1
/
5

What we do

不動産仲介事業を出発点として業容拡大してきたオープンハウスグループは、住宅という「モノ」づくりありきではなく、お客さま視点に立つ「販売」の精神に基づいた事業展開を行っております。 <戸建(仲介事業・戸建事業)> オープンハウスグループを支える中枢事業。「東京に、家を持とう。」というキャッチコピーに象徴されるとおり、東京、横浜、川崎を中心に土地と建物の分譲・販売を行っております。東京23区内の戸建用地の分譲実績は、常にトップクラスで、「東京の戸建=オープンハウス」という図式を確固たるものにするべく、エリア内のシェアを高めています。子会社のオープンハウス・ディベロップメントが開発する土地・建物を、親会社のオープンハウスが販売を行います。 <マンション(マンション事業)> 東京23区内のプレミアムエリアを中心にエリアを厳選した都市型マンションを展開しております。23区内での1年間あたりの分譲実績は業界トップクラスを誇っております。お客様が自由に室内をカスタマイズできる余地が大きい自由度を売りにしており、常に高い人気を誇っています。オープンハウス・ディベロップメントが仕入れから販売までを一気通貫で行います。 <収益不動産(流動化事業)> 一棟の中古ビルやマンション等、不動産投資用の収益物件に対する投資を行っています。「中古」であるが故の難しさを、プロとしての目利きを活かし、魅力的な商品となるようプロデュースし、投資家に販売しております。 2011年の事業開始から、瞬く間に急拡大を果たし、中古収益不動産を中心に扱う上場企業の中でトップの地位を築きつつあります。オープンハウスディベロップメント及びOHリアルマネージメントが事業を担います。

Why we do

<常に「お客さま」に選んでいただける企業でありたい。> オープンハウスグループは、1997年に創業し、多くの方にとって住まいを構える地として憧れの対象であった東京の城南地域を中心に、お客さまの住まい選びのお手伝いをさせていただく不動産仲介事業からスタートし、圧倒的な販売力を背景としてディベロッパー機能をグループに内包することで急成長を実現いたしました。 企業はお客さまのご支持を得られて初めて、存在しうるという切なる思いで、常にいかにあるべきかを自らに問いかけてきた姿勢が、オープンハウスグループのコア・コンピタンスである顧客志向に立脚した販売力に結実し、今もグループの成長の源泉となっております。 不動産業界における主たるプレイヤーはディベロッパーからスタートしている、いわばモノづくり精神に根付いた企業が多い中、当社グループはお客さまに向き合う販売の精神に根付いた企業であると考えております。そうした販売に根差した企業であるからこそお客さまが真に求めることを敏感に感じとることに長け、サービスの優位性を築いて来ることができたことが、当社の急成長として表れているのだと考えます。 これをさらに企画・建築部門にフィードバックし、憧れの地である東京に家を持つということが、お客さまにとってより身近な体験となるような商品提供を通じて、常にお客さまに応援していただける存在になれるよう努めてまいります。

How we do

オープンハウスグループのメイン事業は、リスクが低い事業ドメインに集約されています。 リスクが高いと思われがちな不動産事業を取り巻く2つの大きなリスクは、 不動産価格の変動と事業期間の長期化です。REIT等のファンドに代表される投資マネーが流入する投資用不動産マーケットは、 金融市場の影響による価格変動が大きく、ハイリスク・ハイリターンのビジネスと言えます。 また大型のマンション開発などは開発期間が長く、開発期間中に不動産相場が変化してしまうことで、 当初予定していた販売価格より割高になり、事業が立ちゆかなくなるリスクをはらんでいます。 オープンハウスグループは、こうしたハイリスク・ハイリターン分野での急成長モデルではなく、 実需に基づく小規模・短期間のプロジェクトを積み重ねるローリスクでの事業を展開しております。今後もお客さまとともにありつづけるために、着実で健全な成長を目指してまいります。 <事業紹介> 事業概要 不動産仲介事業 不動産販売事業 戸建業務 マンション業務 不動産流動化業務 不動産