1
/
5

生涯現役でエンジニアとして働く!その想いを本気で応援してくれる会社に出会えた。

ニジボックスの人とワークスタイルを紹介する、社員インタビュー。今回お話を伺ったのは、フロントエンドエンジニアとしてリクルートの住宅情報サイトのサービス開発支援を担当する鈴木さんです。
芸術学部で学んだ学生時代は創作活動に没頭、就職後はWebデザイナーやエンジニア、フリーランスも経験するなど、いつも行動的でアクティブな鈴木さん。

「リクルートの大規模サービスへの参画は、これまでのSESとは全く違う。人生で初めて、じっくりと腰を据えて働きたいと思える会社に出会えた」

ニジボックスのことを、そんなふうに語ります。

今回は、鈴木さんのこれまでの職歴や働くことへの考え方、ニジボックスでのワークスタイルを中心にご紹介します。「SESの仕事をしているが、別の働き方も模索してみたい」「エンジニアとして、スキルアップを目指せる環境で働いてみたい」そんな思いをお持ちの方に届けたい記事となっています。

「ITでものづくりをしたい」
そんな思いで、Web業界へ。
エンジニア経験ゼロで挑戦したSES。

―学生時代、鈴木さんはどのようなことを学んでいたのですか?

大学は芸術学部に在籍し、デジタルアート全般を学んでいました。映像作品を制作して個展を開催したり、パッケージやグッズのデザインをしたり、イベントの演出映像を制作したりしていました。

―マルチに活動されていたのですね!当時、「将来はこんな仕事をしたい」というビジョンはありましたか?

入学当初は、ものづくりを通じて人を喜ばせたいとか、エンターテイメントの世界で仕事をしたいとか、なんとなくものづくりの仕事をしたいとは考えていましたが、結婚して家庭に入るのも楽そうだなとも思っていました。ですが、在学中にお世話になった人から「将来誰かと結婚したとしても、相手がいつ病気になって、稼げなくなるかわからない。だから、いつでも仕事を続けられる状態でいなくちゃ。そのためには、今後発展していく分野の仕事をした方がいいよ」と言われたんです。それからITの分野に興味を持つようになり、Web業界を目指すことにしました。

―卒業後、住宅リフォーム会社に特化したWebコンサル会社に入社されたそうですね。入社の経緯と、どんな仕事をしていたのかを教えてください。

卒業後はWebデザイナーを目指して、住宅リフォームの企業が抱える課題をWebで解決するベンチャー企業に入社しました。当時は、Webデザインの仕事ができる会社であれば、業界にはあまりこだわらなかったんです。ですが、研修でphpが他の人よりも偶然できてしまったことから、デザイン部ではなく開発部へ配属されてしまって…。デザイン業務ではなく、サイトの企画から制作までを一人で行なっていました。

企画しては社長にプレゼンして、オーケーが出れば制作して、という作業を繰り返す中でだんだんと思うようになったんです。世の中のサービスには便利なものがたくさんあるのに、今の自分の技術では、いつまでたってもそのような良いサービス作りには携われないと。

―そこで本格的にエンジニアを目指そうと動き始めた、ということですね。

そうです。会社を辞めて「未経験 エンジニア」で検索して求人を見つけ、SESの世界へと飛び込みました。最初はテスターから始まり、不動産ポータルサイトのバックエンドの保守を担当したり、映画館のWebリニューアルでCMSを担当したり。いろいろな現場で、幅広い経験をさせてもらう中で、バックエンドよりもマークアップが向いているな、と自分の得意分野も見えてきました。

―SESの会社を2社経験した後に退職し、フリーランスになったそうですね。どんな心境の変化があったのでしょう?

いろいろな経験をさせてもらう中で将来のことを思い、転職を考えるようになったんです。ですが、そんなにすぐに自分のやりたいことができる会社を見つけられないですし、転職してしまったら、自分のこの先をしっかりと考える時間もないかもしれない。そう思い、「ちょっと長い夏休みをとってみるか…」くらいの軽い気持ちで、会社を辞めることにしました。

姉の出産&コロナウイルスの流行。
二つのできごとが、
働き方について改めて考えるきっかけになった。


―退職して、フリーランスの道へ進まれたということですね。その時は、どんな仕事をしていたのですか?

SNSに退職ネタを投稿していたら、徐々に仕事を頼まれるようになって、のらりくらり、フリーランスとして仕事をしていました。マークアップを中心に、依頼主の「こんなサービスを作りたい」「こんな企画を考えているけど、作れる?」と言った要望を聞いて制作をしていくという案件が多かったですね。Webに関するものであれば幅広く仕事をしていたこともあり、チラシを作ったり、バナーを作ったり、時にはカメラ片手に取材をしたり。エンジニアとしての技術を必要としない仕事も受けるようになっていきました。

依頼主が喜んでくれることは嬉しかったのですが、エンジニアとしての技術的なところから離れてしまっていたんです。そこで本来の目標に立ち返り、フロントエンド領域全般で活躍できるエンジニアを目指して、実力を伸ばしていける環境に身を置きたいと考えるようになりました。

―そこで再び、企業への所属を考え始めたわけですね。

理由はそれだけではなく、いろいろな事情が重なって、という感じです。
企業間の取引ではあり得ないことだと思いますが、仕事に対する報酬が支払われずに逃げられてしまったり、コロナウイルスの影響で仕事の依頼自体もなくなってしまったり、ということを経験して…。

ちょうどその頃、プライベートでも変化がありました。結婚後も仕事を続けてきた姉が、子どもを出産したんです。仕事をしながら育児も頑張っている姉の姿を見て、将来自分の人生にもハッピーイベントが訪れた時、家庭をしっかりと支えていける力を身につけたい。エンジニアとして、人に喜んでもらえるようなサービスを作り続けていけるエンジニアになりたい。そう思うようになりました。

―その後、ニジボックスとの出会いを果たすわけですね。どのような経緯だったのでしょう?

転職エージェントに相談すると「リクルートグループの会社で、エンジニアとしてのキャリアアップも目指せて、福利厚生もしっかりしている会社があるよ」と、ニジボックス を紹介してもらったのが、最初の出会いです。初めは、リクルートは能力の高い人ばかりで、私なんてお門違いなんじゃないかな、なんて思っていました。もちろん、リクルートは福利厚生が充実していて、ワークライフバランスもしっかりとしている会社というイメージはあったのですが、なんとなく敷居が高い気がしていたんです。ですが、転職エージェントの勧めもあり、せっかくなので候補の一つとして応募してみました。

―数社の候補がある中で、ニジボックスを選んだのはなぜですか?

エンジニアとしてさらなる技術向上が目指せる環境であることはもちろん、さらに社員のワークライフバランスを重視したサポートに会社全体で取り組んでいることが安心感につながりました。
例えば、これまで私は数回転職をしていますが、入社直後に有給休暇が支給されるような会社は1社もありませんでした。フルフレックス制で、教育制度も充実していて、それだけでなく、有給休暇もすぐに付与されるなんて…、とびっくりした覚えがあります。
急に体調が悪くなったり、心が折れてしまいそうになったりすることは、誰にでもあると思います。何かあった時にもちょっと一息つける時間があると知ったことで、新しいスタートへの不安が和らぎました。

―その他に、面接での印象や、いいなと思ったポイントはありますか?

面接をした際に、担当者の方がフレンドリーに接してくれて、すごく話しやすかったのを覚えています。会社の良い部分だけを建前で話すのではなく、エンジニアの教育で悩んでいる部分や課題に感じている部分も包み隠さず話してくれました。社員のスキルアップや、その人がいかに自分のやりたいことをやれるか、というところに重点を置いて社員教育を行っていることが、ひしひしと伝わってきたんです。この会社であれば、仕事でもプライベートでも、自分の理想を叶えることができそうだなと思いました。

経験者であっても、手厚くフォローしてくれる。
そんな体制があるから、のびのびと働ける。


―ニジボックスに入社したのが、約半年前。
この半年間、どのような業務を行ってきましたか?

入社してすぐに、リクルートの住宅情報サイトを運営する現場に参画することが決まり、楽しみな反面、ちょっぴり不安も感じていました。というのも、前任の担当者が一ヶ月後に異動になるため、それまでに業務を完璧に覚えなくてはならない、と思ったからです。
SESの会社に所属していた時は、新しい現場へ参画する際、担当者から引き継ぎの業務はあるものの、たった一人で放り込まれ、自分でやり方を模索していくというようなことが多く、慣れるまでは大変なこともありました。
ですが、ニジボックスの場合はフォロー体制が全く違いました。

―具体的には、どのような違いがありましたか?

とにかくフォロー体制が手厚いんです。引き継ぎをしてくれる担当者に加えて、技術的なアドバイスをしてくれるエンジニアが二人私の教育担当としてついて、これまでで一番手厚いフォローをしてもらいました。社会人を何年経験したとしても、初めての職場や現場は慣れないもの。ニジボックスはそんな気持ちをすごくよく理解してくれていて、新入社員が働きやすいようにフォローしてくれるんです。

―手厚いフォロー体制は、今も続いているのでしょうか?

最初は引き継ぎ業務や仕様の把握業務などは、いつも教育担当の二人にも確認してもらっていましたが、だんだんと二人のフォローを受けなくても、一人で進めていくことができる業務が増えてきました。
とはいえ、急にフォローしてもらえなくなるというわけではありません。今も困った時にはすぐに相談に乗ってくれ、とても心強いです。

―現在、具体的にはどのような業務を行っていますか?

リクルートの住宅情報サイトを運営する部署に参画し、フロントエンド開発業務を担当しています。日々、サービスをより使いやすくしていくための開発支援が主な仕事です。細かい画像の差し替えから、フロントエンド領域を超え、バックエンドと連携した長期的な改善支援を行っています。

一般的なSESとは180度違う?リモートワークでも不安を一切感じなかった、リクルートへの初参画。

―引き継ぎに対する教育体制やフォロー体制以外に、前職でのSES業務との違いや、ニジボックスの良さは、どんなところにありますか?

まず、私のような新入社員が不安に感じる要素が、全くないことです。
先ほどもお話しましたが、何年経っても初めての職場は不安を感じるものですよね。仕事の内容だけでなく、環境や人間関係に対しても不安を感じる人が多いと思いますが、ニジボックスはその辺りの心遣いがすばらしい。私はコロナ禍での入社だったため、入社後からずっとリモートワークです。毎日自宅で仕事をしていますが、オンラインでの研修や社内イベントの時に、新入社員である私が取り残されず、みんなの輪に入っていける雰囲気作りや工夫に力を入れてくれていて、人見知りの私も馴染みやすかったです。

さらに、メンバー全員が日々の働き方や業務内容をよりよくしていこうと前向きなことです。
「これはだめ」というような決めつけが一切なく、仕事をしながら自主的に技術を学び、業務を簡略化するツールを制作したり、自分が得た知見や情報をメンバーにおしみなく共有したり。誰に指示されることもなく、みんな自由に柔軟に、楽しそうに働いています。

以前の職場は自主的に勉強するという時間をなかなかとることができませんでした。それに比べてニジボックスは、通常業務以外にスキルアップのために使える時間を確保しやすい環境なので、その時間をうまく使っているメンバーがたくさんいます。リモートワーク中でも、オンラインで勉強会やLTが活発に行われていて、みんなの前のめりな姿勢に刺激を受けています。

―聞けば聞くほど、ニジボックスでのワークスタイルの違いを聞くことができそうですが、最も特徴的に感じていることは何でしょう?

メンバー同士のつながりや、仲間意識が強いことですかね。
SESや参画型の仕事を経験したことのある方なら分かると思いますが、自社のメンバーよりも、毎日一緒に仕事をしている参画先メンバーとのつながりの方が強いと感じる場面が多いと思います。ですが、ニジボックスの場合は、それぞれ別々の現場に参画していても、自社メンバー同士のつながりを何よりも大切にしています。
例え参画先で困ったことやトラブルがあったとしても、何でも相談できる仲間がいますし、仕事で嬉しいことがあった時に、喜びを心置きなく共有し会える仲間がいます。このような環境の中で仕事ができる会社は珍しいのかもしれません。

ニジボックスは、仕事とプライベートを両立し、
一生エンジニアとして活躍できそうな会社。


―今後の目標や目指すキャリアについて教えてください。

日々さまざまなモダン技術に触れニジボックスのメンバーと触れ合う中で、まだまだ知らないこと、できないことがたくさんあるんだなと実感しています。なので、まずは技術の幅を広げていくことが目標です。
今はいろんな方からフォローしてもらいながらの業務が多いですが、私がこの半年間で他のメンバーによくしてもらったように、人に教えたり、誰かの悩みに寄り添ってあげたりできる人になりたい。そうして、これから先の人生にどんなことが起こっても、仕事とプライベートを両立させながら、生涯をかけてエンジニアとして活躍していきたいです。リクルートのサービスという、人々の生活に密着した価値を提供できる仕事を介して、たくさんの方に喜んでいただきたいですね。

―最後に、鈴木さんにとってニジボックスがどんな会社なのか教えてください。

これまでいくつかの会社を経験し、フリーランスも経験しましたが、初めて「じっくり腰を据えて働いてみたい」と思えた会社です。以前は私の居場所はここでいいのかなとか、いつかは転職しようかなとか考えることが多かったのですが、ここでずっと働いてみたい、という気持ちになったのは、初めてのことです。入社して半年なので、まだまだ慣れない部分も多いですが、ここには自分のやりたいことにとことん挑戦させてもらえる環境が用意されていて、少しずつですが日々成長を実感することができています。

ニジボックスで技術を磨きながらサービスに貢献し、エンジニアとして生涯現役で活躍できる一つの見本になれたらと思っています。

株式会社ニジボックス's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings