1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

応募者の人生と会社の結節点を見つける。一年で40名を採用した人事担当の頭の中

2018年秋に資金調達を実施し、2019年初めにはメンバー数が100名を突破したREADYFOR。毎月さまざまな専門分野を持つ新しいメンバーが入社しています。

その裏で、組織の急拡大に欠かせない「人」を採用するために奔走してきたのが、採用担当の河本峻。2018年10月に入社以来、一年間で約40名のメンバーを一人で採用してきました。そして河本が採用したメンバーは、めったに退職に至っていません(離職したのは、ポジティブな理由で転職した1名のみ)。

ビジョン志向が強いと言われるREADYFORにおいて、会社の進む方向性と一致する採用のために河本が意識してきたこととは?今回は組織拡大の舞台裏に迫ります。

自信を持って勧められるサービスだったことが入社の決め手に


── 河本さんは、READYFORに入社する前から人事に携わってきたのでしょうか。

はい、大学を卒業してからずっと人のキャリアや職業選びに関わる仕事を続けてきました。大学生の頃から明確に、事業会社の人事をやりたいと思っていたんです。

きっかけは、学生時代に数十人規模の団体を立ち上げたり代表を務めたりする中で、組織のおもしろさを実感したこと。学生団体は人の流動性が高いので、人が入れ替わっても団体を維持できるかどうかが重要です。

そのために、人を集めて団体の共有知を増やし、判断軸をすり合わせていく。変数が多い難しさを感じながらも、組織をどう育てていくか、どうやってメンバーを増やしていくかを考えることが好きでした。


── READYFORに入社した理由は何でしたか?

仕事環境を変えるために転職活動をしていたのですが、三つの理由があってREADYFORを選びました。

一つ目は、READYFORのサービスそのものが良いと思えたから。学生の頃からREADYFORを知っていて、志のある取り組みにお金が流れていく仕組みに共感していたんです。

人事をやる上で、自信を持って会社が提供しているサービスを勧められるかどうかが重要だと考えているので、READYFORを好きなサービスだと思えることが理由の一つになりました。

二つ目は、READYFORのフェーズや自身に課されるミッションが、自分のキャリアにおいてチャンスになると考えたから。成長段階の企業における採用を一人で担うことはハードミッションでしたが、自分の経験につながりそうだと思いました。

三つ目は、やはりREADYFORで働いている人の存在ですね。入社までに何人かに会って話す過程で、「この人たちとなら、気持ちよく働けるだろうな」と直感したことが入社につながっています。

採用のミスマッチをおこさないために、社内でのコミュニケーションを重視

……続きは READYFOR note よりご確認いただけます!

=======

弊社河本と直接話したい!会いたい!というあなたからの「話を聞きに行きたい」をお待ちしています!

READYFOR株式会社's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings