1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

ピンチはチャンス!後悔しない人生の選択

どうしてこの道を選んでしまったんだろう?

と後悔したこと、誰でも一度はあると思います。

私は、人生で起こることで「意味のないものは何もない」と考えています。


自分で言っていて悲しくなりますが、私はかなり八方美人なタイプだと思っています。(笑)

誰かがやらなかった仕事、誰もやりたくない役割を、昔から買って出るタイプでした。

「誰かがやるなら自分が…」

そう思ってキャパオーバーになったことは数知れず。。


小学校で学級委員を押し付けられた時も(スクールカーストって怖いですね)

中学校の書初め大会に担任に懇願されて出展したときも

高校で誰もやらない文化祭実行委員を買って出てしまったときも…

先生が帰るギリギリまで、家に帰ってからも、どうにかやり切った思い出があります。


しかし、そういったことを乗り越えてきた今、考えることがあります。


週5で習い事が合っても学級委員の仕事をやり切るためにスケジュールを考えたり、

役割分担をすることで自分の負担を減らしたりすることで、

物事をうまく乗り切るために考える力が身につきました。


書初め大会に出展した作品が区の展覧会で表彰されて、

やり切ることで得られる達成感、周囲から称えられる喜びを知りました。


文化祭でめちゃくちゃ売り上げが作れて豪華な打ち上げができたとき、

稼ぐことの楽しさや、自分のまわりの人の笑顔を作るやりがいを感じました。


共通して言えるのは、何事も途中で投げ出しては無駄な経験になってしまうということ。

逆に、何事もやり切れば成果が残るということ。


自分の選択を「正しかった」と思うには、自分で選んだ道を正しくするための行動をし続けていくしかないんです。

自分の意思で選んだ学校は、自分が思ったような環境じゃなかったとか。

入りたくて入社した会社では、思ったような成長ができなかったとか。


そして、その環境を抜け出すのも、行動のひとつだったりします。


学校は入学したら卒業しなきゃいけないとか

入社後3年は仕事をつづけたほうが良いとか

そんな無意味な常識にとらわれていませんか?


自分が選んだ道って正しいんだろうか…

レールに沿ったままの人生で良いんだろうか…

少しでも違和感があるなら、殻を破るチャンス!


自分の人生、今のままでいいですか?

一歩を踏み出してチャレンジすることで、未来が拓けるはず!


株式会社ピアズでは、今日も社員たちが成果を出すために、常識にとらわれず行動し続けています。

株式会社ピアズ's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more