Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

「AIで多くのことを解決できるこの時代だからこそ、人の感情やコミュニケーションを大切に。」 #社員インタビュー

こんにちは。株式会社プレート採用担当の川島です。
本日はPLATEのデジタルマーケティング事業部プロジェクトリーダー、田中さんにインタビューして来ました!業界のこと、リーダーとして田中さんが見据える未来等々、業界未経験の私にもわかりやすく説明してくださいました。


ープロフィール

田中 雄太  <Tanaka Yuuta> 
デジタルマーケティング事業部 プロジェクトリーダー
2015年10月にライターアルバイトとしてPLATEに入社。
事業部拡大に伴い営業業務も担うようになり、現在はコンサルタントとして活躍しながらリーダーとしてマネジメント業務にも従事している。


ーPLATEと共に成長、アルバイト入社から事業部のリーダーに

川島:
田中さんの経歴を教えてください。

田中:
はい。実は、高校に入る時点では警察官になりたいと思っていました。そのためには法学部に入る必要があると思って法学部が強い大学の付属高校に入学しましたが、学部選択の時点で法学部ではなく文学部に進みました。小さい頃から何かを作ることが好きで、小説を書いていたこともあって。ただ小説家になるために勉強していましたが途中で時代的にもに文章での限界を感じ始めちゃったんですよね。

その後映画監督を夢見て、専門学校に通いながら友達と映像の自主制作をしていましたが仕事にするのは諦め、ご縁があって保育園に入りました。当時の主な仕事内容は裏方と園児のカメラマンでした。先生をやりながら小説家を目指そうと思っていたのですが、すごく忙しくて休む暇もなく、ライティング1本でやっていきたいという思いからPLATEにライターのアルバイトとして入社しました。

そこから事業部の流れ等あって正社員になりました。僕が入って3年目あたりでサービスがリリースされ、DMを送ったりプロモーション活動をしているうちに営業は僕、という感じになりました。そこからはとにかく案件を回しながら勉強していきました。当時のお客さんから営業スキルを学ばせてもらったりして。コンテンツマーケティングを始めてからはどんどんライターも採用し、事業部がどんどん大きくなっていきました。現在はそこでプロジェクトリーダーを務めています。

川島:
ライターとして入社後に営業、ギャップはなかったですか?

田中:
嫌というのは特になかったです。やはりライティングのみには限界を感じていたこともあって...SEOは始め全然わからなかったんですがだんだんと順位が上がり始めて1位が並んだときにはモチベーションはかなりあがりました。

川島:
なるほど。やりがいはどんなところにあるんですか?

田中:
アクセスで1位を取ることではなく結果的にお客さんのためになっていることが1番のやりがいです。例えば専門学校の場合、僕らが書いた記事や戦略立てたページでその学校の入学者が増え、そこで学び、プロになる人がいる。人の人生や世の中を動かしてるんだなと思うと嬉しいです。

川島:
なるほど…まさにプレートのミッションである「世界中の志を加速させる」につながっていますね!