1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

22歳で起業!不思議系社長がサービスを立ち上げて登録社数250社以上!その秘訣は!?

皆様こんにちは!
セールス兼広報担当の中里です!
10月入社にも関わらず色々な業務が僕に降りかかり僕はものすごく泣きたいです・・・
広報も「YOUやっちゃいなよ!」という高野さんのノリでやってます。。。(泣)
そんな訳でこの広報もやると決めたら徹底的にやらないと気が済まない僕でもあります!
ドM体質なんでしょうか?そんな気はないと思うのですが?
そんな弊社の代表取締役である高野さんにREADY TO FASHIONの魅力を引き出していきたいと思います!

【プロフィール】代表取締役|高野 聡司
ファッション業界のしごとSNS「READY TO FASHION」を運営しています。 開発に関わる以外の業務(サービスの設計/ディレクター/営業/CS/投資案件/ウェブメディア/イベント運営など)を行っています。 広島修道高等学校/早稲田大学卒業。学生時代にファッションメディアのマネジメントや取材/営業を経験。そのつながり、ファッションをテーマに活動する学生団体の集合体「fashion community1.0」を立ち上げる。その後、ファッションECを扱う、ルビーグループに入社。新規事業部にて、ファッションメディア「The FLAG」の立ち上げに関わる。その後、2016年11月に株式会社READY TO FASHIONを立ち上げる。


中里 会社メンバー紹介、第一弾ということで、よろしくお願いします!

高野 企画ありがとうございます!(笑)

中里 とんでもないです!今日はREADY TO FASHIONの初めての記事なので違った意味で緊張しますが根掘り葉堀り聞くのでよろしくお願いします(笑)

高野 はい。

中里 そもそもREADY TO FASHIONを立ち上げようと思ったった経緯って何だったんですか?

高野 ビジネス的な面と、感情的な面がありますが、ここでは感情的な面をお話しますね。

もともと、学生時代にファッション系のサークルの代表をやっていたことから始まり、そこから、各大学にあるファッションサークルを巻き込んで、若い世代のコミュニティーを作っていました。

このコミュニティーの特徴としては、早慶・東大も含め、高学歴なバックグラウンドを持った学生が多く、そういったことから、ファッション業界の人事(採用担当者)の方から相談が多くありました。

現在もそうですが、その相談の内容としては「若者がファッション業界を目指さなくなった」ということでした。業界の著名人や、大人が真剣にどうにかしないと、業界全体の未来を危惧していました。

こういった業界の声をたくさん聞くことがあり、業界の課題をはっきりと掴んだことが、活動の一つの大きなきっかけでした。

法人化以前の活動内容:https://amazonfashionweektokyo.com/jp/the20th/event/readytofashion.html

また、当時、就活直前だった私は、どうやって生きていくことが、自分自身を一番納得させられるか?を真剣に考えており、学校で学んだ、「贈与論※」という考え方に影響を受けて、「これまで、自分達の生活や、心を豊かにしてくれたファッション業界の人々に恩返しをする。」という答えに行き着きました。

義務はどこから来るのか? マルセル・モース「贈与論」


中里 なるほど、そういうお気持ちがあって立ち上げる経緯になったんですね!

高野 はい。でも、僕たち自身、HR業界についてのノウハウも、WEBサービスの知識も全くないまま、突っ走ってきたので、よく2年も持ちこたえたなと、驚いています。笑

中里 本当すごいですねよ!実際、今事業も徐々に拡大してってますがお気持ちとしてはどんな心境ですか?正直に。

高野 正直にまだまだ、業界の課題解決に向けてやっていかないといけないことばかりで、毎日焦っています。

しかし、この2年を振り替えてみると、

・2年間同居して苦労を共にしてきたCOO
・途中から急に同居して(させて?笑)手伝ってくれたWEBデザイナー
・ローンチ前、毎晩深夜まで鬼電に対応してくれた業務委託のエンジニア
・雀の涙ほどの謝礼で開発を手伝ってくれたエンジニアのみんな
・小〜大まで含め、お仕事を下さったみなさま
・ド・スタートアップの僕たちに出資をしてくださっている株主のみなさま

本当に支えられてきたな…と。恩返しで始めたつもりが、恩ばかりもらっていますね。。。笑

中里 そうだったんですね・・・!高野さんの人柄の良さも皆様に支えられて出ていると思います!掲げてるビジョン、あるいはカルチャーなど今は一致してますか?

高野 "ファッションは人で加速する”をビジョンに掲げており、すべての活動は、業界のためになっているのかを考えながら決断をしています。また、プロジェクトやイベントは2年間で数十回行っていて、メンバーは割とマルチタスクでこなしていくというカルチャーかなと思っています。

中里 そうでしたか!それなら良かったです。ちなみに高野さんから見たREADY TO FASHIONってどんな感じですか?

高野 わが子って感じです。笑

中里 わが子(笑)新規事業を立ち上げてる方達はそういう風に言いますのよね!では、ズバリREADY TO FASHIONの魅力とは!?

高野 ただのHR系の事業ではなく、今の時代に合ったテクノロジーや、ブランド力を意識しながらやってきました。HRやWEB事業ですが、ファッションを意識しているところかと思っています!

中里 おお〜!代表がそう思う魅力って何だか素敵ですね!

中里 今だからこそ笑える話だけど当時これは洒落にならないなーって経験はございます?(笑)

高野 うーん、そうですね。。。今もそうなのですが、司会がすごい苦手で。。。

3-4年前に司会をしたときに、アンケートで、"司会の人が下手"って書かれたときは悲しかったですねw

中里 ええ!?そんなご経験をされてたんですね・・・それは確かに悲しい(笑)

高野 今も話すのはあまり好きではないのですが、たまにピッチは出て、頑張っています!
Morning Pitch:http://morningpitch.com/theme/14486/

中里 お気持ちすごく分かります(笑)僕も人前に出るのは苦手なので・・・!高野さん今日はお忙しい中お付き合いいただいて、ありがとうございます!

中里 次回はPart2なので取締役でもある石川さんにお話をお伺いしたいと思います!

   皆様これからにかけてどんどん寒くなるのでお身体には気を付けてくださいね!

   弊社に興味がある方はいつでも遊びに来てみて、ユニークなメンバーと話してみてくだい!

   もしかしたらとても楽しく働けるかもしれませんよ!?

READY TO FASHION's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings