1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

自ら考え、実行できる環境で自身の開発力を活かし「おもてなしHR」を次なる基幹事業にしたい。

みなさまこんにちは。ネクストビート広報の野間です。
本日は、19卒で未経験エンジニアとして入社した伊藤のインタビューをお届けします!

―profile―

伊藤 馨(いとう かおる)
島根県出身。日本体育大保険医療学部整復医療学科専攻。小学校1年生からサッカーを始め、大学ではサッカー部に所属し、キャプテンを務めたことも。高校生の時、怪我で通った接骨院の先生に心身共に支えられた経験から「柔道整復師としてスポーツをする人を支えたい」と考え、整復医療学科に進む。学業の傍ら、学生スタッフとして接骨院で働いた際に、柔道整復師の過酷な労働環境を目にする。同時期に、過労死のニュースが大きく報じられ、働き方改革に関心を持つ。世の中の意識を大きく変えるにはITの力が必要と感じ、ネクストビートのエンジニア職にチャレンジ。エンジニア未経験ながら、熱意の強さと自走力が評価され、採用に至る。現在は宿泊業界専門の就職・転職支援サービス「おもてなしHR」のプロダクトエンジニアを務める。

▶過去内定者インタビュー記事はこちら

ネクストビートへの入社理由を教えてください

「柔道整復師としてスポーツをする人を支えたい」という夢を叶える為、大学は整復医療学科に進学しました。学業の傍ら接骨院で働いていたのですが、実際に働く中で、柔道整復師の方が事務作業に追われて施術に集中できなかったり、休憩もまともにとれない過酷な労働環境の現実をみて愕然としました。ちょうど同時期に過労死のニュースが大きく報じられていて世の中的にも働き方に対する関心が高く、自然と「理想の働き方って何だろう」と考える機会が増えていきました。地元の島根へ帰省した時、友人と話をしていても「やりたいことも特にない」というネガティブな話を聞くことが多く、「自分は好きなことを前を向いてやっていきたいし、そういう風に働く人を世の中に増やしたい」という想いに至りました。社会の大きな意識改革が必要となる分野なので、ITの力は欠かせないと思い、自分もITエンジニアの知識を身に着けたいと考え、エンジニアを志すことにしたのです。独学でエンジニアの勉強をスタートし、「paiza」というIT/WEBエンジニアに特化した総合求職・学習サイトでネクストビートを知りました。ネクストビートはまさに日本にとって重要な社会課題への価値貢献を志している企業で、当時はエンジニア未経験でもインターン受け入れをしてくださっていたので、チャレンジしてみようと思い、インターンを開始しました。そこで感じた、CTO衣笠さんをはじめとした開発部のメンバーの人柄、技術力とコミット力の高さに触れ、入社意欲はさらに高まりました。最終的には、開発できる管轄範囲の広さ、急成長している会社のフェーズが決め手となり入社を決意しました。



現在の仕事内容を教えてください。

『おもてなしHR』という宿泊施設業界に特化した就職・転職支援サービスのサービスサイトで、フロントエンドからサーバーサイドまで、広範囲の開発を担当しています。入社する前からインターンで『おもてなしHR』の開発に関わっていましたが、当時、コラム機能の開発を任せていただく機会がありました。週5日も稼働していない自分にできるのか正直不安でしたが、先輩方のサポートもあり、無事入社前にリリースできたことは非常に達成感がありました!(一部バグが生じてしまいましたが…) 入社後改めて「おもてなしHR」に配属となり、大型のサイトリニューアル、応募フォームのチャット化、求人のキープ機能、履歴書の自動アップロード機能など、様々な機能の実装を担うことができ、やりがいを感じています。また、開発以外の部分では新人育成にも携わっており、2020年4月入社の新入社員研修のメンターを経験させていただきました。カリキュラムの作成からスケジュールの管理、入社後の研修や進捗の管理までを担当していましたが、自身が教える立場に立つことで再度技術理解を深める機会にもなりましたね。新型コロナウイルス感染症の影響がありながらも、新入社員の皆さんが無事各部署に配属されたので嬉しく思っています。


仕事のやりがいや喜びを教えてください

プログラムを組むこと自体が好きですし、新しく機能を追加することでプラスの効果が出た時は嬉しいですね!例えば、「セールスが手動入力に時間がかかっている」という課題に対して、これまで手動入力だった部分を一部自動化することで、他のことに生産的に時間を使えるようになったり、自身が開発を担当したことでユーザーの応募率向上に繋がったという結果がやりがいとなっています!逆に、自分が開発を担当した部分でバグが出たりするとやはり落ち込みます…。とはいえ、失敗したことにより、「今後はここを考慮すべきだと気付いて良かった!」 と、学びを得たことをプラスに考えるようにしてモチベーションを保っています。


ネクストビートの行動指針である「nextbeat pride」のどれを最も重視していますか

「永遠ベンチャー」です。

新しい技術に触れようとすると、大体のことはほぼ0からのスタートになるのと思うのですが、エンジニアとしては技術、設計、開発手法など常にアップデートされていくものが多いので、最新のトレンド技術を常にキャッチアップするように努めています。また、そのことが自分の市場価値の向上にもつながると考えています。

興味をお持ちいただけた方は、Wantedlyで掲載中の下記募集ページよりご連絡ください。選考ではなく、まずは話を聞いてみたいという方も、お気軽にご連絡お待ちしています!
株式会社ネクストビート's job postings
40 Likes
40 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more