Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

この会社に合うのは、「面倒臭いこと」にも向き合える人。インターン生2人が語る“愛ある”ポジウィル#2

こんにちは。広報のひーやんです!

突然ですがみなさんには、心から自分のことを思ってくれる存在はいますか?厳しく叱ってくれたり、「あなたなら大丈夫」と信じて何かを託してくれたり。人はきっと、誰かの愛によって動くと思うんです。

今回の社員インタビューでは、「愛」を感じる瞬間がなんども訪れました。第2回の主人公は、この春にポジウィルを卒業したインターン生の「りこ」こと石橋莉子と、「うま」こと中馬美穂。彼女たちの成長の軌跡とともに、ポジウィルに溢れる愛をお伝えします。

自分はこの先どう生きるべきか?人生に向き合えたインターン

ひーやん:2人とも、卒業おめでとうございます!インターンを振り返ってみてどうでした?

中馬美穂(うま):二松学舎大学 4年 カスタマーサクセスを担当。

うま:「人の人生」に関わるサービスを展開しているからか、自分のキャリア設計もめちゃめちゃ考えるようになりました。ユーザーさんが成長する姿を見たり、プロのキャリアカウンセラーのメンバーと1on1をしたり。「自分は今後どうしたいんだろう」と内省する機会が多かったです。まるで「ゲキサポ!キャリア(以下、ゲキサポ)」を受けている感覚でした(笑)。

石橋莉子(りこ):東京外国語大学・4年・ユーザーリサーチ、ファイナンス周り、法務、管理など幅広く担当した。

りこ:「仕事とプライベートは、切り離せない」と感じました。ポジウィルは、プライベートの話をオープンに話すんです。家での過ごし方や、恋人の話など何でも聞かれる。最初は少し抵抗があったんですけれど、メンバーとの1on1で深掘りしていくうちに、仕事に力を注げない時は、プライベートに原因があると気づいたこともありました。どちらも大切にしていこうと思えたのは大きかったですね。

ひーやん:私も、入社初日に「ひーやん、恋人いるの?」と聞かれて驚きました(笑)。仕事とプライベートを分けて考えてしまう人は多いけれど、両方含めて自分の人生ですからね。

役職ではなく、“その人”を見て任せてくれる

ひーやん:2人はポジウィルでは、どんな業務をしていたんですか?

うま:去年の6月に入社して、CSとバックオフィスを担当していました。ユーザーさんの問い合わせ対応や顧客満足度の調査、請求書の処理や業務委託の報酬の計算など。入社前は、数百人から数千人規模の会社でインターンをしていたので、「ここは本当に会社なのだろうか……」と最初は戸惑いました(笑)。当時、社員とインターン合わせて6人でしたしね。

ひーやん:それは戸惑いそう……(笑)。大企業とポジウィルはどんな違いがありました?

うま:仕事や目標も自分で作る必要がありました。前の会社でインターンをしていた時は、自分の業務が最初から決まっていましたし、目標は与えられて当たり前。でも、ポジウィルは業務も全く決まっていなかったので、会社が注力すべき事業を見ながら、足りないところを埋めていきました。自らできることを探す大切さを学べましたね。

りこ:私もうまさんと同じように、会社のフェーズに合わせて自分で仕事を見つけていきました。去年の5月に入社して、最初は「そうだんドットミー」のリリース後、ウェブサイトを使っていただいた方にユーザーリサーチをかけてペルソナの明確化やUXの改善を行っていました。その後は資金調達に向けた動きが出始めたので、めいさん(代表・金井芽衣)とともに投資家とのやり取りや投資家向けの資料作りなど、めいさんのアシスタントとして動いていました。秋には比較的高額な「ゲキサポ」がローンチされたので、契約や取引でトラブルが起きないように、法務回りの整備のお手伝いをしていました。

ひーやん:会社の状況を見ながら、「自分にできることは何か」を考える力が問われそうです。

りこ:そうですね。「やりたい」と言った仕事は任せてくれるので、自分で仕事を作る姿勢は欠かせないと思います。学生の私にも責任のある仕事を任せてくれて、投資家や弁護士など、普通に大学生活を送っていたら出会えないような人たちと一緒に仕事ができたのは貴重な経験でした。役職ではなく、“その人”を見て任せてくれるのは、ポジウィルのいいところだと思います。

メンバーとの写真

「3人ならできる」そう言って任せてくれた就活生向けイベント

ひーやん: 役職問わず、「任せてくれる」雰囲気はありますよね。

うま:一番印象的だったのが、去年の12月に私とりこさんとひょんぎ(インターン・安顕基)で企画運営をした就活生向けイベントです。「3人ならできるよ、大丈夫!」と、めいさんが任せてくれました。

ひーやん:それは嬉しいですね。どんなふうに進めたんですか?

うま:3人で話し合いながら、イベントのコンセプトや流れを決めていきました。私自身、就活をしていて、周囲にキャリアの相談ができる学生が少ないと感じていたので、参加者がじっくり相談ができる会にしたいと考えていたんです。人数が多いと一人ひとりときちんと話せませんから、10人程度の規模で開催しました。

就活生向けイベントの様子

りこ:当日は、自己分析の方法や業界の選び方など、自分たちの経験を話した後に、自己分析のワークをやりました。自分の強みを付箋に書き出して、それに紐づくエピソードを考えてもらって。ESの添削もしていきましたね。学生の自分だから伝えられることを意識して、取り組んでいきました。

ひーやん:イベントを企画してみて、どうでした?

うま:自分の意思を持って、みんなで作り上げていく過程がとても面白かったです。何よりも、私たちを信じてイベントを託してくれて、嬉しかった。めいさんには、感謝しかありません。

りこ:ポジウィルは役職にかかわらず、手を挙げれば信頼して任せてくれますし、意見も汲み取ってくれます。変な根回しに神経を使わなくていいし、純粋に「期待に応えたい」と思って取り組めるから、仕事に向かう気持ちの純度が高かったですね。

自分の考えは全部バレている(笑)周囲のことを、しっかり見てくれる環境

ひーやん:ポジウィルの社風は、どんなところが魅力的だと思いましたか?

りこ:一人ひとりのの課題に解決の糸口が見つかるまで向き合ってくれるところです。ポジウィルは、めいさんを筆頭に、思ったことをきちんと伝えてくれる人が多い。「この人のここが良くない」と感じたら、裏も表もひねりもなく、はっきりと言ってくれます。

ひーやん:例えば?

りこ:めいさんの、「りこは、もっと自分の影響力を知りなさい。」という言葉が印象的でした。私、人と愛想よく付き合うことがすごく苦手で、物言いもキツくなってしまうし、感情がすぐに顔に出てしまうんです。

入社したばかりの頃は、組織としても抜け漏れだらけ。不満が募って、ムスッとしながら仕事をしていました。そんな時に、「不機嫌そうに仕事をしていたら会社の雰囲気が悪くなる。周りの人たちも余計なことに気を使ってしまうし、全体のパフォーマンスが落ちてしまうよ」と叱ってくれて。

思わず、ハッとしましたね。徐々に、周りの人と楽しく仕事にあたるためにはどうすれば良いのかを考えるようになりました。人によって伝え方を変えたり、相手の意見を汲み取った上で自分の考えを伝えたり。最近「やっと丸くなったね」って言ってもらえました(笑)。

ひーやん:うまさんは?

うま:思考の癖を指摘されます。私は目的を達成するまでの道筋を立てるのが得意なのですが、同時にどんな困難があるのかが見えてしまうんです。なので、つい困難を避けようとしてしまう。そんな私の癖を見抜いて、「困難にきちんと向き合わないと意味がないよ」と口に出して指摘してくれたメンバーがいました。ありがたいですよね。すごく良く見てくれているんだなって。

ひーやん:嬉しいですね。でも、人によっては「指摘を受け入れない」という選択もあると思うんです。どうして指摘を受け入れようと思えるんですか?

うま:ポジウィルのメンバーは、ユーザーさんにも同じように言いにくいことをしっかり指摘します。指摘に向き合った結果、ユーザーさんは自分のビジョンを見つけて、希望通りに転職していくんです。その姿を間近で見られたのはとっても大きいと思います。

しかも、ユーザーさんや私たちに言うだけでなく、自分自身も困難と向き合っている人が多い。この人たちについていけば大丈夫という確信が生まれるんです。

りこ:私は、愛情が伝わってくるからですね。先輩たちはしばしば「みんなを社会に出しても恥ずかしくない人間にしたい」と言ってくれる。厳しい指摘も、根底に愛があるからなんだなって。ここまで人のことを考えて真剣に向き合ってくれているのに、「変わらない」という選択肢はないと思えます。

うま:少なからず考えていることを、みんな指摘してくれるんですよね。

りこ:そうそう。「バレている〜」って(笑)。それだけ、周囲のことをしっかり見てくれているんだなと思います。

金井との1on1

「面倒臭いこと」にも向き合える人なら、この環境を楽しめる

ひーやん:2人は、どんな人がポジウィルに合うと思いますか?

うま:「自分は十分に成長した」と思っている人こそ、入社したら面白いかもしれませんね。キャリアの可能性についても考えられますし、課題を徹底的に指摘してくれます。指摘を受けた「できないところ」は、成長の種でもある。自分の人生の可能性を広げたい、もっと大きく成長していきたいという気持ちがある人はとても向いていると思います。

りこ:私は「面倒臭いこと」にも向き合える人が合うと思います。人のキャリアに向き合うのは、すごくパワーがいること。自分の一言が相手の人生を左右するかもしれませんから、一人ひとりに心をつくす必要があります。でも、面倒なことから逃げずに向き合える人たちには純粋で透明なパワーがある。そんな力のある人だったら、この環境を最高に楽しめるのかなって。そう思います。

ひーやん:ありがとうございます。2人とも、お疲れ様でした!

ポジウィル株式会社's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more