Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【インタビュー①】新卒がフリーランスデザイナーとしてパブロフに決めた理由とは。

こんにちは。

今回は初となるインタビューを堀江さんにしてみました!

よろしくお願いします!


ーーーーーーーーーー

堀江健太(22)

平成9年3月14日生まれ

九州大学工学部電気情報工学科卒

趣味:洋服・コーヒー・カレー

ーーーーーーーーーー


①パブロフに入るまでは何をしていましたか?

パブロフに入社する前は広告系のベンチャーでWEBデザイナーをしていました。

「売れるデザイン」をモットーにデザインに取り組んでいました。

主な業務は

LP制作
サイトの更新業務
サイトのページ追加

などを行っていました。

繁忙期にはLPを1ヶ月で20本くらいコーディングしていました。

大変でしたが、その時期に案件を同時に進めたり管理する経験を積むことができたので、今でも生かすことができています。


②パブロフを選んだ理由と今何をしているか?

パブロフを選んだのは

まだ設立してまもなかったことと、「デザインで生きていく」と決めたからです。

パブロフの応募の中で「デザインで生きていくと決めたなら」と書かれてあった投稿がありました。

元々フリーランスで働きたいと思っていたこともあり、8月終わりで前職を退職してからはフリーランスで経験を積みたいと考えていました。

その中で私の不安は仕事をとってくることができるか。社会人経験も浅く営業職の経験もない私にとってそこがとても高い壁に感じていました。

その際にwantedlyでパブロフを見つけて応募の文にも惹かれて応募してみました。

面接を担当してくださったディレクターの方が親身に話を聞いてくださったし、何よりそのかたもフリーランスであったことから全て悩みなど話すことができて「この組織に属してやってみたい」と思えたし、抱えていた悩みも解消することができました。

今は出向先で仕事をしながらポートフォリオを構築したり、自分でとってきたデザインの仕事をしたりしています。

出向先での仕事はデザインではないのですが、開いた時間はデザインのことを日夜考えています。


③今後の展望を教えてください!

パブロフで働く上での展望はまず、年明けからデザインの業務に入ることです。

今の出向先もすごく環境も良いですし、大好きなのですが、やっぱりデザインで生計を立てたいと思っているのでできるだけ毎日デザインだけ考えて過ごしたいです。

個人的な展望としては元々働く場所を選ばない働き方をしたいと思っていたので、今後1,2年でフルリモートでデザインの仕事をして生計を立てていきたいと思います。

その後は地元福岡に帰ってコワーキングスペースと本格的なスペシャリティコーヒーを扱うカフェを兼用した空間づくりをしていきたいです。

いろいろな職種の人と地元の人たちが混ざり合って地域がもっと活性化していけば最高だと思っています。


最後に一言お願いします!

今年中にはポートフォリオが完成します!

まだまだ良いものとは言えませんが、自分のスキルの向上とともに磨いていければと思ってます。

自分がデザインしたTシャツを販売しているショップのURLも同時に公開できると思うので良ければ覗いてください~。


やる気と向上心があればフリーランスになれるよう全力でサポートいたします!

少しでも気になったら、まずはお話を聞きに来てください!


パブロフ株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more