Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

会社初の採用担当はなんと内定者!ドキドキしながら書いてみた。#2

みなさん、こんにちは!

ネクスタム採用担当の宇恵 南(うえ みなみ)です。

先週は、大雨の日もあれば、猛暑の日もありましたね...

体調管理に気をつけていきましょうー!

さて、本日は私の就活のお話です。

ネクスタムを選ぶこととなった軌跡を覗いていってください。

就活、それは奇跡の積み重ね

私は全くと言っていいほどIT企業に興味がありませんでした。

なぜなら、「なんだか難しそう」だから。

そんな私がなぜIT企業のネクスタムと出会えたのか...。


2月。早期化する新卒採用に乗り遅れまいと、私は合説イベントに参加しました。

10社の会社を6回のローテンションでお話を聞くこのイベント。

興味のある6社のみということで、

話を聞きたい会社を絞った時にも、

私のメモ帳に「ネクスタム」の文字はありませんでした。


座った位置に運命あり

6社のうち、1番最初に聞く会社の説明は、座った位置から近いブースに向かうという指示。

実はその会社こそがネクスタムだったのです。
約20分の会社説明を聞いても、正直ピンとこなかった私。

印象に残ったのは、「2025年に4時間勤務にする」というネクスタムの目標。

その場では選考に参加するつもりもなく、アンケートを提出しました。
その数日後...私の元には1本の電話が。

採用担当「ネクスタムの富井です。ぜひ早期選考に参加してほしいのですが...」

私「あ、4時間勤務を目指している会社ですよね?!」

今考えると物凄く失礼な応答ですが、急にきた電話に驚いて慌てたのを覚えています。

「ぜひ選考に参加してほしい」という電話は、

めっちゃできる人しか来ないと思っていたので、

驚きを隠せませんでした。

あまり志望度が高いわけではないけど

「ここまで言ってくださるのなら」と感じ、

選考参加を決めました。


ただ、ネクスタムで働きたいんだ

そこからはあっという間に内定に繋がっていきました。

ITの楽しさと可能性を知った第一次選考。

ネクスタムで働きたいと強く感じた1dayインターンシップ。

会社初の採用担当として挑戦を決めた社長面談。

社長に直接「内定!」と伝えられたときは、

「ここからが本当のスタートだ」

と感じたことを覚えています。

私がネクスタムを選んだ理由...

長くなっちゃうので、次回に持ち越しです!

(社長のさとしさんから内定書を頂いた時の写真。もうすでに懐かしいです。)


ネクスタムで2ヶ月が経過しました

今日も元気に

「おはようございます!」

と挨拶して1日が始まりました。

私の今の仕事はWantedly運用。

「どうしたらみなさんにネクスタムを知ってもらえるかな」

と試行錯誤しています。

毎日がとっても楽しいんです!

早く社会人になりたいなぁと日々感じています(笑)


一緒にネクスタムを創り上げませんか?

まだまだ小さいネクスタムを、

私と一緒に盛り上げていきませんか?

社長直属で、会社を切り開いていく採用リーダーを募集しています!

少しでも興味を持っていただきましたら、

お話だけでも聞きに来てくださいね!


今日のひとこと。

アジ釣りすぎました...。

株式会社ネクスタム's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more