1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

昨日の自分を超えるために、誰よりも泥臭く挑む

ネクストビート2021年新卒内定者紹介記事。記念すべき1人目は、既に20か月前倒しで入社済みのマルフォートラ・マイケル・ピーターをご紹介いたします。

【経歴】

イギリス生まれ日本育ち。法政大学グローバル教養学部出身。元体育会バスケットボール部。19歳で急性白血病と診断され、闘病。無事に退院をし、若年層の献血者を増やすことを目的に、がん支援団体を立ち上げる。家族で運営していた英語スクールも法人化・拡大をし、新規事業を立ち上げる。ベンチャー企業で半年勤めた後、現役大学3年生として20ヵ月前倒しでネクストビートに入社。KIDSNAメディアのセールスを担当。


どんな学生時代を過ごして来ましたか?

学生時代は、バスケットボール部の活動がメインでしたが、空いた時間があれば自分がやりたいと思ったことを全て実行しようと意識していました。時間が自分の財産であり、やらないで後悔することだけは絶対に避けたいと思ったので、自分のできる範囲でビジネスを始めてみたり、同じ想いの人を集めてがん支援団体を作ってみたり、うまくいかないことも多かったですが、今の自分に繋がる経験が沢山できました。

どのように就職活動を進めていましたか?

たくさんの方に会いお話しすることと、現場を経験できる仕事やインタ―ンを行うように意識していました。自分でネットなどで調べることも大切だと思いますが、様々な企業で実際に働き現場を見たり、社会人として働いている方のお話を聞くのが1番重要だと思っていました。実際にネクストビートに出会ったのも、リファラル制度を通して紹介してもらったのがきっかけでした。



ネクストビートへの入社の決め手を教えてください!

会社のカルチャーが最大の決め手でした。将来独立を目指しており、その為には常識にとらわれず自分の力で答えを見つけれるような力を身につけたいと思っていたので、「結果を残すことを前提に、自分に責任を持たせてくれる環境」が必要だと感じていました。その中でネクストビートは、学生でも正社員と同じ結果を期待され早期入社できるという点から「常識に捉われない組織」だと感じ、自分の目指す方向とマッチすると思いました。

入社後にチャレンジしたいこと

マーケティング、セールス、マネジメント、ビジネスの収益部分の戦略、などの幅の広い領域の中で、一つ一つに没頭をし、自分の出せる最大限の結果を残したいです。その後、自分の弱みや強みをより明確にした上で、常識にとらわれないチャレンジを沢山していきたいです。そして、顧客に対してサービスを提供するビジネスマンから、顧客、会社、社会の全てに対して価値を生み出せるプロフェッショナルになっていきたいです。

これを読んでいる学生へ

キャリアに関して、悩むことが多い時期かと思いますが、今考えていることは、半年後、1年後、5年後とどんどん変わっていくものだと思ってほしいです。この短い期間で、自分の人生を細かく設計するのは難しい部分が多いので、まずは色々なことに挑戦してみることをおすすめします。ネクストビートの交流イベントなど、現場で活躍する正社員とお話しできる機会は、色々な考えを吸収する貴重なチャンスなので、是非ご活用下さい。

株式会社ネクストビート's job postings
35 Likes
35 Likes

Weekly ranking

Show other rankings