1
/
5

オハコの戦略的合併!新会社でのデザイナーの環境はどう変化するのか?


2021年4月、オハコはさらなる価値提供を追求するため、テクノロジー領域に強みを持つレピダム社、ビジネス領域に強みを持つツードックス社と統合し、株式会社インフォーズとして生まれ変わりました。

「先進的な技術を活用して安心・安全なデジタル化された世界を実現する」ことをミッションとして掲げています。

今回は新体制となったオハコのディレクターである大倉に、

「合併はオハコとしてどう捉え、デザイナーにどう影響があるのか?」

というテーマで赤裸々に語っていただきました!


Q.オハコとして今回の合併はどのような捉え方をしていますか?

結論、非常にポジティブに捉えています

合併により、これまでのUX/UIデザインに特化していたフェーズから、ビジネス・テクノロジー・デザインとワンストップでお客様の支援ができるフェーズへと入っていくことができます。

デザイン企業がテクノロジーという武器を持つことは特に大きな意味があります。なぜなら、私達がお客様の支援を通して創るデジタルプロダクトは、デザインだけで完成するものではなく、デザインとテクノロジーが融合して初めて完成されたものとなるからです。

また、お客様の課題がUX/UI支援に限らずDX全般の領域になってきていることも合併の背景になります。

お客様の本質的課題解決においてはUX/UIデザインの支援のみでは充分とは言えません。

お客様の課題を解決し、事業成長を促し、ユーザーがその価値を享受できるようなプロダクトを創るためにはビジネス、テクノロジー、デザイン(クリエイティブ)の3つの領域が必要です。人材市場でもこの3つの要素を備えたBTC型人材の需要が高まっているように、企業としてもBTCの3つの領域に強みを持てるのは大きいです。




Q.デザイナー目線ではどのようなメリットがありますか?

デザイナーにとってもこの統合は大きなメリットがあると思っています。オハコはこれまでサービスデザインやUX/UIデザイン支援に強みがありながらもシステム開発では外注も活用しておりました。デザイナーから見て、想定したものがその通りに実装されないとモヤモヤする部分もあったかと思います。しかし今は自社メンバーでエンジニアが在籍することになります。素晴らしいUX/UIを実現しようとしてくれる自社のエンジニアと密に連携できますし、デザイナーとしてもエンジニアリング視点に触れて学ぶことができる機会も増えています。

今回の統合により1社単独ででBTC領域を成し遂げることができる、そして総合DX支援ができる、これはお客様にとっても、ユーザーにとっても、メンバーにとっても非常にポジティブなことです。


Q.オハコとしてどのようなデザイナーと一緒に働きたいですか?

オハコとしての価値観が2つあります

1つはデザイナーとしてお互いを刺激合いながらスキルアップができるカルチャー構築をしていることです。

デザイナーとしてスキルアップ/キャリアアップをするためにはどのような環境が好ましいのか?オハコではメンバーの価値観が重要だと考えています。

デザイナーは他職種と比較しても自身のキャリアについて明確なビジョンを持ち、スキルアップ志向も強いです。そのため、どのような案件を担当することができるか、切磋琢磨できるスキルが高いデザイナーが在籍しているかが重要です。前者については、9年間蓄積した実績があり、かつ現在もエキサイティングな案件が多いため、その魅力は充分にあると自負しています。一方で後者は高いスキルを持ったデザイナーは在籍していると言えど、オールスター級のメンバーが在籍しているかというと、まだ充分ではないかもしれません。

そんな中、デザイナーに価値を感じていただける環境をどのように創っていけば良いのか?その解答は「メンバーの価値観」です。「価値観」とは、成長意欲/向上心/プロフェッショナリズム/日本のデザイナーの価値を高めたいという想いの部分を指します。

オハコの採用活動では敷いて言えば、スキル<価値観を重要視しており、刺激し合いながらスキルアップができるカルチャーを全メンバーで醸成していきたいと考えています。

もう一つは「社会の課題解決に繋がる案件」を重要視していることです

オハコは老舗のUX/UI支援企業として、これまで名だたる企業/プロダクトの支援に入ってまいりました。UX/UIの認知度/重要度が日々増している中、多くの企業様よりお問い合わせをいただいています。

そしてオハコは案件を受ける基準として「社会課題に繋がるか」を定めています。

オハコが支援をした企業/プロダクトが大きくなり、そして社会課題を解決する、日本がより豊かになっていく。そのキッカケを創っているのがオハコなのです。

また、その案件を受けるにあたりオハコのメンバーがワクワク仕事ができるのかも基準の一つにしています。メンバーにはより有意義な経験を積んでほしい、と考えています。

まとめると、チームとして切磋琢磨できる方、社会課題に繋がる案件にワクワクできる方がマッチするかと思います。



Q.最後に伝えたいことがあればお願いします!

UX/UIデザイナーが現在転換期を迎えていると感じています。

デザインについての価値が見直されている実態があり、事業会社もUX/UIデザイナーの採用、そして社内においての価値を再考し始めています。

数年前はオハコのようなUX/UIデザイン専業企業の価値が非常に高くご評価いただいていました。理由は事業会社に経験を持ったUX/UIデザイナーが在籍していることが少なかったからです。

ただ、現在は事業会社はデザイナーに対しての価値を再考しており、デザイナーの年収が上がり、デザイナーが働きやすい環境を構築し、そして副業をOKにするなどの動きを見せています。そのため事業会社にデザイナーが在籍する事案が増えている実態があります。

さらにUX/UIナレッジが増えたことにより、事業会社でも受託企業でもナレッジにアクセスできる環境が増えました。そのためデザイナーからすると「どう実行したいか?」が重要であり、一つのサービスを深掘りしたい場合は事業会社。いろいろな力を鍛えたい/幅広いサービスデザインを経験したい、という場合は受託企業を選択するはずです。且つオハコのようなUX/UI受託企業の場合は、どれだけ魅力的なサービスに携わることができるのかという視点が重要であり、且つ新しい知見を得ることができるのかが重要です。

またオハコは「受託」と呼ばれるとやや違和感があります。当社は「パートナー」であり、言われたことをやるのではなく、同等の立場としてgiveする、leadする存在であると考えています。

「パートナー」として様々な企業様のデザインに携わりたい、エンジニアが近くにいる環境で仕事がしたいという方にとってオハコは良い環境かと思いますので、ぜひ一度カジュアルにエントリーいただければと思います。

株式会社オハコ's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more