This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

客室乗務員として世界を飛び回っていた私が営業職で入社した理由「私だからこその介在価値を目指して」 はたらいて、笑おう。#1


こんにちは。パーソルキャリア キャリア採用部の溝口です。

パーソルグループのスローガン「はたらいて、笑おう。」をインタビューテーマに、パーソルキャリアに中途入社し、現在活躍している社員を紹介していくシリーズです。第1回目はキャリア採用部で働いている石橋美海さん。営業未経験でパーソルキャリアへ中途入社し営業を経験、現在は人事として活躍しています。では、さっそく聞いていきますね。石橋さんよろしくお願いたします。


(石橋)よろしくお願いいたします。


小学生の頃、夢は客室乗務員でした。


石橋さんは前職が客室乗務員だったのこと。いつ頃からなりたいと思っていたのですか?

(石橋)女の子であれば誰もが憧れますよね? 客室乗務員(CA)って。制服を着て、世界中を飛び回りたい!そんな夢でした。実は小学生時代の仲の良かった友達のお父さんがパイロットでした。「お父さんのお仕事見学」的なものって昔、経験されたと思いますが、まさにそれで。空ではたらく仕事があるんだと知り、その時から私の夢は、CAとなりました。単純ですよね。笑



その夢を実現させるってすごいね。そこから夢はずっと変わらなかったのですか?

(石橋)そうです。中学、高校、大学と変わらず、就職活動でも航空会社しか受けませんでした。ただ高校時代、夢を追いかける中でいろいろと調べ、客室乗務員の仕事は大変だとも気づきました。客室乗務員になるには専門学校に行くケースが多いのですが、私は幅広い選択肢を持つために、大学進学を選びました。


マニュアルにはない、お客さま一人ひとりに寄り添ったサービスを提供したい。

憧れの客室乗務員になれたわけですが、なぜ転職を考えるようになったのですか?

(石橋)客室乗務員になって1年ぐらいから徐々に転職というか、キャリアを考え始めました。憧れの制服を身にまとって、まずは国内線から担当をしました。客室乗務員の仕事は調べていたので、大きなギャップはありませんでしたが、実際に仕事をしてみると、徐々に違和感を覚えていきました。客室乗務員はお客さまに安心・安全で快適な空の旅を提供することが仕事です。国内各地・世界各国を飛び回っている中で、お客さまにサービス提供することにやりがいを感じていたものの、例えば、マニュアルがしっかり整っている点などから「私でなくてもできる仕事なのでは?」と疑問を感じていました。安心・安全で快適な空の旅を提供するためには、当然マニュアルに沿って動かないといけない場面が多くあります。そのため、お客さま一人ひとりに寄り添ったサービスを提供するということがなかなかできなかったんです。もっとお客さまのことを考えて、お客さまに寄り添ったサービスがしたいと思ったんです。



そこからすぐに転職活動を始めたのですか?

(石橋)正確には、その1年後に転職活動を始めました。その時はすぐ辞めるというのは選択肢になく、国際線にデビューしたら何かが変わるかな……という期待もありました。もし、国際線にデビューしてもモヤモヤする気持ちが変わらなければ、転職しようとは決めていました。その後、念願だった国際線にデビューしたのですが、やっぱりモヤモヤする気持ちは変わりませんでした。そのため転職を決意し、転職エージェントに登録しました。最初は「doda」をはじめ、複数の転職エージェントに登録しました。「幅広いお客さまの人生に名を刻む、介在価値ある仕事をする」を軸に転職相談をした中で、一番私に寄り添って向き合ってくれたのが、当時のインテリジェンス(現在のパーソルキャリア)のキャリアアドバイザーでした。だから「doda」をメインに転職活動を進めていきました。



担当のキャリアアドバイザーとは、どんな話をしたんですか?

私の漠然とした思いを、子どもの頃からさかのぼって、将来どうありたいのか、どんなキャリアをつくっていきたいのかなど、親身になって相談にのってくれました。



今まで人材サービス業界とは接点はなかったと思いますが、パーソルキャリアをどのように知りましたか?

(石橋)そうですね。確かに人材サービス業界はあまり知りませんでした。就職活動時も航空会社しか見ていなかったので。でも、よくよく考えるとその担当のキャリアアドバイザー仕事がまさに私が軸としていた「幅広いお客様の人生に名を刻む、介在価値ある仕事」なのでは?と思い、キャリアアドバイザー職を志望しました。



ただ入社は、プロジェクトエージェント職、つまり営業職で入社しましたよね?

(石橋)担当のキャリアアドバイザーから「キャリアアドバイザーをやるには “法人観点” を持つとより質の高いサービスを提供できる。プロジェクトエージェント職は中途採用をしている “法人” と転職を希望する “個人” の両方を相手にするサービスなので、法人観点も個人観点も身につき、スキルアップになる」と言われました。本当にその通りだなと思い、プロジェクトエージェント職を選択し、パーソルキャリアに入社しました。


未経験からパーソルキャリアの営業、そして人事へ。

未経験から営業職に転職して、一番何に苦戦しましたか?

(石橋)いろいろ大変でした(笑)。営業としての電話やメールも未経験だったので、本当に基礎からのスタートでした。難しかったことは、「スピードが早い」「自由度が高い」という、この2点ですね。1つ目の「スピード」に関しては、企業さま(法人)と候補者さま(個人)のどちらも担当するため、迅速、でも丁寧に対応することが求められます。初めは覚えることも多かったので、業務のスピードについていくのが精一杯でした。モタモタしていて、担当企業さまとそこに応募した候補者さまの面接の日程が調整できず、お叱りを受けたこともありました。2つ目の「自由」という点ですが、前職はマニュアル通りに動くことが求められていましたが、パーソルキャリアでは違いました。メンバーの自由度が本当に高く、仕事の進め方や予定の組み方なども自由。「自由」が未経験の私にとっては、最初にぶち当たった高い壁でした。最初の半年間は、トレーナーや先輩や同僚に質問ばかりしていました。



営業でのやりがいや魅力はなんだと思いますか?

(石橋)やっぱり介在価値だと思います。私が企業さまと候補者さまの間にいる価値を肌で感じることができる、他の職種にはない、唯一無二のwin-win-winの関係ですね。企業さまからは「応募がなかなかこないんだよ……」と相談を受け、解決策を企業さまと共に考えて提案できます。候補者さまには、企業さまを直接担当しているからこそ知っている情報を提供したり面接対策ができるなど、1人で法人・個人を担当するからこそできる仕事が、プロジェクトエージェント職にはあります。企業さまからは「石橋さんがいたから良い採用ができたよ、ありがとう!」と言っていただけ、候補者さまからも「石橋さんのおかげで人生変わりました!」と言っていただける――。これはまさにプロジェクトエージェント職という唯一無二の職種だからこそ味わえるやりがいだと思います。



営業を2年経験して人事に異動されました。自分から希望して異動したのですか?

(石橋)当時のマネジャーから、「人事としてプロジェクトエージェント職(当時所属していた営業部署)の採用に携わってほしい」 という内示を受けました。所属していた組織には私と同様、営業未経験者ばかりで、22歳から37歳までと年齢層も幅広く、元エステティシャンや塾の講師など多彩なキャリアを持った人材が集まっています。その組織での中途採用を行うということは、非常に重たい仕事だなとも思いましたが、中途入社で営業未経験として入社した私の経験が役立つとも考えました。何より今まで私を育ててくれたこの組織に、採用担当として恩返しができると思い引き受けることを決意しました。今は「私が介在して、プロジェクトエージェントの組織を良くする!」という想いで中途採用業務に従事しています。



最後に、パーソルキャリアの営業職に興味をお持ちの方にメッセージはありますか?

(石橋)営業職を希望されている方にはぜひ、候補の一つとしてプロジェクトエージェント職を検討してほしいですね。とくに営業未経験の方は、ビジネスマンとして必要な汎用性の高いスキルが身につく環境ですから、1年も経てば、あっという間にビジネスの基礎を築くことができると思います。そして何よりお客さまに寄り添って、多くの転職支援や中途採用支援に携わることができて、たくさんの「ありがとう」をもらえる、本当にやりがいある仕事です。これをご覧になった方には、ぜひ応募いただきたいです!

#1 はたらいて、笑おう

パーソルキャリア株式会社(キャリア採用)'s job postings
34 Likes
34 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more