1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【デザイナー】『何事もやってみたいと思ったら迷わずやってみること、行動すること』が大事

本日は、2019年新卒入社、WEBデザイナーの工藤 はるかさんにインタビューをしてみました!

―ラルズネットに入社を決めた理由を教えてください。

インターンシップに思い切って参加したことで、「ここで働きたい!」と気持ちが固まりました。

ラルズネットを知ったきっかけは、大学で見かけた「夏のインターンシップ」のチラシでした。自分の勝手なイメージで「デザイナーのインターンシップは敷居が高そう…」と思っていたので、気にはなりつつ、その時は応募を見送ったんです。

その後、大学での企業合同説明会にラルズネットも参加していて、興味もあったのでブースで話を聞いてみました。正直、他の企業の説明は眠くなったのですが、ラルズネットの説明は、会社概要だけでなく、未来をどう生き抜いていくかなどこれからの話をしてくださいました。
「未来はこう変わっていく、だからこう生きていく必要がある、そのためにラルズネットは色々な取り組みをしている」という社会の流れ全体を通しての話はとても印象に残りました。

その時のお話については採用サイトにも掲載されていますので、ぜひ読んでみてください。

未来を生き抜くチカラをつけよう ~エンジニアとデザイナーが弊社の主役~

説明会が終わる頃には、もっとラルズネットのことを知りたくなり、「落ちてもいいから冬のインターンシップに申し込んでみよう!」と思い切って応募をしたところ、結構あっさり参加できました。

インターンシップでは、業務でどういうデザインをしていくかの他に、社内の雰囲気も知ることができ、先輩社員との壁がなくしっかりアドバイスをもらえることもわかりました。ここなら、仕事を通じて自分のデザイン力を磨くこともできるなと思い、「ここで働きたい!」と決心をして応募に踏み出すことができました。
あの時、勇気を出してインターンシップに参加したことが今に繋がっています。

―今担当している業務について教えてください

段階を踏んで色々な業務に取り組ませてもらえるので、自身のレベルアップを実感しています!

入社してすぐは、不動産☆連合隊に掲載しているバナーの作成や、投資コラムの画像作成など、比較的難易度の低いものをメインに、仕事の流れを覚えていきました。今では、お客様のホームページのデザイン修正、ラルズネットのコーポレートサイトの修正やランディングページのデザイン作成・修正など、色々な業務を幅広く行っています。

悩んだり苦労したりする時もありますが、段階を踏んで色々な難しい業務に取り組ませていただいたおかげで、少しずつ成長できているように思っています。
「前はこれだけしかできなかったのに、今はここまでできるようになった!」と日々感じています。

―社内の雰囲気、社風、先輩とのやり取りなどは、どんな感じですか?

分からないことや、デザインで悩んでいることについて気軽に相談できます!

皆さんそれぞれ業務に集中しているので、結構静かですね。でも、気まずいほど静か…という感じでもなくて、ラジオの音や周りの話し声が聞こえたり…ラルズまど越しに別のオフィスの社員の声も聞こえてきます。静かな環境がいい!と思う人と、逆に、少しは音がある環境がいい!と思う人…どちらも集中して仕事を進めていけるんじゃないかと思います。

社内の風通しもよく、先輩も優しいので、業務を進めるうえで分からないことやデザインで悩んでいることについて気軽に相談できます。
質問をしても嫌な顔をせず、丁寧にひとつずつ分からないことを教えていただけますし、デザインについてのアドバイスもいただけるので、そのたびに勉強になっています。おかげで、先輩に声をかけにくくて質問できないまま、仕事が進められない…という状況にならずに仕事ができています。

―デザイナーとして働くうえで、楽しさややりがいは何ですか?

自分でデザインしたものが実際に使われた時に、特にやりがいを感じます。

特に、苦労して作り上げたバナーが初めて不動産☆連合隊に掲載されたのを見た時は、やりきった達成感で胸がいっぱいになりました。ランディングページのデザイン作成などの難しい案件は、まだまだ先輩の力を借りていることがほとんどなので、申し訳ない気持ちになりますが(笑)、それでも、無事にやり遂げたときにはホッとします…!

また、お客様に自分のデザインを気に入っていただけたり、お礼を言っていただけた時もとても嬉しく、「次も頑張ろう!」という気持ちが湧いてきます。

学生の皆さんにメッセージをお願いします

『何事もやってみたいと思ったら迷わずやってみること、行動すること』が大事です!

というのも、私自身が大学生の頃、単位が心配で積極的に何かのプロジェクトに参加するタイプではなかったからなんです。今になってから、もっと挑戦してみればよかったなと思い返すことが多々あります。なので、みなさんも今やってみたいことがあれば、あれこれと思いとどまるより、まずは積極的に動いてみてください。

私も、今では自分の好きなことに関してのチャレンジならどんどん積極的にやっています(笑)
就活でも、たとえ何社か落とされても、どんどん動いていればいずれは自分に合った会社に出会えると思います!それがラルズネットだと嬉しいですね。

工藤 はるか プロフィール

【略歴 】
青森県出身。公立はこだて未来大学 システム情報科学部 情報アーキテクチャ学科 情報デザインコース卒業後、2019年ラルズネットへ新卒入社。現在函館オフィス勤務。

【好きなこと】
ゲーム、絵を描くこと、睡眠(笑)

▶他の新卒入社メンバーのインタビューはこちら

株式会社ラルズネット's job postings

Weekly ranking

Show other rankings