1
/
5

細部までこだわった自宅で仕事をしたい。柔軟で自由な働き方をオプスインで実現。

こんにちは。オプスイン広報担当です。
今回は、2021年1月に中途で入社した勝賀瀬に「フルリモートの会社で働いてからの変化」や「仕事とプライベートのオン・オフの切替」、「オプスインでの将来的なビジョン」について、じっくりインタビューしました!

プロフィール
勝賀瀬 達也さん
高知県在住
2021年1月オプスイン入社



――これまでのキャリアを教えてください。

高知県出身で岡山県内の大学に進学し、新卒でUターンで高知県内の公共団体傘下のシステム開発会社に就職しました。
色々な部署を転々としつつ、公共団体の主な事業である金融や保険、商品の販売に関する基幹システムのプログラミング・システム設計・保守業務等様々な工程に携わり経験を積んでまいりました。


――多様なジャンルの開発業務をご担当されていた中で転職を決めた理由は何でしょう。

前職は、例えば銀行業務だと古い技術であるCOBOLやVBを基軸に開発を進めていたのですが、新しい技術も取り入れていく必要があると思い、私が主体となってPHP・Laravelを導入したり、社内で共通のフレームワークを利用するためにPython・Djangoの導入も実施しました。
しかし、古い体制の会社であまりスピード感もなかったため、中々新しい技術が浸透しないという時間が長く続きました。
そのような中で、エンジニアとして最新の技術を積極的に取り入れながらシステムを構築したい、公共団体以外の案件も担当してみたいという気持ちが大きくなり転職を決意しました。


――転職活動をする上で会社選びの基準はありましたか?

私の自宅は一軒家で最近建てたものなんですが、せっかくこだわりを持って建てた家なので、自宅の近くもしくは自宅で仕事をしたいと思っていました。
そこでフルリモートでWEBアプリケーションの開発を行っている会社を中心に転職活動を進めていました。
そんな中オプスインを見つけ、応募に至ったという流れになります。


――オプスインへの入社の決め手は何だったのでしょうか?

自分の中で決め手となった部分は2点あります。
1点目は面談でのやり取りの印象のよさです。
狸塚さんには非常にフランクで話しやすい雰囲気の中でカジュアル面談を進めていただきましたので、会社との相性もよさそうだと思ったのが理由になります。

もう一点は採用試験です。
オプスインはRuby on Railsの開発が中心ですが、当時Railsの経験がなかったのでキャッチアップがスムーズにできるかが不安でした。
採用試験の際は別の言語での実施だったのですが、その後「お時間に余裕があればでいいのでRails+Reactのシステム開発をお願いできませんか?」と追加で試験をいただきまして、一か月程度で構築してコードをお見せしたことがありました。
候補者1名のためにそこまで時間をかけてチェックをしてくれた会社さんは他にはなく、しっかり見てくれているんだなと感じました。

上記のような理由からオプスインへの入社を決めました。



――現在の仕事内容をお教えください。

to CのWEBサービスを広く運営している会社様から、各サービスに会員登録したユーザーに対し、横断的にメルマガを配信できるシステムの開発をご依頼頂きましたので、そちらの開発全般を担当しています。
入社時点でシステムの大まかな流れや画面設計までは完成していたので、それらを引き継ぎ、DBテーブル設計や細かな仕様設計、開発実務も担当しております。


――入社後変化したことはありますか。

結構いっぱいあります。
まず一点目ですが、フレックスタイム制を導入しているので、自分の体調に合わせて勤務時間を柔軟に変えることができるというのは大きく異なりました。
結構元気だなという時には朝早くから、疲れがたまっているなと感じたときには少し遅めに仕事を始めたり柔軟に調整できています。
前職は8時30分が始業で通勤に1時間程度かかる距離でしたし、フレックス制も導入されていませんでしたので、このような働き方は新鮮でした。

二点目に、仕事内容自体が大きく変わりました。
今までは銀行や保険や商品に関する基幹システムを中心に開発を担当していましたが、今まで経験のないWEBアプリケーションの開発を担当するということで、まだまだ知らないことが多く、いまだ勉強中です。
ですが、新しい知識を学びたい、新しい技術を磨きたいという気持ちで飛び込んだので、非常に充実した日々を送っています。

三点目にフルリモートワークです。
たまにzoom等ビデオチャットの機会もありますが、基本的にコミュニケーションがほぼSlackのテキストベースになります。
前職ではお客様があまりPCに慣れていなかったり使えない方が多く、電話が中心のコミュニケーションでしたので、その辺の社内文化も大きく異なっているなと感じました。
入社当時、社内のメンバーのSlackでのやり取りや使いこなし方などを見て、かなりレベルが高いと感じていました。「こういう使い方をしているんだな」と色々発見があったので面白かったです。


――フルリモートワークだとオン・オフの切替が難しいという声も聞きますが、勝賀瀬さんはいかがでしょうか。

プライベートと仕事の境目があいまいになってきている感覚はあります。
休憩する瞬間が既にプライベートになっているというか、前職でしたら12時にお昼のチャイムが鳴って昼食で外出しているオフの時間帯でも仕事中という感覚が続いていましたが、今は家で仕事しているので、「さあ休憩!」となると、自分の好きなものが目の前にあるのでその瞬間も力が抜けるというか、いきなりオフにできるという点が前職とは違うなと思います。
また、PCの前に向かって開発のツール等を開いたら瞬間的にオンにできるので、短い間隔でメリハリをもってオンオフの切替ができていると思います。


――好きなものが目の前にあるというのは?
はい、今作業している部屋は仕事兼趣味の部屋となっています。
大学生の時にJAZZ研究会に所属していたこともあり楽器演奏が趣味なので、ドラムセット・ギター・グランドピアノその他の音楽機材が一通り揃っています。この部屋はスタジオにもなっており、音楽仲間が来てくれた時に一緒に演奏したりしています。

また、部屋の一角には大きなスピーカーも設置しており、プロジェクター投影用に真っ白な壁も用意してもらいましたので、時間があるときにはその壁に映画を投影してスピーカーから音を流しつつ、自宅映画館を楽しんでいます。

その他にもカメラが趣味でして、PCの近くにミラーレスカメラを置いています。





――将来的なビジョンを教えてください。

近距離の目標としては、WEBアプリケーションの技術で広く使われているものを吸収して、色々な案件に対応できるように技術力を上げていきたいと考えています。
中距離の目標として、オプスイン全体が社員を増やそう・発展していこうというフェーズにありますので、会社と共に自分も成長し、会社を大きくするという経験を積みたいと考えています。
会社を大きくするうえでのビジョンは、まだ明確には持てていないところもあるのですが、オプスインのよい部分を損なわない形で会社を大きくしていくことが、優秀な社員を集めることにつながり、結果としてお客様に良いものを提供できるということにつながると思いますので、かなり大きいことを言うと日本全体の技術発展に寄与できたらいいなと思います。


――今後どのようなメンバーと一緒に働きたいですか?
自分の考えをしっかり持っている積極的な方、具体的には提案したことに対して自分の意見や考えを返していただいて相談・議論を重ねながらよいものを作っていけるような方とお仕事をしたいと思っています。
一つの目標のために、自分の範疇じゃなくても助け合いながらお互い成長できればいいなと考えています。
一方で適度な距離感をもって接してくれるような方が理想です。

その点、オプスインでは協力体制もありつつも良い意味でドライ、プライベートに干渉しすぎない距離感がちょうどよいので、良いものを作るという共通の目標の下、共に仕事ができたらいいなと思います。


――最後に求職者の方へメッセージをお願いします。

個人的に、今の仕事環境はとても良いと感じています。
フルリモートで仕事に適した集中できる環境を自分で作ることができ、フレックスを活用して自分の体調や都合に合わせて仕事の時間を選べるので、業務の効率も上がったと感じています。
しっかり自己管理をしつつ良いものを作ったり、成果を上げたいという方や、小規模で発展途上の会社を一緒に盛り上げていきたいというモチベーションのある方はすごくマッチする会社だと思います。

是非ともご応募お待ちしています。

株式会社ops-in's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings