Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

応募を迷っているあなたに読んでほしい!READYFORが伝えるカジュアル面談のススメ。



こんにちは、READYFOR株式会社採用担当の大竹です!

本日は「選考受けるかは未定だけど応募しても大丈夫?」「転職活動していないけど興味はあるんだよなぁ……」といった方向けに、カジュアル面談の際にREADYFORが大事にしているマインドやスタンスなどを弊社採用チームのマネージャーを務める河本に聞いてみました!

少しでも応募を迷っている人にとって一歩踏み出すきっかけとなれればと思いますので、最後までお読みくださいませ!


私たちはカジュアル面談の時間を、応募者とともに "READYFORで本当に良い人生に向かっていけるのか" ということを考えてもらったり、擦り合わせていく時間にしています。

一般的にはカジュアル面談は「マッチング」の場として表現される場合が多いと思います。もちろん弊社でも相互理解を重視していますが、上記目的を踏まえ、より「キャリアコーチング」に近い場となっているかもしれません。

例えば……

「事業の成長にもっと携わりたい」という志向性の場合に「創りたいのか / 広めたいのか / 守りたいのか」を掘り下げていったり、

「社会貢献したい」というモチベーションに対して「あなたの理想の社会と現状のギャップはなにか」を一緒に考えたり。

また、本人の求めている情報に即して話をするため、資料をなぞるような会社説明はしません。

カジュアル面談に限りませんが、フラットな関係でお話することを意識しています。特にカジュアル面談の場合には質問をもらったり、相談を受けたりする時間をかなり長めに確保しており、ご希望や目的によっては45分くらい質問を受け続けることもあります。

READYFOR株式会社 採用チーム マネージャー 河本峻 (=もふもふ系🐑採用担当)


カジュアル面談に来ていただいた応募者とはその後の関係性として結構仲良くなるケースが多くあります!

Twitterでつながったりはもちろん、焼肉に行ったり、ご友人を紹介してくれたり、会社のイベントに来てくれたり……

一度ミスマッチという結論になったけど、半年後に「どうしても」と、もう1回エントリーして、入社してくれたケースも。

「マッチしない」と思う部分は正直に伝えつつ、伝えたポイントに対してどう思うかというのもちゃんと回収します。

「たしかにそうですね」ということもあるし「ちょっと伝え方を間違えたかもしれないです」と再びお話いただくケースもあります。

カジュアル面談は「ファンづくり」だと思って、応募者にとって「学びや気づきがあったな」「話してて楽しかったな」と思ってもらえるように心がけています!


カジュアル面談に来ちゃいけない人はいません。

READYFORへの興味だけではなく、キャリア相談として応募いただいても良いです。

(キャリア相談はTwitterから直接DMなどでもらった方が対応しやすいこともありますので、文末に弊社採用担当のアカウントも載せておきます!)

もちろん、カジュアル面談に来ていただく際にREADYFORの下調べなどは不要です。

どちらかというと、「なぜ今新たなキャリアを歩もうとしているのか」や、「今満たされていないもの」だけではなく「今満たされていて、落としたくないもの」とかも考えてお越しいただけたら、より深く一緒にキャリアを考えられると思います!

弊社にお越しいただく際は、ぜひ以下の記事も参考にご来社くださいませ。

https://www.wantedly.com/companies/readyfor2/post_articles/199804

昨年秋に引っ越しをしたばかりで、大きな窓が特徴的な開放感あふれる綺麗なオフィスにご案内します!

あなたからのご応募をお待ちしています!

《READYFOR 採用担当Twitterアカウント》

かわもと🐑もふもふしながら採用と組織開発

AYUMI@READYFOR

大竹萌音@フルリモート採用担当🚄

お気軽にご相談ください!

READYFOR株式会社's job postings
応募を迷っているあなたに読んでほしい!READYFORが伝えるカジュアル面談のススメ。
Mone Otake
READYFOR株式会社 / 採用担当
74 Likes
74 Likes

Weekly ranking

Show other rankings