1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

寿司打が追い付かないほどタイピングが速い!?CTO「typer」さんの面白くて天才的な経歴を徹底調査してきました

みなさまこんにちは!
ピックアップ株式会社で採用を担当している道上です。
本日はCTOの「typer」さんに取材してきました。
どういう由来のあだ名なんだろうとずっと疑問に思っていたのですが、
そこもしっかり聞き出すことに成功しました...!!

これからエンジニアとしてのキャリアに悩んでいる方、転職活動中の方にぴったりの記事となっております。
是非ご一読くださいませ〜〜

自己紹介をお願いします♩

筋トレが趣味のtyperさんオフィスの筋トレ機器で気分転換されています☆

名前:中村智将(なかむらともゆき)
あだ名:typer(たいぱー)
年齢:36
出身大学:東北大学 電気情報系
ご職業:ピックアップ株式会社CTOでサーバーサイドエンジニア

まずは、なんでtyperさんと呼ばれているのかお伺いできますか?笑

マスク越しでも常に笑顔なのがわかるtyperさん^^

typerの由来は、そのままですよ。
「タイピングが好きだからです」
毎日パソコン入力コンクールのオンライン予選で全国1位になったこともあります。

タイピングの速さで楽しむ「寿司打」というゲームの結果。しかも高級1万円コースです。
参考までに、タイピング中の下の道上がやったところ、1900円しか得しませんでした☆

小学3年生の時には家にPCがあったんです。キーボードをタオルで隠しながらタイピングを練習し、小6にはタッチタイピングをマスターしていましたね。好きなんです、タイピングが(笑)

中学生以降はネットにつないでいろいろなタイピングゲームをやるようになりました。リビングのPCでやっていたんですが、親からはよくうるさいと言われてキーボードカバーを付けてたんですが打ちすぎて穴が空いてました笑

大学生になってもずっとタイピングしてたんですが、社会人になってからはより速く打つことよりもストレスなく打ちやすい方法を模索するようになって、試行錯誤した結果をまとめてタイピング仲間と同人誌を頒布したこともありました。

タイピングをこんなに愛している人はなかなかいないですよね!
プログラミングに興味をもったのも同じ頃ですか?

タイピングと並行して、中学生になるとプログラミングにも興味を持ち始めました。
最初の頃は、ポケットコンピューターで遊んでいて、初めて動かしたコードは BASIC で二次方程式の解を求めるというものでした。
あとは、フラッシュ暗算をできるようなごくごく簡単なゲームを作ったりしてプログラミング面白いなと当時から思っていたのですが、大学生になるまではずっと
プログラミング<<<<タイピングという構図でしたね(笑)

プログラミングを本格的に学びだしたのはいつからですか?

実用することを意図してプログラミングし始めたのは大学の授業からですね。
基礎のC言語を最初に学んで、選択性のゼミで初歩的な共通鍵暗号を解読するようなプログラムを書いたことがきっかけでプログラミングの楽しさにはまりました。
その後はタイピングに関するプログラムが作れたら面白いなと思って、タイピングゲームの結果をグラフ表示できるような簡単なツールを作ってみたり、タイピングの打鍵数を数えるようなツールを作ったりしてました。当時は自分の作ったもので反応がもらえるのが嬉しかったですね。


社会人になってからはどんな仕事をされてきたんですか?

僕が大学生の頃にニコニコ動画が流行っていたことがきっかけでドワンゴを知って新卒入社しました。
ただ、ニコニコ動画の開発に絶対携わりたいというわけでもなかったので、それを正直に伝えたら着メロ着うたを配信するサービスに携わることになって、入社後4~5年はほぼPHPを使ってサーバーサイドエンジニアとして開発していました。
6年目ぐらいからはマネジメント業務もかなり増えてくるようになって、コードを書く時間はかなり減りましたが、最初は1システムの管理画面を改修するような1メンバーだった自分が、エンジニア以外も含めた複数チームをまたいだバックエンド全体に関する領域に携われたのは良い経験でした。


なぜピックアップにジョインしたのかというと、やはりまた最前線で開発したいなと思ったのが一番ですね。ずっと着うた配信だったので、新しい領域にも挑戦してみたいという気持ちもありました。
そんなタイミングで知り合いの繋がりでたっくん(弊社のCEO)を紹介してもらい、2018年6月にピックアップにジョインしました。
Go言語も GCP もほとんど触ったことがなかったので最初は試行錯誤の連続でしたが、技術的に幅広い領域をカバーしなければいけないこともあり、まさに求めていた環境に身を置くことができたと感じています。
そして、1年ほど前に CTO(最高技術責任者)になり、今はサーバサイドの開発リーダーをしつつ、採用業務やメンバーとの1on1、今後の方向性の検討等エンジニアリングに関する全般を担当しています。

サーバーサイドエンジニアのtyperさんがアプリエンジニアの方にフィードバックするのは難しくないですか?


アプリエンジニアへのフィードバックでは、自走できる優秀なメンバーが揃っていることもあり、技術的な面というより、チーム作りや仕事の進め方について話をすることが多いですね。
今は少数精鋭のチームでやっていて、技術面は個々人で学んだり調べたりしながら補い合っています。
本当に良い人が集まっているので、このメンバーがいかに働きやすい環境を作れるかを考えるのがマネジメントをする上で一番大切なことだなと感じています。

サービスを大きくしていくためにはどんなことが重要になると思いますか?


エンジニアの動きとしては、サーバーサイドの開発をいかに効率よく進めていけるかということ。
チームや会社全体としては、開発しやすい環境を作り、今いるエンジニアと魅力的なサービスを作ることで、エンジニアに興味を持ってもらってジョインしてもらうこと。

今は弊社のCOO蜂谷が何役も担いながら仕事をしてくれていて、圧倒的に時間を使って事業を成長させるための方向性や具体的な施策を考えてくれています。
彼を中心にしたチームで議論をしながらいかに早く施策を繰り出していけるかでサービスの成長速度は大きく変わってくると思いますね。


最後に、どんな人にジョインしてもらいたいですか?


TELLERが好きなことはもちろん、このサービスを本気で一緒に成長させたいという思いがあると嬉しいですね。とんがっている人よりは、周囲のみんなと力を合わせながら仕事をまわしていける方のほうが会うかもしれません。
まずは是非TELLERを読んでいただいて、興味を持っていただけた方はお気軽にメッセージいただければと思います。


ピックアップ株式会社では一緒に働いてくれる仲間を募集しています!



500万DL突破して大きな波にのっている今年度中に、大きく広告をかける予定があります。
もっともっとたくさんのユーザーさんに使ってもらえる時期なのに、とにかく人が足りていません......

・サーバーサイドエンジニア
・iOS/Androidエンジニア
・UI/UXデザイナー
・コンテンツプロデューサー
etc...

「まずは会社の紹介が聞きたい」
「具体的にはどんな仕事をしているの?」
「私でもお手伝いできることはあるかな?」
など、気軽に質問頂ければと思います!

少しでもご興味持っていただけましたら、気軽にご連絡ください^^
現在はオンライン面談で対応させて頂いております〜

ピックアップ株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more