1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

社員がモテる会社にしたい。アプリ領域で挑戦するマネージャーの思い

ナイルを社員がモテる会社にしたい――

全社員がそろった場で高らかに宣言したのが、マネージャーの坂井直人。現在、アプリ領域での新規商材を開発し、「アプリマーケティングといえばナイル」という存在にするべく邁進しています。アプリ領域での勝ち筋と、ナイルを「モテる会社」にしていくビジョンについて話を聞きました。

坂井直人

スマートフォンメディア事業部
2017年10月、ナイルに入社。大学卒業後、エン・ジャパンにて営業を8年間行い、圧倒的な商談実績により社長賞など数々の表彰を受ける。その後、大手結婚相談所を経てナイルへ。現在、ナイルの新しい柱となるアプリの新規商材の開発を行い、「Appliv Games」のメディア責任者も兼任している。

「新しいことをやる」という明確な意思に惹かれた

――まずは、今の担当している業務について教えていただけますか?

スマートフォンメディア事業部の営業責任者と、「Appliv Games」のメディア責任者を兼任しています。

特に、スマートフォンメディア事業部では、今年の10月にアプリマーケティングの新商材をリリースしたので、今はそちらを強化するべく、アプリ事業に注力しています。


――ナイルへの入社を決めたきっかけは?

一番は、ナイルが「新しいことをやる会社だ」という確信があったこと。当時は、マイカー賃貸「カルモ」の企画をしている時期でした。代表の高橋と話していて、これから新しいメディアや事業を起ち上げていくという明確な意思を感じたんですね。だから、いっしょにやっていきたいと思いました。

――新規立ち上げに興味があったんですね。

僕自身が、新しいことをずっとやっていきたいという性格なんですよね。飽き性というわけじゃないんですけど(笑)。

以前、勤めていた会社では、同じ商材で同じ営業を繰り返していて、興味が薄らいでしまったんですよね。入社1ヵ月目からお客さんのところに行ったり、電話アポをしたり、ガンガン営業していたんですよ。でも、入社時から退職するまで、商材は変わらなくて、やってることもクライアントになる会社もいっしょでした。

――安定はしていたんじゃないですか?

そうですね。2年目以降は残業も少なかったし、売上も伸びていて社長賞なども受賞していました。ただ、最後の1、2年は淡々とこなしているだけで、今考えると、だいぶもったいない時間だったかもしれないと思っています。

――そこから結婚相談所を経て、ナイルの入社に至るわけですね。

そうです。結婚相談所で新しい事業の立ち上げを行いました。オンライン相談という新しいスタイルで縁を取り持つというのがコンセプトでした。そこで目標にしていた10店舗目の立ち上げが終わって、さらなる新しい挑戦をしたいと思いました。

…続きは、こちらの記事本文をご覧ください。

https://r-blog.nyle.co.jp/archives/2018/11/20/spm-sakai/

リンク先の記事本文では、

・アプリマーケティング領域における挑戦

・ 仕事へのこだわりポイント

・モテる会社とは?

について語っています。

アプリマーケティング領域の求人はこちらをご覧ください!

https://www.wantedly.com/projects/256246

ナイル株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more