと思っています。

サービスが世の中に出す価値を想像することが面白い

個人として、バグや機能改善に集中して、自分の中でPDCAを回すことも楽しいですし、チームとして、コードを書くために社内のメンバーと話しながら問題の構造を整理して、どういうスケジュールでどういうかたちで解決していくかを決めていくプロセスも面白みのひとつです。

なによりも、自分が身につけている技術を使って、サービスが世の中に出す価値を想像するとわくわくしますね。

家族がReadyforのサービス利用者

実は妻がReadyforのサービスを利用して資金集めをしているんです。

妻は、ワールドピースゲームという、子ども達が世界の課題解決を体験するゲームの日本人初の認定ファシリテーターになり、現在日本にそのゲームを広めるために活動しています。

このゲームは、アメリカ人教師のジョン・ハンターによって開発され、子ども達は、仮想の4カ国と、国連など国際機関のリーダーとしての役割を持ち、環境問題や民族紛争など、実際に世界を取り巻く50以上の課題の解決を目指します。

現在、4月17日(月)までに、アメリカからジョンハンター氏を招聘し、ワールドピースゲームアジア大会を開催するために、120万円を目標に資金調達に挑戦中です。

(よかったらぜひ支援してください!)



妻がユーザーのひとりなので、資金集めをする側として、実行者として、サービスのどういう部分がどう使いやすいか、使いづらいかを聞けるのは勉強になりますね。

必ず達成してほしいので、毎日プロジェクトページを見るし、応援コメントもすべて確認しちゃいますよ。

Missionに向けて、やれることはまだまだある

READYFORの「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」というMissionを叶える上で、資金調達のサポートはあくまでひとつの手段なので、派生する新規サービスの立ち上げにも関わりたいです。そのときのためにも自分の技術力自体も上げていきたいと思っています。

あとは、READYFORのオフィスがかなり広いので、エンジニアやデザイナー向けの勉強会の主催もやっていきたいですね。



READYFORでは一緒に働く仲間を絶賛募集しています。


フロントエンドエンジニア
挑戦する人を応援!クラウドファンディングサービスのエンジニアWANTED!
「想いの乗ったお金の流れを増やす」というミッションを掲げ、様々な団体・個人の資金集めや寄付をしたい法人・団体の支援をしています。 2011年に業界に先駆けてスタートしたクラウドファンディングサービス「READYFOR」は、オープンから10,000件以上のプロジェクトを掲載し、累計約150億円の資金を全国の様々なチャレンジへ流してきました。 2019年にはクラウドファンディングをしつつ法人からも寄付総額と最大同額の支援を受け取れる「READYFOR SDGs」をローンチ。その後は「READYFOR SDGs」の枠組みにとらわれず、広く「法人寄付」の領域にフォーカスを向け、寄付・助成ニーズのある企業に向けて会社の実績・ノウハウを活用した様々な座組みを提案しています。 現在は「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」の運営を担い、刻々と変化していく状況下で、本当に必要なところに素早くかつ透明性高くお金を流していく活動をしています。 <コロナ基金において、国内クラウドファンディング史上最高額を記録> https://readyfor.jp/corp/news/192
READYFOR株式会社


キュレーター
BtoC×ソーシャルインパクト×ITベンチャーで活躍したいメンバー募集!
「想いの乗ったお金の流れを増やす」というミッションを掲げ、様々な団体・個人の資金集めや寄付をしたい法人・団体の支援をしています。 2011年に業界に先駆けてスタートしたクラウドファンディングサービス「READYFOR」は、オープンから10,000件以上のプロジェクトを掲載し、累計約150億円の資金を全国の様々なチャレンジへ流してきました。 2019年にはクラウドファンディングをしつつ法人からも寄付総額と最大同額の支援を受け取れる「READYFOR SDGs」をローンチ。その後は「READYFOR SDGs」の枠組みにとらわれず、広く「法人寄付」の領域にフォーカスを向け、寄付・助成ニーズのある企業に向けて会社の実績・ノウハウを活用した様々な座組みを提案しています。 現在は「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」の運営を担い、刻々と変化していく状況下で、本当に必要なところに素早くかつ透明性高くお金を流していく活動をしています。 <コロナ基金において、国内クラウドファンディング史上最高額を記録> https://readyfor.jp/corp/news/192
READYFOR株式会社
READYFOR株式会社's job postings
18 Likes
18 Likes

Weekly ranking

Show other rankings