1
/
5

【中途社員インタビュー】『お客様ともっと向き合いたい』大手ハウスメーカーからの転職を決意した理由とは・・?

こんにちは!プロパティエージェントの市川です。今回は2020年にアセットプランニング部に中途入社された金井さんにインタビューをしました!前職でのご経験にも注目です!👀ぜひご覧ください😊

Q1.前職はどのようなお仕事をされていましたか?

大手ハウスメーカーで、2年半実需用不動産を販売していました!それはもうゴリゴリの不動産会社で(笑)、営業職としての基礎を学びました。

Q2.転職しようと思った理由はなんですか?

理由は2つあって、1つ目が「働き方」ですね。就業日は朝から晩まで、とにかく働き続ける!という風土の会社だったので、平日に友人と軽く食事することもままならないくらい、プライベートの時間が取れませんでした。そういった働き方を続けていると、休日もなかなか切り替えられず、気持ちが休まらないことが増えて、転職を考えました。昇格すればするほど忙しくなっていくので、キャリアビジョンが見えなかったことも大きな理由ですね。

2つ目が「営業スタイル」です。前職では、販売部門とその後のアフターフォロー部門が完全に分けられていました。自分が戸建てをお客様に販売した後の事は、全てアフターフォロー部門の人が担当することになっていたので、「お客様がその後どうなったのか」が自分ではわからず、フォローができない・関係性を深めていけない点が自分とはマッチしていないと感じて、転職を決意しました。

Q3.プロパティエージェントに入社を決意した理由はなんですか?

入社を決意した理由は色々ありますが、まずは転職を考えるきっかけになった「営業スタイル」がマッチしていると感じたからですね。プロパティエージェントはアポイント~ご契約~アフターフォローまでを自分で担当できるので、お客様のその後もキチンとサポートできます。お客様と関係性を深めていけるこの営業スタイルは、まさに自分が求めていたものでした。あとは①会社に勢いを感じたこと ②社員のモチベーションが高いと感じたこと ③しっかり稼げる=結果で評価してもらえること、これら3つが決め手でした!

Q4.入社後、ギャップはありましたか?

働き方と服装は、良い意味でギャップがありました!
働き方については、入社前は「前職とそこまで変わらないだろうな・・」と思っていました。ところが、入社してみると、本当にオンとオフのメリハリがはっきりあって、定時に上がっても何も言われない(笑)。これが驚きでした。その代わり、自分から成果を追い求めていく姿勢を持って、行動しないとだめですけどね。でも、言われたからやる、という状態より今の風土の方が自分には合っていると感じています。

また、服装はかなり衝撃的でした・・!前職もそうですが、不動産営業と言えばとにかくスーツだと思っていたので、男性も女性も各々の服装を楽しんでいることは驚きました。もちろんオフィスカジュアルの範囲内ではありますが、それでも自由度が高い点は良いギャップでした。

Q5.最後に、今後プロパティエージェントでどうなっていきたいですか?

まずは主任に昇格したいと思っています。そして、来年中にはクローザーになる。ゆくゆくはマネジメントにも携わりたいと思っています。自分から動く姿を見せて、全員モチベーションMAXで、楽しく結果を出して働けるチームを作れる、そんな人材になりたいですね。

そういうキャリアビジョンを描けているのは、今の上長であるグループ長たちが、無駄がなく、成果の為に、お客様の為に、逆算して行動ができていて、素直に「こんな風になりたい」と思える存在だからです。身近にリスペクト出来る人がいることは自分のモチベーションにもなっているので、目の前のことを一つ一つクリアして、早く追いつけるように頑張ります!

ーーー金井さんの今後のご活躍に大注目です😊ーーー

プロパティエージェント株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more