1
/
5

《社員インタビューvol.3》CMO・鎌田 健吾|ECサイト運用の実績を持つ鎌田さんが考える、理想のナショナルチームとは?

こんにちは!人事総務部の西野です。

今回は弊社CMO・鎌田さんにインタビューしていきたいと思います!
ご自身でも会社を経営されていて、ECの運営代行やコンサル・マーケティングなど幅広く活動されています。
そんな鎌田さんから見たRefineってどんな会社?鎌田さんってどんな人?など深掘りしてみました^^
ぜひ最後までご覧ください!

▼鎌田さんのツイッターはこちら▼
https://twitter.com/refine_kamata

サーバーサイドエンジニア
自社内開発!売れる×ワクワクするECサイト制作|サーバーサイドエンジニア
■完全自社内開発という強み! RefneはEC-CUBEを利用したECサイトの制作がメインの会社です。 ECサイト開発において国内シェアNo.1の【EC-CUBE】プラチナパートナーや【Shopify】エキスパートパートナーである当社。さらに、話題の動画コンテンツ【Firework】とパートナーシップを締結し、CEOの大塚個人でFirework Starsというアンバサダーにも就任しています。 それらを強みに、大手上場企業から中小企業までエンドユーザーとの直取引が9割以上のRefine。確かな実績のもと、大手企業やアーティストなど大規模な案件を完全自社内で手掛けています。 上場も視野に入れたとても勢いのあるベンチャー企業です。 ≪事業内容≫ ●ECサイトの企画・制作 ●ECシステム開発 ●ECコンサルティング ●D2Cブランド アパレル・食品の企画・開発・運営 ●SNSコンサルティング ●WEBサイトの企画・制作 ●WEBシステム開発・AWSサーバ運用支援 ≪実績≫ ●国内シェアNo.1(※)「EC-CUBE」のプラチナパートナー ●shopify(ショッピファイ)のエキスパートパートナー ●Fireworkの公式アンバサダー ●SNSエキスパート上級を取得 https://www.re-fine.jp/works
株式会社Refine

ーー株式会社RefineのCMOになった経緯を教えてください。

鎌田:今年の3月くらいに、急に代表から「ちょっと手伝って欲しい」って連絡があったんです。まぁ、実はその前からプロジェクトの案件を手伝ったりはしていたんですけど…本格的に会社を手伝って欲しいと言われたのがきっかけですね。そのときの条件が「取締役として入って欲しい」というものでした。
正直、期待に応えられるかなっていう不安があったのですが、とにかくラブコールがすごかった(笑)ただ、時間も猶予もなくて。すぐ登記しないといけないから早く決めてっていう感じだったので、たった3日くらいで決めました。
基本的に頼まれたら断れないタイプだし、何より声を掛けてもらえたのが嬉しかったです。その期待に答えたいし、期待のさらに上を行きたいと思っています。

西野:たった3日ですか!その判断力と決断力は、社会人として見習いたいです。

ーー現在どのようなお仕事をされていますか?

鎌田:全体的なプロジェクトの管理や新しい組織・体制の構築です。オフィスにはあまり顔を出していませんが、毎日稼働しています。CEOとCOOから管理側の相談をされたり、ここ最近はプロジェクトの管理でディレクターやエンジニアの人たちと話すことが多いですね。
Refineにアサインしてまだ半年なんですけど、最初の3ヶ月間は完全に現場に入って実際にPMやディレクターをやって仕事の流れを見て、その中で感じた改善点などを次の3ヶ月間で修正していきました。
今は徐々に現場から離れて、プロジェクト全体をまとめています。

西野:双方からの相談役でもあるんですね!案件も多いですし、まとめるのは大変な労力が必要そうです。

ーー鎌田さんからみた大塚社長ってどんな人ですか?

鎌田:そうですね、スピード感がすごくあると思います。決断をするスピードとか、喜んだり悲しんだり感情のスピードもめちゃくちゃ早い!あとは、純粋じゃないですかね。
もともと知り合いだったんですけど、実際に近くで大塚さんを見ているといい意味で期待を裏切られるところもありましたね。今までの大塚さんのイメージは、全部を計算して答えを導き出していると思ってたんですけど、思ったよりも直感的な部分が強い感じだなと(笑)
最近はお互いに素の部分が見えてきて、信頼関係が築けているように感じます。

西野:まさしくその通りだと思います!直感やフィーリングを大切にされているなぁと感じます。

ーー「Refine(リファイン)」ってどんな会社ですか?

鎌田:代表の大塚さんっていうスピード感と決断力がある人の会社だから、とにかくスピーディーですね。今は、大塚さんの「人たらしのような魅力」がそのまま会社の魅力になっていると感じてます。
なんというか、期待感と安心感があるんですよね。これから会社が大きくなっていくためには、そこに更にいい部分を足してもっと組織として強くしていかないと、って思います。
会社は、代表の性格とかスタイルが色濃く反映されるものだと思っているので「会社が大きくなる=代表自身が大きくなること」だと思っています。
会社の改善点を炙り出すとき、大塚さんとすごく話し合うんですけど「こういうところ直した方がいいよね」っていう内容を会社に置き換えて考えてみると、そこが会社の改善すべきところに繋がるんですよね。
大塚さんを支えていきつつ、大塚さんと会社をパワーアップさせていきたいです。

西野:常に前に進んでいるからこそ、スピーディーな対応が求められますね!

ーー鎌田さんが考える理想の組織を教えてください。

鎌田:これはいつも思っていることなんですけど、誰かと何かをする時は「ナショナルチームでありたい」と思っています。
プロって個人のためにやってることが多いと思います。例えば、プロ野球選手は生活のためにやっていたり、家族のために稼いだり、そういう契約関係だと思っています。
もちろん一般の会社でも給料や役職のために働く人もいるし、目的はみんな違うはずです。ただお金をもらって対価を払うというのはプロレベルだと思っていて、私が考える会社はもうひとつ上です。
私が言っている「ナショナルチーム」とは、そのプロが別々のゴールのために集まって名誉のために働けるようなチームのこと。例えば、金メダルを目指してオリンピックに参加している人で「今日の試合でいくらもらえますか?」って聞く人はほとんどいないと思います。
もらった対価分の仕事しかしないのではなく、お金のやり取りなしで必要だから集まれる、そんな組織が理想ですね。

西野:お金のために働くことも生きていく上では大事ですが、それ以外の目的のために集まれる組織というのは、より強く前に進んでいける気がしますね。

ーーこんな人と働きたい、こんな人なら「Refine」に向いていると思う人はどんな人ですか?

鎌田:個人的な欲求で言うと、今まで出会ったことがない人と働いてみたいです。
COOの服田さんみたいな人がいい例ですね。バックグラウンドも違うし、経営サイドとかも関わったこともなかったので、最初は怒られそうだなぁ〜って思ってましたよ(笑)
向いてる人は、いい意味であまり何も考えてない人じゃないですかね?スポンジみたいな吸収力があって、誰に対してもフラットな人。これはこうあるべきだって思いが強くない人で、もしあったとしても他の考えを受け入れられる人が合っていると思います。
ベンチャー企業は常に変化しながら進んでいくので、そういう変化を嫌がらない人もいいですね。

西野:考え方や視野を広げるためにも、いろんなバックグラウンドを持った人に出会いたいですよね。

ーー今後のビジョンを教えてください!

鎌田:先ほど言ったことに繋がるんですけど、お金のやり取りなしで集まれて、誰かが何かを必要としているときに駆けつけてその必要なものを提供できるような会社にしたいです。
例えば、昔の村みたいなコミュニティだと、食材が欲しければこの農家さんにお願いして、調理して欲しければあの料理人さんにお願いして…みたいにそれぞれ役割があったと思うんです。
そういうみんなが繋がっていくコミュニティが人としての本来あるべき姿だと思っています。
Refineも「EC」という業界でなくてはならない存在になりたいというのが今後のビジョンですね。

西野:ECのことはRefineにお願いすれば大丈夫!と思ってもらえるような存在になりたいですよね。

ーープライベートな鎌田さんを教えてください!

鎌田:コロナになって全然できてないんですけど、趣味はサーフィンです。40歳になる前に始めて、ここ数年は千葉の海によく行っていました。
スクールにも通って、一応ボードの上に立てるところまではいったけど本当に難しくて、多分波に乗るのは一生できないんじゃないかな(笑)
サーフィンの面白いところは、100%同じ波が来ないところですね。乗り方とかは同じなんだけど、同じ波が来ないから、たった1回きりのためにバランスとかスピードを調整しないといけないんですよ。
どんなに仕事で辛いことがあっても、サーフィンをしている間は何も考えずにいられるので、いいリフレッシュになっています。

西野:サーフィンなんてめっちゃかっこいいですね!時間を忘れて没頭できる趣味って大切です。

鎌田:あと、ポケモンGOはリースされた日からずっと毎日やっています。ちなみにオフィスがある柏の葉キャンパスの駅前はよくポケモンが出現してますよ(笑)
ポケモンGOを始めるまではピカチュウしか知らなかったんですけど、やり始めてからもう何年か経つので流石に覚えちゃいましたね。一番好きなキャラクターは、ミュウツーです。やっぱかっこいいよね〜。
イベントとかも参加してて、ミュウツーが出現するとすごく混むんですよ!

西野:まさかのガチ勢だったんですね。確かに、ミュウツーは私も小学生の時ダントツ好きなキャラでした!

鎌田:一昨年パリに行ったんですけど、そこでもポケモンGOをやってました。もちろんモバイルバッテリーを沢山持って行って準備万端で(笑)
観光でヴェルサイユ宮殿に行ったとき、現地の子供たちもポケモンGOをやっていてすごく友達になりたかったです。さすがに声は掛けられなかったけどね。

西野:パリでも人気なんですね〜さすがポケモン。これからも楽しいポケモンライフをお過ごしください!本日はお時間いただき、ありがとうございました!

株式会社Refine's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings