1
/
5

産休育休を2回も取ったママさんエンジニアのお話

はじめまして。プロトソリューション東京支社の嘉陽田です。
データベースエンジニアをやっています。今回は私の自己紹介をしたいと思います。


入社から現在までの略歴

2013年9月に沖縄本社に未経験で入社しました。

プロトソリューションはIT未経験も募集していましたし、教育カリキュラムが充実している印象でしたので入社を決めました。
入社後は、Web開発チームに配属され約1年間プログラマーとしてWebサイトの運用保守を担当しました。
そして、データベースに興味を持ち始めたことをきっかけに移動を希望して、2015年7月からDBAチームへ配属となりました。プロトグループにて運営している大規模Webサービスのデータベース(ORACLE EXADATA)運用、改善業務を行っています。
今ではチームの中は経験も長くなり、システムのバージョンアップやデータメンテナンスなども担当した為、技術でチームをリードしようと心がけています。


仕事内容、業務について

データベースエンジニアとして、ORACLE EXADATAの運用保守を約5年間担当しています。
その間に産休育休を2回頂きました。産休育休については後にお話しします。

DBAチームでは、テーブル追加やデータ更新といった定常業務からSQLチューニング、バンドルパッチ適用、テーブル再作成といったメンテナンスや改善も行っています。障害対応としては、データベースのフェイルオーバーも何度か発生させてしまい復旧に苦労したけれど、そのたびにちゃんと原因を突き止め対策もしてきました。
そして、2020年にはEXADATAリプレイスも経験しました。
移行作業は他社に依頼したのですが、ORACLE EXADATAには、プロトグループで扱う40弱という多くのサービスが乗っていますので、最初はどうやってプロジェクトを進めようかと途方に暮れていました。
が、定期的にアプリケーション開発のメンバーと定例会を実施して、それぞれの切り替え方法やデータ移行、テストなどについて細かく調整をかけて準備を行いましたので、特に大きな事故を起こすことなく無事リプレイスを終えることができました。
プロジェクトを完遂することができたのは、チーム一丸となって推進したからだと感じています。

プロトソリューションは、新しい分野に挑戦が出来る環境なのでやりがいを感じる機会が多くあり、充実して業務に取り組めています。
最近では、技術広報のお仕事にも携わっています。
Qiitaを始めてみたり、Wantedlyを始めてみたり。今後はテックブログを構築してLTや勉強会も定期的に開催するが目標です。
勉強会は、今までも不定期で実施していたのですが、
定期的に開催してその内容を社内外にアウトプットしていきたいです。

情報や人は発信する人に集まりますし、発信することで人とつながること事ができますし何より楽しいですよね。
楽しく仕事ができることは幸せだなと思います。


結婚から産休育休まで

DBAチームに配属されてしばらくは沖縄本社で働いていましたが、2年目に結婚を機に沖縄本社から東京支社へ勤務地を変更しました。
DBAチームはもともと沖縄と東京との2拠点からなるチームでしたので、チームも変わることなく移動することができました。

DBAチームに配属され3年目に妊娠しました。チームは本来3人体制なのですが、1人目を妊娠した当時はメンバーが少なく私と後輩の2人だけでした。後輩に業務を教えつつ私がチームを回していた状態だったのですが、メンバーも少なく思うようにレクチャーが進まなかった事もあり、産休に入る前までにすべての業務を教えることは出来ませんでした。。なので、私が産休中はチームの業務をこなすため、当時の上司が業務を対応してくれました。自ら案件進めてくれたり後輩に仕事を教えてくれたり。DBAチーム以外の自分の仕事もこなしつつチームも運営してくれたので、当時の負担が大きかったのではないかと思います。それでも私にはしっかり休みを取らせてくれたので本当に感謝しています。ありがとうございました。


産休育休明けて、また妊娠・・

復帰後は保育園のお迎えがある為、時短勤務で復帰しました。チームにはもう1人メンバーも加わり復帰後に残業することはありませんでした。会社自体残業少なめの方針なのですが、緊急作業等でどうしても残業が必要な場合は、有難いことに他メンバーで吸収してくれています。ただ、復帰した年は先ほどご紹介したEXADATAリプレイスという大型案件もありましたので、チーム全体が多忙な日々が続いていました。

そんな中、なんと、2度目の妊娠が発覚。。つわりも少なく体調は問題なくリプレイスも無事終えることが出来ましたが、またお休みをいただくことになりチームには申し訳なく感じていました。ですが、派遣さんを1人追加することが決まり、私はまた産休育休に入ることができました。チームメンバーも嫌な顔もせず快く受け入れてくれました。


産休育休明けは、また時短勤務で復帰

2度目の育休後は保育園のお迎えがあるので、また時短勤務で復帰しました。チームは、私の代わりに入った派遣さんも継続して働くことになり、メンバーも全員で5人に増えたので、業務を分散させられるチームとなっていました。しかもいつでも早退(子供のお熱で呼び出しとか)できるように緊急性を伴う案件からも外してもらいましたので、安心して仕事をすることが出来ています。有難いですね。こんなに優遇してくれて会社や上司・チームには感謝の気持ちでいっぱいです。皆さん本当にいつもありがとうございます。


これから挑戦したいこと

今後はデータベースのスキルを軸に、AWS等のクラウド技術やデータ基盤やBIといった知識を習得し、データを自由に使いこなせるエンジニアとなって、ビジネスや社会に貢献したいと考えています。

プロトソリューションは「生産人口の減少問題をデータとAIで解決する」を企業目標としています。
私もデータを活用するエンジニアを目指していますので、会社の方針とマッチングしているかなと思っています。
プロトソリューションは、希望すれば何にでも挑戦させてくれますし、また上司もフォローしてくれる環境があります。
過去に仕事で失敗をしたり落ち込んだり行き詰ったりした事もありましたが、上司にフォローして頂いたので何とか乗り越えることができました。失敗したら上司が責任とってくれる環境があるので何にでも挑戦できる会社だと思います。(←これ上司には大きな声で言えないですけどね笑)

私自身まだまだ未熟なところもありますが、上司の背中を見て学んだことを今度は私が見本となって、後輩たちに伝えていきたいと思います。

株式会社プロトソリューション's job postings
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings