This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

自分の介在価値を高め、より精度の高いマッチングを。

こんにちは!ネクストビート編集部です。
今回は保育士バンク!の営業で千葉担当のリーダーを務める柴内勇輝にインタビューしました!

Q.ネクストビートへの入社理由を教えてください。

鉄鋼製品を扱う大手財閥系商社から転職しました。世界を股にかける貿易、日本のものづくりの根幹を支える鉄の営業にやりがいを感じていましたが、一方で歴史のある会社には既存の手法で取引を守ることに “美学”があり、新しさが嫌われる空気感がありました。大きな会社の中で自分が歯車の一つである感覚も否めず、もっと自分の裁量で営業していきたいという意欲からベンチャーを新天地に選びました。
ネクストビートは転職エージェントからの紹介です。面接を通じて裁量のある環境や事業展開のスピード感など入社後のイメージが明確になりました。代表の三原さんや先輩社員の方が仰っていた「実力次第で昇格・昇給もすぐにできる」という実例に基づくエピソードに強く心を動かされました。前職では待ちのスタンスでも仕事が生まれましたが、今は自分から獲得に動かなければ何も始まりません。「仕掛ける営業」は自分の目指していたところです。

Q.現在の仕事内容を教えてください。

保育士・幼稚園教諭向け転職支援サービス「保育士バンク!」の営業で、千葉県を担当しています。求職者の方から転職先に求める条件や今の職場での悩みについてお話を伺い、最適な求人の紹介や見学・面接の設定、就職までの準備等あらゆるサポートします。同時に県内の保育園・幼稚園には運営状況や採用要件などを細かくヒアリングします。要望を上手く言えない方も多いので、相手の深層心理まで把握することを心掛け、両者の想いが重なる精度の高いマッチングを目指しています。
昨年10月からは千葉担当のリーダーを任されました。メンバーの業務の進捗状況を朝夕に確認し、日々改善を繰り返しています。個人としても他メンバーと同様に目標の数字があるので、「誰よりも売上を伸ばしたい」という気概で仕事をしています。
保育施設は人員不足で本当に困っています。一方で求職者の方は自分自身で施設のことを詳しく調べるのは難しいですし、細かい希望条件があっても質問するのは遠慮してしまいますよね。残業時間や有休取得率など直接は聞きにくいことをキャリアアドバイザーが間に入って確認することで、フィットした職場が見つかり、子供たちのためにご活躍いただけると考えています。

Q.仕事のやりがいを教えてください。

自分が介在しなければ実現しないマッチングがあることです。内定が出た喜び、人員が充実する喜び、双方の喜びがやりがいです。今の仕事はお客様との距離感が近いところが魅力ですね。
保育士不足が叫ばれていても、子供が少なくて保育士の募集が多くない地域もあります。千葉県の外房地域の保育園で今年からご活躍されている保育士さんがいらっしゃるのですが、通勤時間など条件に合う転職先がなかなか見つからず、我々を頼っていただきました。「保育士バンク!」が業界大手とはいえ、エージェント料が決して安くはない人材紹介サービス自体に馴染みのない地域はまだまだ多いです。その分のハードルは高かったのですが、約2週間毎日連絡を取り合い、保育施設にもコンタクトを続けてようやく条件に合った保育園への入社に至りました。「柴内さんのおかげで」と長文のお礼をいただいたことは忘れません。サービスが普及していない地方でのプレゼンスを高めていくこともモチベーションの一つです。

Q.ネクストビートの行動指針である「nextbeat pride」のどれを最も重視していますか。

「Output First」です。

自分がこの会社でやりたかったこと、やってきたことです。会社をより良くするために、立場に関係なく提案・実行できる文化がある環境です。他のnextbeat prideともつながっていますが、これからも“自分発信”で仕事を進めていきたいです。

株式会社ネクストビート's job postings
54 Likes
54 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more