1
/
5

「愛犬と自然の中で暮らしたい」 東京から長野へ移住し、フルリモートで活躍するエンジニアに話を聞いてみた

経歴
マーケティング部 マネージャー エンジニア モリさん
大学卒業後、東京の情報会社に入社し約3年勤務。動物が好きで広大な自然の中で犬と暮らしたいという夢を叶えるため長野県に移住し、エンジニアとしてシステム系企業に転職。社内で使用するシステムの構築/開発を17年間手掛ける。さらなるスキルアップを目指し、2021年9月にTYLに入社。


約17年間勤務した会社を転職しようと思ったきっかけ

前職には約17年間在籍していましたが、会社から認められているという実感を得られた反面、自分自身がその環境に満足したままで良いのか疑問に思う部分がありました。信頼して頂いていた分、自分の能力以上の業務内容を求められることも多く、一つの会社に長くいたこともあってその世界しか知らないこともあり、自身のスキルアップのために環境を変えたいと思いました。

転職先の軸としては、「新しいことが身に着けられること」「今の移住環境を変えなくても働ける会社」でした。その中で、どうせやるなら自分が好きな動物に関わりたいと思い、TYLへの転職を決意しました。

▲自然の中をお散歩する愛犬のアーロンくんとモリさん


多職種が集まるチーム構成

私の仕事内容は、TYLが運営しているwebサイトの改修、社内システムの改修・機能のアップデートなどです。社内から改修依頼がきたものに対して、依頼者とコミュニケーションをとりながら作業を進めていきます。私はバックエンドエンジニアですので、表に見えるデザイン部分は社内のデザイナーの方々が整えてくれます。TYLのエンジニア業務は初めて見るシステムも多いため、一から調べて作り上げることも多いのですが、新たな知見やスキルを身につけられている感覚があるためやりがいにつながっています。

チームは、エンジニアだけで構成されているのではなく、マーケター4名、アシスタント3名、デザイナー3名、エンジニア1名と様々な職種のメンバーが集まっています。※2022年6月現在

週に1度チームでのミーティングや役員とのミーティングはありますが、基本的には作業に集中できる時間が多く確保されていると感じています。


スピード感と裁量権が魅力。最短で翌日にはリリースも可能

TYLの良い点は大きく3つあり、1つ目は作業完了後から世の中にリリースできるまでのスピード感が圧倒的に早いことです。前職では新たな仕組み作りや機能修正をしても、リリースするまでに様々な手続きが発生してしまい、1週間後にやっとリリースできるというような状況でした。

しかし、TYLでは煩雑な確認作業なども最小限で済むため、今求められていることに対しタイムリーに提供できる点がエンジニアとして嬉しい部分です。

2つ目に、裁量権があることです。私が入社する前から運営しているサービスでも一任していただいています。勿論、その分責任が伴うので大変ではありますが、任せてもらえたものがリリースできたときの達成感が大きいです。

最後に、TYLは感謝の気持ちを伝える風土があると思います。私に直接「モリさんのおかげで業務改善につながりました。ありがとうございます」と直接声を届けてもらえることが多く、そのような経験はあまりなかったので、モチベーションアップにつながりますし、TYLの良い文化だと思います。

▲モリさんの仕事場(自宅)


過去には入社直後に長期間にわたる作業、ハプニングもあったが今では良い思い出

TYLでのエンジニア業務案件は通常1日〜3日でリリースできることが多いのですが、はじめて2週間ほどかかる大きな作業がありました。TYLの主力サービスのwebサイトのサーバー移行が必要で、当時私は入社して間もないということもあり、一から調べトライ&エラーを繰り返しながら無事リリースすることができました。当時は大変な思いをしましたが、今でも忘れられない思い出深い仕事になりました。


フルリモートでの勤務のおかげで、介護が必要な愛犬のそばにずっといられた

私が入社した当時、介護が必要なコーギーを飼っていました。いつ体調が悪くなるかわからない状態で、愛犬を置いて仕事に出るというのはきっと不安を抱えながら仕事をすることになると思うので、フルリモートで働ける環境には感謝しました。TYLのミッションが「ペットの家族化推進」を掲げていることから、ペットに対して非常に理解があると思います。

ただ、やはりリモートという環境は、自ら情報を取得しにいく姿勢が大事だと思います。出社していれば、隣の人が困っていることや考えていることが自然と耳に入ってくるので、エンジニア視点で改善につなげるなどのサイクルが回せたり、直接対話することで依頼する方の明確に困っていることを理解しやすいのですが、リモートですとそうはいきません。

そのため、あえて雑談するための時間をオンラインで作るなど、リモートという環境下でもコミュニケーションを増やすための工夫は必要だと思います。

▲先代犬のコーギー チェイスくん(左)、ルークくん(真ん中)、現在も一緒に暮らすバーニーズ・マウンテン・ドッグのアーロンくん


今後は会社の基盤強化に寄与したい

現在はエンジニアを一名体制で担っているので、時間がかかる取り組みに関しては後回しになってしまっている部分があります。そのため、自分の能力をあげつつ、エンジニアの採用・体制を強化できたら通常業務に加えプラスαでの取り組み・改善をしていきたいと思っています。縁の下を拡充して会社全体の土台を強くすることが直近で目指していることです。

株式会社TYL's job postings
18 Likes
18 Likes

Weekly ranking

Show other rankings