1
/
5

今だから語れる、新サービス『LabBase X(ラボベース クロス)』誕生秘話

2019年3月25日、POLは新サービス『LabBase X(ラボベース クロス)』をローンチしました。

これらは、これまでベータ版としてクローズド提供していた研究者プラットフォーム『LabBase R&D』の正式プロダクト版。より産学連携を加速できる機能を拡充し、本格リリースを果たしました。

この事業が誕生した背景やこれまでの道のり、詳しいサービス内容について、事業責任者の田中育さんに話を聞いてみました!

大学院を休学して上京。新規事業の立ち上げにインターン生として参画

――田中さんは前身である『LabBase R&D』の立ち上げから携わってきました。そこにはどんな経緯があったんですか?

去年5月に地方学生のインターンとしてPOLに入社し、その2ヵ月後に大学院を休学して上京。本社勤務になったんですが、そのタイミングで代表の加茂さんから「新規事業を一緒にやらないか」と声をかけられまして。加茂さんと開発責任者の岡田さん、僕の3人でスタートしました。

僕自身はもともと、研究者を志していた理系学生。「世界レベルで活躍する研究者が資金繰りに注力している」というアカデミアの現状に愕然としたことが、POLへジョインするきっかけとなりました。そんなプロフィールが「産学連携を加速させる研究者プラットフォーム」という事業コンセプトに合致したのだと思います。

約30社の企業ヒアリングからスタート!見えてきたのは、知られざる産学連携への課題

――正式リリースまでの約半年間、具体的にはどのような活動をしてきましたか?

サービスに興味を持ってくださった約30社の企業にヒアリングを重ね、ニーズに沿った研究者とのマッチングをマンパワーで行ってきました。企業規模は大手からベンチャーまで、業種はヘルスケア・不動産・IT・商品メーカー・広告代理店と実にさまざまでしたね。

このプロセスの中で分かった、「企業側が研究者探しに苦戦してしまう理由」は主に2つありました。

1つ目は、探す手段が限られていること

論文やホームページなどでしか情報を知ることができず、その結果、有名な研究室・研究者に連携先が集中してしまう。人柄や価値観の不一致が原因で連携が解消されてしまう、ということが日常的に起こっています。

2つ目は、アカデミアには関心があるものの、研究領域の知見がなく、研究室に対して具体的なアプローチができないこと

「将来の安定を見据えて、既存事業以外の研究開発も進めたいが、どこから手をつけていいか分からない」という声も多く聞かれました。

――それらの課題に対して“POLだからできる”解決策は見出せましたか?

「より精度の高いマッチング」に関しては、全国にいる学生インターンのネットワークを駆使しました。一般的に情報公開されていなくても、優秀な研究者は地方にもたくさんいます。その研究者たちとオフラインで接している学生たちに評判を聞き、信憑性のある情報として各企業とのマッチングに一役買っています。実際「POLにしか集められない情報だね」と喜ばれることも多々ありましたね。

それと、特に立ち上げ当初、僕自身が経験則で「こういうテーマの研究にはこの先生が良いかも」というようなアタリをつけられたのも前進する起爆剤になりました。この事業に関わっている理系学生は、大なり小なりこういったアドバンテージがあると思うので、それも強みの1つかもしれません。

「研究領域の可視化」については、リサーチ支援を担う博士課程在籍者や修了者などの専門部隊がマップを作成中です。企業側が産学連携の起点を「どの研究者を探すべきか」から「どういう事業を作っていくべきか」にシフトできるような、そんな資料作りを目指しています。


企業と研究室を本質的に“クロス”させるのがPOLの役割

――改めて『LabBase X』のコンセプトを教えてください。

企業と研究室のビジョンをクロスさせながら、ミッション実現へのサポートをすることです。X(クロス)という名前は、このコンセプトに直結しています。

この半年で知ったのは、両者のミッションやビジョンが平行線のまま、研究開発を進めてしまうケースが数多く存在するということ。

例えば「研究室は企業の受託先」つまり上下関係のあるような環境で共同研究をしても、連携する本当の価値はなかなか見出せないと思うんです。これでは、日本国内でのオープンイノベーションが起きづらくなる。そんな状況をPOLが介在することで変えていきたい、そんな思いもあります。

――ベータ版である『LabBase R&D』との大きな違いはなんですか?

体制や仕組みが整い、これまで一部の企業にしかご利用いただけなかったサービスが、全企業に対してオープンになったこと。

加えて、日本国内約29万人の研究者をデータベース化したことで、一元的な検索が可能になったことです。既存で公開されている論文や特許、研究情報だけでなく、研究室や研究者議論会などにも足を運び、そこで得た鮮度の高い情報を常に付加しています。

ユーザーは、研究者の最新の研究や自身の意欲、今後の関心領域などに触れることができます。

次世代の研究者たちに希望を与えることも、アカデミアに必要な要素の1つ

――アカデミアの課題を感じてPOLにジョインし、今年1月には正社員となった田中さんですが、現在「仕事を通して課題に立ち向かっている」という実感はありますか?

この『LabBase X』はいわば「社会に対して研究室をオープンにする」事業。アカデミア全体に対して非常に意義のある業務に関わっていると感じています。僕にとってはお金を払ってでもやりたいぐらいの仕事です。

『LabBase X』は、企業・研究者のマッチングを主目的としていますが、そこにリサーチャーとして関わる博士課程在籍者や修了者たちにも活躍の場を与える仕組みになっています。

彼らはもともと既存事業である『LabBase』の登録者。研究で多忙を極める一方、夜はコンビニなどのバイトをしながら生計を立てています。

この業務をアウトソースすることは、彼らの生活の一助になるだけでなく、やりがいや将来への希望も与えています。リサーチやコンサルティングを通じて「自らの研究が社会にどう活かされていくのか」を肌で実感できるわけですから。

こうして次世代の研究者に貢献できていることにも、この上ない充実感を感じています!


――田中さん、ありがとうございました!

高みを目指して、一緒に成長できる仲間を募集中!

POLにはカルチャーに共感する仲間が集まり、常に高い目標を掲げて成長を続けています。現在、複数の職種にて、共に働く仲間を募集中!少しでも興味を持ってくださった方、まずは1度気軽にお話してみませんか?


新規事業営業
産学連携を加速させるプラットフォームを開発!新規顧客獲得を担う営業を募集
◆研究関連市場をテクノロジーで革新する”LabTechスタートアップ”のPOL 「研究室×IT=LabTech」の領域で事業を展開するPOL。 世界を革新してきた多くのイノベーションが研究室発端という事実から、まずは科学の発展に重要な人材が多く潜む研究室に注目し、より優秀な研究者の可能性を最大化できる世の中にしようと想い2016年9月に創業しました。エムスリーが医療領域で事業群を構築したように、POLは研究領域で事業群を構築していくことを目指しています。 (1)LabBase(ラボベース) https://labbase.jp/ 学生がデータベース上に自分の研究内容やスキルを書きこむだけで、 企業からのスカウトを受けられるという理系に特化したダイレクトリクルーティング型の就活サービス ※TV CM放映実績あり https://www.youtube.com/watch?v=y43W0Lm5kQo 2021年6月時点で、登録学生数約4万人、利用企業数400社を突破し 2017年2月のサービス開始から4年足らずで「日本最大級のシェアを誇る理系学生の採用サービス」になっています。 (2)LabBase Now (ラボベース ナウ) https://now.compass.labbase.jp/ オンラインイベントプラットフォーム 理系学生とオンラインで気転に出会える様々なイベントを企画・運営しており、すでに参加学生2,000名・現在利用企業は200社を超え、イベント経由の内定者も続出しており、『LabBase』に続く第二のプロダクトとして急成長中です。 (3)LabBase plus (ラボベース プラス) https://plus.labbase.jp/ 技術者/研究者向けのダイレクトスカウトサービス 第二新卒・中途向けのキャリアプラットフォームとして、機械学習・深層学習など社会の発展に欠かせない先端技術系の知見を有したトップ人材の最適配置を支援しています。 すでにCxOクラスの内定者やエンジニアの入社者を創出する実績も出しています。 今後は新卒領域に加えて、提供価値の幅を広げて、理系人材のキャリアプラットフォームとしてサービスを展開していく予定です。 2019年にはSpiral Ventures Japan、BEENEXT、Beyond Next Ventures、PKSHA Technology、サイバーエージェントから合わせて約10億円の資金調達を実施し、代表加茂がForbes「アジアを代表する30歳未満の30人(Forbes 30 Under 30 Asia)」へ選出されるなど急成長を遂げる一年になりました。より科学と社会の発展を加速すべくPOLは今、第二創業期に突入しております。 【メディア/TV紹介記事】 ▼Wantedly: これからはエモい会社が勝つ https://www.wantedly.com/hiringeek/interview/rc_kw11/ ▼FASTGROW: コロナ渦でも新規事業で攻めの構え https://www.fastgrow.jp/articles/pol-kamo-okai ▼Forbes:「LabTech」で日本を変える東大発のスタートアップが10億調達した狙い https://forbesjapan.com/articles/detail/29733 ▼日本経済新聞:POL、理系学生の就活をデータベースで強力支援 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53512450Y9A211C1XY0000/ ▼会社noteはこちら 社員の入社エントリーや日々の学びなどを共有しています https://note.com/pollabbase
株式会社POL
新規開拓営業
理系学生の実りある就職活動を支援!自社開発プロダクトのセールス担当を募集!
◆研究関連市場をテクノロジーで革新する”LabTechスタートアップ”のPOL 「研究室×IT=LabTech」の領域で事業を展開するPOL。 世界を革新してきた多くのイノベーションが研究室発端という事実から、まずは科学の発展に重要な人材が多く潜む研究室に注目し、より優秀な研究者の可能性を最大化できる世の中にしようと想い2016年9月に創業しました。エムスリーが医療領域で事業群を構築したように、POLは研究領域で事業群を構築していくことを目指しています。 (1)LabBase(ラボベース) https://labbase.jp/ 学生がデータベース上に自分の研究内容やスキルを書きこむだけで、 企業からのスカウトを受けられるという理系に特化したダイレクトリクルーティング型の就活サービス ※TV CM放映実績あり https://www.youtube.com/watch?v=y43W0Lm5kQo 2021年6月時点で、登録学生数約4万人、利用企業数400社を突破し 2017年2月のサービス開始から4年足らずで「日本最大級のシェアを誇る理系学生の採用サービス」になっています。 (2)LabBase Now (ラボベース ナウ) https://now.compass.labbase.jp/ オンラインイベントプラットフォーム 理系学生とオンラインで気転に出会える様々なイベントを企画・運営しており、すでに参加学生2,000名・現在利用企業は200社を超え、イベント経由の内定者も続出しており、『LabBase』に続く第二のプロダクトとして急成長中です。 (3)LabBase plus (ラボベース プラス) https://plus.labbase.jp/ 技術者/研究者向けのダイレクトスカウトサービス 第二新卒・中途向けのキャリアプラットフォームとして、機械学習・深層学習など社会の発展に欠かせない先端技術系の知見を有したトップ人材の最適配置を支援しています。 すでにCxOクラスの内定者やエンジニアの入社者を創出する実績も出しています。 今後は新卒領域に加えて、提供価値の幅を広げて、理系人材のキャリアプラットフォームとしてサービスを展開していく予定です。 2019年にはSpiral Ventures Japan、BEENEXT、Beyond Next Ventures、PKSHA Technology、サイバーエージェントから合わせて約10億円の資金調達を実施し、代表加茂がForbes「アジアを代表する30歳未満の30人(Forbes 30 Under 30 Asia)」へ選出されるなど急成長を遂げる一年になりました。より科学と社会の発展を加速すべくPOLは今、第二創業期に突入しております。 【メディア/TV紹介記事】 ▼Wantedly: これからはエモい会社が勝つ https://www.wantedly.com/hiringeek/interview/rc_kw11/ ▼FASTGROW: コロナ渦でも新規事業で攻めの構え https://www.fastgrow.jp/articles/pol-kamo-okai ▼Forbes:「LabTech」で日本を変える東大発のスタートアップが10億調達した狙い https://forbesjapan.com/articles/detail/29733 ▼日本経済新聞:POL、理系学生の就活をデータベースで強力支援 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53512450Y9A211C1XY0000/ ▼会社noteはこちら 社員の入社エントリーや日々の学びなどを共有しています https://note.com/pollabbase
株式会社POL
経営企画
代表直下のポジションで活躍できるポジション|一人目の経営企画メンバー募集!
◆研究関連市場をテクノロジーで革新する”LabTechスタートアップ”のPOL 「研究室×IT=LabTech」の領域で事業を展開するPOL。 世界を革新してきた多くのイノベーションが研究室発端という事実から、まずは科学の発展に重要な人材が多く潜む研究室に注目し、より優秀な研究者の可能性を最大化できる世の中にしようと想い2016年9月に創業しました。エムスリーが医療領域で事業群を構築したように、POLは研究領域で事業群を構築していくことを目指しています。 (1)LabBase(ラボベース) https://labbase.jp/ 学生がデータベース上に自分の研究内容やスキルを書きこむだけで、 企業からのスカウトを受けられるという理系に特化したダイレクトリクルーティング型の就活サービス ※TV CM放映実績あり https://www.youtube.com/watch?v=y43W0Lm5kQo 2021年6月時点で、登録学生数約4万人、利用企業数400社を突破し 2017年2月のサービス開始から4年足らずで「日本最大級のシェアを誇る理系学生の採用サービス」になっています。 (2)LabBase Now (ラボベース ナウ) https://now.compass.labbase.jp/ オンラインイベントプラットフォーム 理系学生とオンラインで気転に出会える様々なイベントを企画・運営しており、すでに参加学生2,000名・現在利用企業は200社を超え、イベント経由の内定者も続出しており、『LabBase』に続く第二のプロダクトとして急成長中です。 (3)LabBase plus (ラボベース プラス) https://plus.labbase.jp/ 技術者/研究者向けのダイレクトスカウトサービス 第二新卒・中途向けのキャリアプラットフォームとして、機械学習・深層学習など社会の発展に欠かせない先端技術系の知見を有したトップ人材の最適配置を支援しています。 すでにCxOクラスの内定者やエンジニアの入社者を創出する実績も出しています。 今後は新卒領域に加えて、提供価値の幅を広げて、理系人材のキャリアプラットフォームとしてサービスを展開していく予定です。 2019年にはSpiral Ventures Japan、BEENEXT、Beyond Next Ventures、PKSHA Technology、サイバーエージェントから合わせて約10億円の資金調達を実施し、代表加茂がForbes「アジアを代表する30歳未満の30人(Forbes 30 Under 30 Asia)」へ選出されるなど急成長を遂げる一年になりました。より科学と社会の発展を加速すべくPOLは今、第二創業期に突入しております。 【メディア/TV紹介記事】 ▼Wantedly: これからはエモい会社が勝つ https://www.wantedly.com/hiringeek/interview/rc_kw11/ ▼FASTGROW: コロナ渦でも新規事業で攻めの構え https://www.fastgrow.jp/articles/pol-kamo-okai ▼Forbes:「LabTech」で日本を変える東大発のスタートアップが10億調達した狙い https://forbesjapan.com/articles/detail/29733 ▼日本経済新聞:POL、理系学生の就活をデータベースで強力支援 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53512450Y9A211C1XY0000/ ▼会社noteはこちら 社員の入社エントリーや日々の学びなどを共有しています https://note.com/pollabbase
株式会社POL
バックエンドエンジニア
アカデミアの課題を解決するインパクト大のサービス開発!エンジニア募集
◆研究関連市場をテクノロジーで革新する”LabTechスタートアップ”のPOL 「研究室×IT=LabTech」の領域で事業を展開するPOL。 世界を革新してきた多くのイノベーションが研究室発端という事実から、まずは科学の発展に重要な人材が多く潜む研究室に注目し、より優秀な研究者の可能性を最大化できる世の中にしようと想い2016年9月に創業しました。エムスリーが医療領域で事業群を構築したように、POLは研究領域で事業群を構築していくことを目指しています。 (1)LabBase(ラボベース) https://labbase.jp/ 学生がデータベース上に自分の研究内容やスキルを書きこむだけで、 企業からのスカウトを受けられるという理系に特化したダイレクトリクルーティング型の就活サービス ※TV CM放映実績あり https://www.youtube.com/watch?v=y43W0Lm5kQo 2021年6月時点で、登録学生数約4万人、利用企業数400社を突破し 2017年2月のサービス開始から4年足らずで「日本最大級のシェアを誇る理系学生の採用サービス」になっています。 (2)LabBase Now (ラボベース ナウ) https://now.compass.labbase.jp/ オンラインイベントプラットフォーム 理系学生とオンラインで気転に出会える様々なイベントを企画・運営しており、すでに参加学生2,000名・現在利用企業は200社を超え、イベント経由の内定者も続出しており、『LabBase』に続く第二のプロダクトとして急成長中です。 (3)LabBase plus (ラボベース プラス) https://plus.labbase.jp/ 技術者/研究者向けのダイレクトスカウトサービス 第二新卒・中途向けのキャリアプラットフォームとして、機械学習・深層学習など社会の発展に欠かせない先端技術系の知見を有したトップ人材の最適配置を支援しています。 すでにCxOクラスの内定者やエンジニアの入社者を創出する実績も出しています。 今後は新卒領域に加えて、提供価値の幅を広げて、理系人材のキャリアプラットフォームとしてサービスを展開していく予定です。 2019年にはSpiral Ventures Japan、BEENEXT、Beyond Next Ventures、PKSHA Technology、サイバーエージェントから合わせて約10億円の資金調達を実施し、代表加茂がForbes「アジアを代表する30歳未満の30人(Forbes 30 Under 30 Asia)」へ選出されるなど急成長を遂げる一年になりました。より科学と社会の発展を加速すべくPOLは今、第二創業期に突入しております。 【メディア/TV紹介記事】 ▼Wantedly: これからはエモい会社が勝つ https://www.wantedly.com/hiringeek/interview/rc_kw11/ ▼FASTGROW: コロナ渦でも新規事業で攻めの構え https://www.fastgrow.jp/articles/pol-kamo-okai ▼Forbes:「LabTech」で日本を変える東大発のスタートアップが10億調達した狙い https://forbesjapan.com/articles/detail/29733 ▼日本経済新聞:POL、理系学生の就活をデータベースで強力支援 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53512450Y9A211C1XY0000/ ▼会社noteはこちら 社員の入社エントリーや日々の学びなどを共有しています https://note.com/pollabbase
株式会社POL
UI/UX Designer
急成長スタートアップで活躍したいUI/UXデザイナー募集!
【研究の可能性を最大化するプラットフォームを創造する】 株式会社POLは、理系の研究生を対象にした人材紹介サービス、研究者向けのメディア運営などを展開している企業です。2016年に設立されたベンチャー企業ですが、既に複数の事業を走らせています。 《提供中のサービス》 ◆LabBase(ラボベース) 全国の理系学生にアプローチできるダイレクトリクルーティングサービス https://labbase.jp/ ◆LabBase X(ラボベース クロス) 共同研究者を大学問わず検索し、コンタクトが取れるデータベースhttps://material.labbase.jp/x/business/ ◆Lab-On(ラボオン) 研究に関わるすべての人を対象にした、研究の未来をデザインするコミュニティメディア https://lab-on.jp/ 【お客様は大手からベンチャーまで多岐にわたる】 サービスが好評をいただき、着実にお客様を増やしてきました。2019年現在で、三菱重工、Amazon Web Services、パナソニック、本田技研工業(敬称略)をはじめとした約120社の企業様にご利用いただいています。また、サービスに登録している研究生は10000人を超えました。 *株式会社POL 公式サイト https://pol.co.jp/ *Forbes Under 30 Asia 2019のHealthcare & Science部門に、注目の若手30名のうちの1名として選出されました。 https://www.forbes.com/under30/list/2019/asia/healthcare-science/#36908dc96c98 *弊社代表加茂がTechCrunch Tokyo 2018 スタートアップバトルにて、バンダイナムコ賞とさくらインターネット賞をダブル受賞した際のプレゼンをご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=LeCFJYE-ldQ
株式会社POL
株式会社POL's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more