1
/
5

【社員インタビュー】0から世の中にインパクトを与えたい |村田 博

パートナーサクセスは、「アライアンスをハックする」というミッションの元、ベンダーと販売パートナーをつなぐPRM (代理店連携管理クラウド)「PartnerSuccess」の開発と運用を通じて、企業間の連携をよりスムーズにし、世の中に良いサービスやプロダクトが流通していく仕組みを構築しています。

今回は、人事と営業の責任者をこなすVP of Sales&HRの村田さんに、パートナーサクセスでの仕事ややりがい、働く上で大切にしている想いなどを聞いてみました。

村田 博(むらた ひろし)
2020年8月入社。
新卒で福利厚生運営代行会社に入社し、6年半勤務。その後、株式会社ビズリーチに入社し、エンタープライズ向けの部署でセールスとエージェント向けの部署でマネージャー業務を担う。退職後、数十名のスタートアップに営業部長職として入社し、組織作り後、パートナーサクセス株式会社に入社。

世の中を良くしたいという想いに惹かれ入社を決意

-------様々なスタートアップで勤務されていましたが、30半ばでパートナーサクセス社に入社した理由はあるのでしょうか?

A:2社目で株式会社ビズリーチに入社し、組織が大きくなる経験、マネジメント経験をさせて頂きました。様々なチャレンジすることができ、非常に良い経験ができましたが、自分の中で異なるチャレンジをしたいなという想いが生まれ、メンタルヘルス領域の数十名のスタートアップに転職しました。

組織立ち上げなどをしていて、1年ほど経過したタイミングで、代表の永田からSaaSプロダクトのヒアリングの声がけがありました。これが、2020年4月のタイミングです。

転職する気はありませんでしたが、永田自身が0から立ち上げるフェーズで、「3人目のメンバーとして入社しないか」という話があり、攻めの営業・組織づくりをしたいと想っていたタイミングだったので、入社することにしました。

-------転職の際に不安はなかったのですか?

A:小さい会社に転職する不安はありませんでしたが、自分自身が会社に対してどのような付加価値が出せるのかを気にしていました。そのため、永田に「どのような会社にしたいのか」、「文化にしたいのか」ということをたくさん聞いている際に、永田がビズリーチを尊敬していたことがわかりました。自分が大好きだったビズリーチを尊敬している点世の中を良くしたいという想いが永田から伝わってきました。この人なら一緒に伴走できると思い、入社に至りました。

変化に対応できる強い組織

-------入社した際は、どのような業務を行っていたんですか?

A:入社した際は、営業責任者として業務を行っていましたが、入社してしばらく経った後、採用の知見もあったため、採用活動の人事部長として職種を変更しました。現在は、人事と営業の責任者を兼任しています。

-------結構、マルチに業務を行っていますね。

A:弊社の現状ですと、ある程度「自分がやりたい業務」と「会社として求められる業務」は変更するので、アジャストしながら自分自身で仕事を取りに行く人じゃないとビジネスサイドは大変かもしれません。

今、この会社で貢献すべきポイントはどこかを考えながら、会社を伸ばしたいと考えています。みんな同じマインドを持っているため、変化に強い組織だと思います。流石にエンジニアになれと言われたら、困りますが…笑

-------それは難しいですね笑。パートナーサクセスの良いところってありますか?

A:お互いやるべきことをやるというのは良いところかと思います。一方、ミドル層が多いので、空気を読んで遠慮する場合があるかなと個人的に思います。コロナの影響で、リモートワーク中心の影響もあるかもしれないですが、ビジネスを作っている途中なので、コミュニケーション量はもう少し増やしたいなと思っています。他に良いところは、まだ組織を立ち上げしている段階なので、ルールやカルチャーをみんなで作っていける所は面白いところですね。

お客様の業務拡大にダイレクトに関与

-------業務を通して、楽しい点はどういうところですか?


A:人事部長になる前に、営業していてすごい楽しかった点は、色々な会社のプロダクトに携われるところです。上流工程からのグロース戦略に貢献できる点は、お客様の事業にダイレクトにヒットするのでやりがいがありました。また、業務を通じて、世の中に出回る前の数多くのプロダクトを世の中に広めていくことができるので、スタートアップ系のプロダクト好きには、すごい相性の良い会社だと思います。経営陣が最優先事項として上げている販売戦略をパートナーとして関われるのは、やりがいがありますね。

事業創りは仲間探し

-------それにも関わらず、営業だけでなく人事の責任者も兼任されている理由はありますか?


A:「こんな技術があるんだ」、「めちゃくちゃ社会に意義のあるプロダクトだな」などお客様と接しているとワクワクすることが多くあります。僕らが、「パートナーサクセス」という概念を広げ、弊社プロダクトを通して、多くの会社様を応援できることはすごい意味のあることだと考えています。

ただ、弊社はまだ小さい会社なので、世の中にパートナーサクセスの大切さを広めていくためには、仲間が必要だとビズリーチの経験を通して痛感しています。そのため、人事部長として組織体制を整え、仲間を増やすことが現状の最優先事項だと考え、現在、業務取り組んでいます。

-------どのような人を採用したいのですか?

A:「社会課題に興味ある人がいいのでは?」と考えています。弊社のサービスが世の中に広がると、素晴らしいサービスを提供している会社様の営業が効率化されるので、各会社のプロダクトがより世の中に広まります。直販だけですと、どんなサービスも世の中に広まりきらないので、代理店販売をスムーズにするテコ入れを弊社が担うことで、いま巷で言われているDXも広まり、各社のサービスなども通して、世の中の課題が減ると思います。

そのため、社会課題に興味があり、大きな視点で物事を考えられ、目の前のことを愚直にできる方がフィットすると思います。

-------本日はありがとうございました。

今日は村田さんにインタビューさせていただきました。

様々な会社様のグロース戦略に携われるのは、パートナーサクセス社の面白いところだなと感じました。また、弊社のプロダクトを通して、世の中に数多くのプロダクトをより広めることができ、日本の生産性を高めることができる視点は非常に勉強になりました。DX化のレバレッジとしての機能を日本で担えるのは、パートナーサクセス社の強みですね。

パートナーサクセス株式会社's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings