Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

クリニックが目指す方向性・求める人物像とは?


クリニックが目指す方向性

院長の田中です。当院も開業して、おかげさまでそろそろ3年が経とうとしています。

このタイミングで医師・看護師・訪問診療アシスタントの各職種を募集させてもらっていますが、今回は、当院の理念に共感してくれるメンバーに入ってもらいたい!と思い、クリニックが目指す方向性と求める人物像についてお伝えしたいと思います。

私が目指している1つの方向性として、

「想いのある在宅医療を広げ、病気でも安心できる地域社会を創る」

というコンセプトを掲げています。

特に、「想いのある」がポイントで、当院は、通常の在宅クリニックと異なり、大きく3つのコンセプトで診療をしています。

1つ目は、 「自然看取り」の推進

2つ目は、「熱心な家族を熱心に支える」というスタイル

最後に、「医療介護ICTの普及・啓発」というチャレンジ

というものです。

1つ目の「自然看取り」の推進は、病院に搬送せず、管をつけず、最期を家で迎えたい、というご本人・家族の支援になります。開業以来、そういった希望が強い超高齢者を毎月のように看取ってきました。みなさん、病院は落ち着かず、ご自宅が好きで、例えば最近でも「最期は家の外の花を見ていたい」と言っておられたご本人さんもおられました。そんな、想いのあるご本人・ご家族を最期まで私たちは支えていきたいと思っています。

2つ目の「熱心な家族を熱心に支える」というスタイルですが、院長である田中の特性上、熱心な家族の疑問や、こうしたい、という想いに当院は応えることができています。地域でもその評判が広がり、よく組んでいる事業所さんからは、「田中先生の患者さんは特徴がありますよね」といったコメントもいただきました。今後、ますます新しい仲間が増え、ご本人・ご家族のバリエーションが広がっていくことに期待していますが、クリニックの土台となっている私のスタイルに賛同いただき、さらに幅を広げていくことに前向きに取り組んでもらえる仲間を求めています。

最後の「医療介護ICTの普及・啓発」というチャレンジですが、当院では、これからの地域医療にIT化は欠かせないと考えており、開業当初より現場の迅速な情報共有を目的として、MCS(メディカルケアステーション)を導入しています。MCSは、インターネット上で提供されている完全非公開型SNSで、主に訪問クリニック、訪問看護、訪問薬局、介護事業所、介護施設など医療介護関事業所の情報共有を目的とした医療ICTです。


MCSの運営会社であるエンブレースさんにもその取り組みに興味を持っていただき、先日

都市型在宅医療におけるACPとICTツール活用(東京・三鷹市)

と題して、取材いただきました。



詳しくは、ぜひリンク先の記事をお読みください。また、これらの活動やコンセプトをさらに地域でも知ってもらい、広げていくべく、医師会での講演や2ヶ月に1回 ぴあ事例検討会を定期開催し、地域の看取り力や医療ケアの向上に貢献しつつ、当院のブランディングに努めているという真っ最中です。

求める人物像とは?

さて、こんなコンセプトに応えてくれる人物を求めている、というのが正直なところですが、まずは、「患者さん目線があり、地域医療に必要なスキル・仕事力を高める向上心」がありましたら、ぜひ歓迎いたします。

「患者さん目線」については、ご本人・ご家族の目線にたった医療判断やコミュニケーションがますます求められていますので、正直、従来の医療目線の方は難しいかと思います。また、医療に関心がない方もなかなか続かないのではないかと思います。これまでの医療の考え方に疑問がある方、過去のご家族などの経験から在宅医療がもっと発展する必要があると感じた方、三鷹市・武蔵野市やその周辺地域に土地勘がある方を求めています。

「地域医療に必要なスキル・仕事力を高める向上心」については、実は訪問診療の仕事自体がそもそも特有な業務内容が多いと感じるところがあり、新しい業務を身に付けることを前提とした心構えが大事と思っています。例えば、電話対応が1つ業務の中でも大きな割り合いを占めるのですが、相手に寄り添う電話対応をしつつ、様々な相談や情報が舞い込む電話に対して適宜判断・伝達をしていくスキルは、他の業種や医療現場と異なる印象があります。また、あるときは物品関連、あるときは在宅患者さんの発熱などの臨時対応の補助やコーディネート、あるときは他の事業所への情報伝達や関係性構築など、正直マルチタスクになります。

こういったことを面白い、取り組んでいみたい、という方を当院は求めています!まずは、問い合わせからで大丈夫ですので、お待ちしております!

ぴあ訪問クリニック 三鷹's job postings
クリニックが目指す方向性・求める人物像とは?
Kimitaka Tanaka
ぴあ訪問クリニック 三鷹 / 院長
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more