1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

子どもに誇れる仕事がしたい!超安定志向だった私がスタートアップを選んだ理由

今回は、Wantedly経由で1年前においしい健康にジョインをした西脇さんにインタビューをしました。

ーーまずは、簡単に自己紹介をお願いします。

  今日はよろしくお願いします!いつもメンバーから話を聞く立場なので、いざ自分の話をするとなるとなんだか緊張しますね・・(笑)

  では早速・・元々、超安定志向だったので、大学時代の就活の時には、名の知れているような超大企業しか受けませんでした。その中でご縁があった、大手建設会社に総合職として入社しました。

  最初の2年間はシステム企画部その後、人事部に異動になり、3年間、社員の育成、主に新入社員や若手社員、グローバル人材の研修を担当してました。

  本当に絵に描いたような日本の大企業、良い意味でトラディショナルな文化・社風で、ここで社会人の基礎や大事なことをみっちり叩き込んでもらいました(お酒の飲み方含め・・(笑))非常にやりがいもあり、楽しく働いていたのですが、結婚を機に一度退職しました。

  そこから、2年間のブランクがあるのですが、その後は地方公務員として都内の区役所で再就職することになりました。人事職を希望したものの・・住民税関連のシステムの運用や条例の手続きなどの仕事を担当するとになりました。初めての転職ということで、仕事の内容はもちろん、仕事の進め方にも慣れるのに時間がかかりましたね。特に、元来、決められた通りにコトを進めることが得意ではなかったため、「マニュアル通りに、正確に、滞りなく仕事を進めること」にとても苦労しました。

ーーなんだか異色の経歴ですね。そのような会社を選んだ理由は何だったのでしょう?

  自分でも異色だなと思います。ただ、私が職場を選ぶ際に、常に「人々の幸せな日常を根元から支えている会社・組織で働きたい」という想いがありました。それでいうと、最初の大手建設会社もまさに生活基盤となるインフラを作っている会社、区役所もそこに住む人たちの生活を最前線で支えている組織、というところは共通していたと思います。

ーーそのあたり「おいしい健康」にジョインした理由に繋がってきそうですね。

  はい、区役所にいるときに、子どもが生まれたのが大きなきっかけです。

  育休中、子どもにどんな人生を歩んでいって欲しいか、を深く考えるようになったんです。

  子どもには「一生、好きなこと、やりたいことに夢中になって、常に今を楽しんで欲しい。」という考えに至ったのですが、同時に、「それって、私はできてないな」って気づいたんです。そして、「親である私も本当にやりたいことを仕事にして、夢中になって働く姿を子どもに見せたい!」と思い、30歳を超えて再度自分探しをすることになりました。

ーーなるほど。「本当にやりたいこと」って難しいですよね。日々の仕事や生活に精一杯だとなかなか考える余裕がない人も多いような気がします。自分探しをする中で見つかった西脇さんのやりたいこと、とは何だったのでしょう?

  今までの社会人経験やそれまでを振り返った時、やっぱり私にとって「人の笑顔」が一番の原動力で、「周りの人がイキイキ楽しそうにしているところ」を見るためだったらどんなに大変なことも頑張れたな、ということに気づいたんです。

  それで、やっぱり「人の事に関わる仕事、人事をやりたい!」って思ったんです。

  ほとんどの人が1日のうちの大半を職場で過ごしますよね。その時間が、心から楽しいと思える時間になったら、その人自身も、チームも会社も家族も・・みんなが幸せになるはず。

  人事の仕事を通じて、「一人でも多くの人たちを笑顔に、幸せにしよう」という強い想いが沸き起こり、人事のポジションへの転職を決意しました。



ーー人事ってどこの会社にもありますよね。なぜその中で「おいしい健康」を選んだのですか?

  先ほどもお話ししたのですが、「人々の生活の根本を支えるようなことをやっている会社」をこれまで会社選びの軸としていました。今回の転職でもその軸で会社を探している中で、おいしい健康に出会いました。

  人生100年時代、長寿が当たり前になった今、まさに「健康」こそが生活のインフラ、心身ともに「健康でいること」が幸せに生きることの必須条件だなと思ったんです。

  それで、話を聞きにきたのですが、意気揚々とパッション溢れる様子(ちょっと暑苦しい感じ。笑)で事業の必要性や未来を語る社長に一瞬で魅了されて、この人の考えている未来を一緒に作っていきたい!私も仲間になりたい!と心から思い、入社を即決しました。

ーー大企業からスタートアップに転職することに不安や迷いはなかったですか?

  なかった、と言えば嘘になりますね。

  今まで、もともと決まっていることの中で成果をだす、という安定した環境でしか働いたことがなかったので、0→1を生み出す、クリエイティブな仕事を私にできるのか、という不安はありました。あとやっぱり収入面も気になりましたね。

  でも、「これから人事のプロとしてキャリアを積んでいく」という強い想いが勝ちました。

  人事初心者の私が、10年以上人事畑で仕事をしてきたようなベテランの人たちに猛スピードで追いつくためにできることは、とにかくチャレンジする、インプットとアウトプット、トライアンドエラーを繰り返すこと。それであれば、スタートアップは最適な環境だと思ったんです。ここで成長して、人事として、メンバーにとっても会社にとっても価値を提供できるスキルやマインドが身につけばどこでもやっていけるはず。

  その経験って、私にとっては安定やお金よりも大事だなと思ったら、おいしい健康しか見えなくなりました。

ーー実際に入社してみて、そのイメージ通りになっていますか?

  はい、まさに想像通り、というか想像以上に、自由にチャレンジさせてもらっています。

  前職までは、大規模な組織に所属していたこともあり、「失敗しないこと、確実に業務を遂行すること」が求められました(と感じていました)。しかし、おいしい健康では「とりあえずトライしてみること。やりながら改善して成果を出していくこと」が非常に大事にされているので、自分が必要だと思ったことはどんどん提案して即行動に移しています。色々なところからインプットして、実際に手と人を動かしながら実行する、それを繰り返しているので、経験値もそれに伴うスキルも確実に上がっている、と肌で感じています。とは言え、まだまだ力不足で勉強中ですが・・。

ーー外から見ても会社と仕事が大好きなのが良くわかります!

  お子さんを育てながらエネルギッシュに仕事を楽しんでいる西脇さんですが、その原動力はどこにあるのでしょうか?

  「自分の仕事が、メンバーや会社の成長にダイレクトにインパクトを与えることと、自分自身の成長、を実感できること」だと思っています。

  これまで、自分のやっている仕事の意義が感じられないことがよくありました。そのために、恥ずかしながら、会社のことを自分ごと、として考えることも、ほとんどなかったんです。

  でも、おいしい健康では、自分自身で会社や現場の課題を把握して、必要な解決策を考えて実行、改善していくことができる環境です。その中で、自分の仕事が現場のメンバーや会社にどんな風に役に立ったのか、まさに「手応え」を感じることができます。

  また、たくさんのチャレンジをする中で、成功体験を積み重ねることができ、やったらやった分だけ成長したことを感じることもできます。

  この自分の仕事や成長に対する「手応え」があるからこそ、もっともっとメンバーや会社の成長のために、色々なことにチャレンジしたい、自分も成長させたい、と思えるのだと感じています。

ーーおいしい健康の魅力を教えてください。

  「一人ひとりが成長できる環境であること

   やりたいことは何でもチャレンジでき、成長するためのサポートも手厚いです。

   また、個人の働き方も尊重されていて、性別、年齢、国籍に関係なく、私のように子どもがいるメンバーにとっても安心して仕事に打ち込むことができる環境になっています。

   人事として、今後もメンバーが角度高く成長できる環境をさらに整えていきたいと思っています!

  「風通しが良く、フラットな関係性が根付いていること

   おいしい健康には様々な職種、バックグラウンドのメンバーが在籍しますが、お互いの強みを尊重し、活かしながら仕事を進めています。

   より良いサービスを作る、より良い会社を作るために、それぞれが思ったことを安心して発言できる、建設的な議論ができる環境は非常に魅力的だと感じています。

ーー最後に、応募者の方へのメッセージをお願いします!

  とにかく角度高く成長したい人、

  今までの経験も大事ですが、それ以上に、これからたくさんのことにチャレンジしてみたい!という人には、非常に楽しめる環境だと思います。

  変化が多い、かつ、正解のない仕事ばかりですが、それを不安ではなく「チャンス」と捉え、一緒に乗り越えていけるような、熱い想いを持った方、ぜひ、お待ちしています!

おいしい健康's job postings
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings