1
/
5

社内唯一の新卒社員!営業をクビになった男の再チャレンジとは?!《社員紹介vol.6》

こんにちは!OCEANGATE執行役員の道太です!!
遂に社員紹介もvol.6までやってきました🔥
今までは中途で入ってくれたメンバーを中心に紹介してきましたが、
今回はOCEANGATEで唯一の新卒社員の坂本孝史(サカモトコウシ)さんを紹介します😊
2020年卒で会社にジョインしてくれた坂本さん、4月から社会人2年目に突入しますが、
設立5年のベンチャー企業で過ごしたこの1年を赤裸々に語ってもらいます👍

"坂本孝史"とは?

株式会社OCEANGATE 採用コンサルティング事業部 プランナー / 2020年4月入社
OCEANGATE唯一の新卒社員。
2020年4月に新卒として入社。入社半年前からインターンとして業務に携わり、営業を学ぶ。
入社後には、営業マンとして成果を出すことができず、営業をクビになり営業企画に配置転換。
ただ、営業としての成果を諦めきれずこの2年目から再チャレンジを行うことに。

「普通の会社ではなく、特別な会社へ」

ー では、OCEANGATEの新卒採用第一号の坂本孝史くん。君がこのOCEANGATEを選んだ理由、何がよくてこの会社に入社したのか教えてください!

僕がこの会社を選んだ理由は、普通じゃない会社だと思ったからですね。
僕の中での普通じゃないっていうのは、固くない会社という意味で、年功序列とか上下関係とかで気を使いたくなかったんですよ。フランクに話すことができて、自由にやらせてくれる会社が良かったのでOCEANGATEに入社しました。

ー ということは、孝史にとってOCEANは普通じゃないってことね(笑)
  孝史から見たOCEANの第一印象ってどんな感じだったの?

イケイケ・自由・成果主義ですね(笑)成果出せばなんでもいいみたいな。
これが僕にとって普通じゃないって感じたんですよね(笑)

ー なるほどね(笑)でも他社も受けたんでしょ?他社と比較しても全然違ったの?

そうですね。面接は受けたんですけど、自分が企業を選んでる感覚で望んでいる中、ありのままの自分を受け入れてくれる会社はないと感じたんですよね。
それこそ就活エージェントを利用して、面接対策とか自己分析とかしてもらってたんですけど、なんか違うというか、正直作られている自分のような気がしてほとんど本番では意識してなかったんですよね。
人に作られたものではなくて、今までの自分をさらけ出して、ありのままの自分でいいよ。って言ってくれる企業がよかったんですよね。それがOCEANだったってことです。

「起業を目標に今はスキルや知識を高めていきたい」

ー じゃあそんな普通じゃないOCEANGATEに入社を決めたわけだけど、OCEANで実現したいことや目的・目標ってなんかあったの?

目標は、いつとは決めてないですけど、起業することです。ただただ会社を持ちたいっていう願望があります。なので、インターンとして入社する半年前から業務に携わって、営業の知識や知見を得ようと思っていたんですよね。その半年で実力をつけて入社する4月から営業マンとして独り立ちして、一人で契約を持ってくることができるようになることが目標でした。やっぱやるからには他の同世代と同じスタートは切りたくなかったんですよね。

ー じゃあやる気に満ち溢れてたんだね。結論から聞いちゃうんだけど、そんな目標掲げて1年間を走り抜けてみて、この1年間どうだった?

いや、めちゃくちゃきつい・・・(笑)成果も出ないし、教えてくれる人もいなくて自分から学ばないといけないし、ワークライフバランスが整わないし、かなりしんどかったですよ(笑)
最初はそれが普通だと思っていたんですけど、周りの友達に話を聞くときつい環境なんだなと感じましたし、中途の人が入社してきて聞いても同じことを言われたので初めて実感しました。

ー 今の話を聞くとめっちゃきつかったと思うんだけど、途中で辞めようと思ったことはなかったの?

正直、本気で辞めようと思ったことはなかったですね。やめるメリットがないというか、成長できる環境にいるのは間違い無いのに、離れるのはもったいないと思ったんですよね。
それに、結果が出ていないのにやめるのはダサいと思ってましたし、逃げたと思われるのでそれだけはしたくなかったです。あとは、同期の泰介がいたから頑張れたのはあります。泰介より早くやめるわけにはいかなかったです。

ー なるほど。じゃあやめるっていう選択肢はなかったってことか。
  そこまで頑張ることができたモチベーションってなんだったの??

起業したいという目標に向かっていく中で、やるしかないというか、目標は変えるつもりはないし、結果を出すしかないと思っていたからですかね。

ー いいね。自分の目標だけはブラさず持っていたわけだ。じゃあそんな紆余曲折のあった1年間での学びってなんだった??

やっぱり会社の人の定着はこんなに難しいんだと感じましたね(笑)
ただ、自分自身のスキル面は特に成長を感じていないので、本当に何もできなかった1年だったと思ってます。強いていうなら、タスク処理や資料作成、タイムマネジメントをできるようにはなったかなと思います(笑)総じて、この1年には全然納得できていないですね、、、。

「会社として最年少役員になることが今年の目標です」

ー なるほどねー。この1年は反省の1年ってことだ。ただ、俺はこの経験を活かして今後同じ失敗をしなければいいと思っているんだけど、次の1年間の目標とかってあったりするの?

それはもう最年少役員になることですよ。自分で会社を将来やるときに肩書きを持っていたいというのはありますし、役員会に参加したりして、経営というものを深めていきたいって思ってます。

ー 役員になりたいのね。じゃあそのためにできること、やることって何?

とりあえず数字をあげることですかね。今の役員の方と同じくらいの成果を出していきたいと思ってます。そのために営業の知識やスキルをつけなきゃいけないですし、朝活だったり、SNSの運用だったりできることは全部やりたいと思ってます。

ー 言ったからには実行してね(笑)ただ、役員っていうのも起業っていうのも通過点だと俺は思っていて、その先にある将来の野望ってなんかあったりするの?

自分の周りにいる人たちで自分の生活を作っていきたいと思ってます。
服は友達の作ってるブランド物を着たり、音楽は友達が歌っているものを聴いたり、知らない人にお金を使うのであれば知ってる人にお金を使いたいと思ってるんですよね。自分の知っている人だけでお金を回したいっていうのが僕の野望です。

ー 面白いね。そんな生活できたら毎日がハッピーだよな(笑)
 俺はその野望をぜひ叶えて欲しいと思っているし、やることやってれば叶うと思うから頑張ってな。
 では、最後の質問です。
 今の学生や新社会人の人に一言お願いします!!!!

自分が面白いと思う選択をしてください!
やることはなんでもいい、納得のいく軸を持って楽しんでください。

ー 孝史らしい一言をありがとう!今の学生・新社会人の手本になるような人材になってくれよ!!!

たった5人ほどしかいなかったベンチャー企業に新卒で飛び込んだ覚悟はすごいと純粋に感じました。
この1年は納得いってないとのことでしたが、恐らくその気持ちこそが自分の糧になっていて今の原動力になっているのだと思います。
ここから、OCEANGATEを牽引してくれる存在になってくれることを期待してます!!!

次回は、OCEANGATEの頼れるお姉さんを紹介するのでお楽しみに!!

株式会社OCEAN GATEでは一緒に働く仲間を募集しています。

株式会社OCEAN GATE's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more