1
/
5

大手財閥商社からベンチャーへの転職。真逆の環境で見つけた個としてのキャリア

ネクストビート中途入社のキャリア感をお伝えする連載企画、4人目は大手財閥系商社からネクストビートへ転職し、「保育士バンク!」キャリアアドバイザーとして入社半年でリーダーへ昇格後、現在、マネージャーを務める柴内へのインタビューをお届けします。

【経歴】
柴内 勇輝(しばない ゆうき)
中央大学経済学部卒業後
2015年4月 新卒で大手財閥商社に入社
2018年3月 ネクストビート 入社 保育士バンク!キャリアアドバイザー
2018年9月 リーダー昇格
2020年4月 マネージャー昇格

PDCAを高速でまわせる環境を求めネクストビートへ転職

―――商社からITベンチャーへ転職を考えた理由を教えてください。

商社で働く中で、世界を股にかける貿易、日本のものづくりの根幹を支える鉄の営業にやりがいを感じていましたが、一方で歴史のある会社には既存の手法で取引を守ることに “美学”があり、新しさが嫌われる空気感がありました。大きな会社の中で自分が歯車の一つである感覚も否めず、もっと自分の裁量で営業をしていきたいという意欲からベンチャーを新天地に選びました。

また前職では個人の力というよりも大手である会社の看板の力が強く、業務面でも既存の顧客に対し受注通りに届けることが求められているなど、仕事に対する自分自身の介在価値が感じにくい環境でした。そこで法人と求職者の双方に対し介在価値を感じることができる人材紹介業に興味を持つようになりました。

―――人材×ベンチャーの軸の中からなぜネクストビートに入社を決められたのでしょうか?

何社か選考に進む中でも、ネクストビートのPDCAサイクルがずば抜けて早く、自分自身が求めているベンチャーのスピード感がネクストビートにあると感じ入社を決意しました。

前職では社内稟議に1ヶ月、トライアル実行に半年かかるなど新しい施策を行うにもかなり時間がかかっていましたが、私としては、そのPDCAサイクルでは遅いと感じていました。ネクストビートは、採用選考や結果までのスピードもとても速く、現場の方との面談時には、半年や1年で昇格した実例も複数伺い、入社前からそのスピードを感じることができていました。

実際の業務においても上長や役員との距離が近く、ある程度裁量を持って仕事ができるので新しい施策を実行するまでのスピードや施策に対するPDCAサイクルの早さなど日々そのスピード感を実感しています。

ベンチャーだからこそ実現できる最速キャリア。20代でマネージャーへ。

―――入社当時のキャリアプランを教えてください。

20代のうちにマネージャーになることです。

前職は、40歳ごろまでマネジメントポジションに就けないような環境でしたので、せっかくベンチャーでスピード感のある環境に身を置くのであれば若いうちにマネジメント経験を積みたいと考えていました。

―――なるほど。柴内さんは、実際に入社半年という最短でリーダーへ昇格、現在はマネージャーとなり入社時のキャリアプランを実現されていますが、今後のキャリアや目標はありますか?

はい。将来的にはネクストビートの基幹事業である「保育士バンク!」のBussines Owner(事業責任者)になることを目標にしています。ですがまずは足元の数字の達成が大切ですし、今期は現在私が管掌している3チーム全体での達成を実現したいと考えています。自分自身もプレイングマネージャーとして数字を追っている身なので営業としての楽しさも感じていますが、なにより自分の売り方をメンバーに出来る限り共有し、最終的には管掌チーム全体で達成する喜びを分かち合いたいと思っています。

―――チーム作りをする中で意識されていることや大事にされていることはありますか?

私たちの仕事で一番大切なことは、「求職者の方と事業所の方の役に立つこと」なので、シンプルに「お客さんのためを思って行動しなさい」ということはいつも伝えています。それありきで我々はお金をもらっているので、この仕事の本質的な部分をチームでぶらさないように意識しています。

私自身この仕事に慣れてきた頃に、どこかぼんやりと仕事をしてしまい成果もあまり出ない時期があったのですが、その本質に改めて気づいたことで、難しいことを考えず楽しみなが営業ができるようになったという経験があります。

「営業数字が上がる」=「マッチングが成立し求職者に対しても事業所に対しても役に立っている」ということなので、シンプルに求職者や事業所の方のために行動することで営業数字も上がっていくという良いサイクルが生じると思います。

何もしなくても変わらない環境から、何かしなければ変わらない、自分の力で数字を作り上げる環境へ

―――前職での経験が活きていると思うのはどんな時ですか?

前職はいい意味でも悪い意味でもきちっとしていたので、重要なことは必ずメールでやり取りしエビデンスを残すというような仕事の進め方は、対法人において活かせていると思います。自分の仕事に責任を持ち、きちんとエビデンスを残すことで内定関連の重要書類の回収漏れ等も一度も起こさずにここまでこれています。

また、前職で培った信頼関係構築力も求職者・法人双方に対して活かせていると感じます。商社は、2社間を取り次ぐだけの機能なので顧客にとってはどの商社に依頼してもあまり変わりません。だからこそ、会社の看板と担当者の信頼度が選ばれるために必要な要素になっていました。相手の担当者とのコミュニケーションの中でどんな話し方をすれば良いのかや、何を求められているのかなど考えながら対話することは、キャリアドバイザー業務においても必要な力なので活かせていると感じます。

―――逆にギャップや異なる点はありますか?

そうですね。これまでの様に既に信頼関係が構築されたものを引き継ぐような既存営業のスタイルとは異なり、0から自分で信頼関係を構築していかなければいけないという点は大きく異なると思います。

また入社した当時は研修制度もほとんどなく、いきなりチームに配属され業務をやりながら身に着けるといった流れでしたので、仕事を進めるには自分で考えるか、他のチームの人に自分から声をかけ聞きに行くしかありませんでした。受け身で教えてもらうのを待つのではなく、自ら動かないと何も始まらないという環境が当時とても刺激的だったことを覚えています。

―――営業としての数値の追いかけ方など共通点や違いはありますか?

前職は、「遅滞のないデリバリー管理」や「在庫管理」が介在機能であり、発注に関しては、取引先の方がシステムから自動で行って頂けていたので、極端な話、自分から営業をかけず黙っていても数字は上がっていくような環境でした。

逆にネクストビートでは、何もしなければ数字は生まれませんし自分がやらないと何も進まないので「0から数字を作る」という点で大きく異なると思います。自分で求職者と面談をして、求人を探し、面接を設定したりクロージングをする。自分が動けばその分数字も上がるので、自ら仕掛ける営業を楽しみながらも目標数値から逆算をして数字を作るという力が身についてきていると感じています。

「どうしたらできるのか」を思考し続ける「数字に貪欲な人」と働きたい

―――今後どんな人と一緒に働きたいですか?

プロ意識が高く、数字に貪欲な方と一緒に働きたいです。

もちろん営業職であれば皆さん目標達成意欲はあるのですが、その強弱は人によってまばらだと思います。その中でも目標達成意欲がとんでもなく強い人が最後に達成まで持って行ける人だと思うので、いい意味で諦めが悪く数字に貪欲な人がいいですね。

また、数字の進捗が悪くても悲観的になるのではなく、どうしたら立ち直れるかやどうしたら少しでも改善できるかといった思考を張り巡らすことができるプロ意識の高い方もいいと思います。思考停止せず常に「どうしたら出来るのか」を考えて頭を回転し続けられる人にネクストビートへ来てほしいと思います。

―――現在、同じように商社で働かれている方の中でもどんな想いを持っている方がネクストビートに合うと思いますか?

自分という存在価値を存分に発揮したいと思っている方はネクストビートに合っていると思います。商社は組織が大きくどうしても個が埋もれてしまう傾向にあるので「自分」が間に入って何ができるのかということを考えている人は、ネクストビートや人材紹介での仕事を通して「自分」の介在価値を感じながら働くことが出来ると思います。

▼過去のキャリアインタビューはこちら▼


株式会社ネクストビート's job postings
19 Likes
19 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more