1
/
5

【NT新卒インタビューVol.2】プランナーに配属されて半年、本音を聞いてみました。

みなさん、こんにちは!ニューステクノロジー採用担当です。

24卒の就職活動が本格化していく中で、企業選びの軸は決まってはいるものの、1dayインターンや説明会だけでは入社してから実際どうなのかわからない、社会人になったときの具体的なイメージがつかめない、そんな学生さんも多いかと思います。

そこで、みなさんの少し先輩の社会人1年目、今年4月に入社し配属から半年が経過した新卒の2人に、今までを振り返り、「学生時代の就活状況」「配属後の仕事内容」「入社前後のギャップ」などの質問に“本音“でお答えいただいたので、ぜひ最後までご覧ください!

ニューステクノロジー初のプランナー職になり、配属半年を迎えた伊藤くん。
入社1ヶ月後に、全社員に向けて発表したアイディアを形にし、プランナーとしての初企画を無事成し遂げた伊藤くんにお話しを聞いてみました。

伊藤 汰人(いとう たいと)

NT初のプランナー職に任命。自社メディアを活用した企画を立案・進行するほか、タクシー車内で放映しているオリジナル番組「HEADLIGHT」のコーナー企画提案、番組公式Twitterの運用監修などを担当。

“「アイデアで人に喜んでもらえる何かを作りたい」という思いと覚悟”

ー企業選び軸は?どんな就活をしていましたか?その中でNT入社の決め手は?

「アイデアを形にできる仕事」を企業選びの軸としていました。そして、それが早い段階で叶えられる環境に身を置きたいとも考えていました。

その中でもニューステクノロジーは、様々なメディアを保有し、オンライン施策からオフライン施策まで対応しているため、多種多様な企画の提案が可能なところに魅力を感じました。

また、事業規模の大きさに対して比較的少数のメンバーで構成されているため、一年目から主軸となって大きな仕事に関われる可能性が高いと考え、入社を決めました。

ープランナー志望の理由や、プランナー配属になった感想は?

「アイデアで人に喜んでもらえる何かを作りたい」というのがプランナーを志望した理由です。

元々学生時代から仲間内に新しい遊びを作ったり、イベントの企画をすることが好きで、周りが楽しんでくれることに喜びを感じていました。その経験から、今度は社会というより大きな集団に対して、面白いと思える機会を創出したいと思い、プランナーとして働く道を選びました。

プランナーになれなければサラリーマンをやめようと覚悟を決めていたので、希望通りプランナーに配属していただけた時は非常に嬉しかったのと同時にすごく安心しました。

“初企画で感じたプランナーとしてのやりがいと協働することの大切さ”

ープランナーとしての初企画「貞子タクシー」について

「貞子タクシー」は話題化が目的だったので、「一撃で伝わるコラボ企画」を目指しました。

その上で最も意識したのは商材と手法との相性です。コラボ企画において掛け合わせる要素同士が噛み合っていないと、企画を見たときに悪い意味で違和感が生じ、インパクトが薄れると考えたからです。

「貞子タクシー」は、国民的ホラーアイコンで画面から飛び出すイメージも根強い「貞子」と、心霊ドッキリや怪談の定番ロケーションである「タクシー」とのコラボだったからこそ広く受け入れてもらえたのかなと思っています。

媒体社であるニューステクノロジーで企画をする上で、こういったチグハグさを感じさせないコンセプト設計が最も難しく、同時にプランナーとしては最もやりがいのある部分だと感じています。

▼SNSやTVをはじめとする各メディアで紹介され話題となった「貞子タクシー」

ー初企画での学びはありましたか?

協働することの偉大さを実感しました。元々「貞子タクシー」は1から10まで自分で完成させようという意気込みで始めたのですが、結局は多くのメンバーにご協力いただく形となってしまいました。

ただ、そのおかげで自分一人で進めていた場合よりもはるかに大きな成果をあげられたと思います。というより、自分一人では実現すらできなかったと思います。

一緒に動いてくれたプロジェクトメンバーの皆さんには、本当に感謝してもしきれません。

“明確に意志を示すことで与えられたチャンスをつかみ、実現させる”

ー学生時代に描いていた社会人像と今を比較してどうですか?

思い描いた通りの社会人生活を送れています。僕の理想の社会人像は「自分の企画を実現させるために日々働く」だったのですが、明確に意志を示すことで、1年目からそのチャンスをつかむことができました。ニューステクノロジーに挑戦を後押ししてくれる風土があったからこそ実現できたことだと思うので、本当に環境に恵まれたと思います。

ー今後NTでチャレンジしたいことは?

様々な角度の企画を立案したいです。今回の「貞子タクシー」はどちらかというと「貞子×タクシー」というインパクトによる話題化が中心の企画だったので、次回は角度を変えて、「実際に体験してみたい」と思える企画にしたいです。

具体的には、車内のモニター1つで買い物ができる仕組みを作り、併せてその仕組みを活かしたオリジナルコンテンツを放映することで、タクシーが「移動しながら買い物ができる空間」になるような企画を実施したいと考えています。

ここまでお読みいただき有難うございました。

弊社の新卒採用では、ニューステクノロジーという環境を使って、自分の目標を叶えたい!といった思いを持った学生さんからのエントリーをお待ちしております!

総合職
24卒|メディア×動画で新卒から事業のグロースに挑戦したい方募集!
タクシーモビリティメディアをはじめとしたメディア事業や動画クリエイティブ事業など、 場所や空間の可能性を拡張する事業を多面的に展開しています。 主軸事業はモビリティプラットフォーム。 来る自動運転社会を見据えて、ハードだけでなく移動にまつわるサービスが 大きく変化していくと予想しています。 弊社がこれまでタクシーモビリティメディアの運営で培ったノウハウを活かし、 新しい移動体験を提供しています。 弊社三浦代表インタビュー連載記事(PIVOT「移動が無料になる日」) https://onl.sc/kHwDKRE 【MOBILITY PLATFORM】 東京都内最大規模のモビリティメディア『THE TOKYO TAXI VISION GROWTH』 ー東京23区内で月間820万人のタクシー移動時間にて、広告や情報コンテンツ、新たな体験を届ける事を可能にします。 広告情報以外にオリジナルコンテンツを制作・配信を開始し、更なる移動空間の価値向上に努めています。 https://growth-tokyo.jp/ 日本初の車窓サイネージメディア「THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvas」 ー都内を走行するタクシー車両の空車時間を活用して、 タクシーの後方のサイドガラスに広告を映し出す車窓モビリティサイネージサービス。 https://canvas-tokyo.jp/ 事例紹介: ワンピースコラボ企画 https://canvas-tokyo.jp/casestudy/onepiece/ 進撃の巨人コラボ企画 https://canvas-tokyo.jp/casestudy/shingeki/ 【MEDIA SERVICE】 高級ヘアサロン専門のサイネージ・メディア『THE TOKYO SALON VISION COVER』 ー東京を中心とした美容感度の高いサロンユーザーに特化した広告コンテンツやメディアコンテンツを配信。 https://cover-tokyo.jp/ オフィス喫煙所サイネージメディア『BREAK』 ーオフィスで働くビジネスパーソンをターゲットに、 喫煙所におけるブレイクタイムに適した動画広告やオリジナルコンテンツを配信。 https://newstech.co.jp/service/break/ 登録者15万人のカルチャー系動画メディア「McGuffin」 ーミレニアム世代をターゲットにストリートカルチャーにまつわる 唯一無二のコンテンツを提供する動画メディア https://www.youtube.com/channel/UC5CXd3yvCNfePkAbxeianDQ ▼CREATIVE 【HOLONIX】 生活者の視聴態度、メディアに合わせた動画クリエイティブを制作。 企画立案から撮影・制作まで一気通貫でサポート。 CM、WEBCM、アーティストPV、各SNS向け動画まで、幅広い案件に対応。 HP https://holonix.tokyo/ <ベクトルグループについて> 「世の中にいいモノを広め、人々を幸せに」という理念のもと、上場企業で8期連続25%以上利益成長を果たす、PR業界で国内No.1、世界16位のPRコンサルファーム。成長率は世界TOP70位の中でNo.1。(2018年度、第三社機The Holmes Reportによる調査) 西江社長は2016年度、「世界で最も影響力のあるPRプロフェッショナル」に選出されており、着々と海外進出も進めています。
株式会社ニューステクノロジー
総合職
24卒|マーケティング、メディア、広告に興味ある学生さんご応募待ってます!
タクシーモビリティメディアをはじめとしたメディア事業や動画クリエイティブ事業など、 場所や空間の可能性を拡張する事業を多面的に展開しています。 主軸事業はモビリティプラットフォーム。 来る自動運転社会を見据えて、ハードだけでなく移動にまつわるサービスが 大きく変化していくと予想しています。 弊社がこれまでタクシーモビリティメディアの運営で培ったノウハウを活かし、 新しい移動体験を提供しています。 弊社三浦代表インタビュー連載記事(PIVOT「移動が無料になる日」) https://onl.sc/kHwDKRE 【MOBILITY PLATFORM】 東京都内最大規模のモビリティメディア『THE TOKYO TAXI VISION GROWTH』 ー東京23区内で月間820万人のタクシー移動時間にて、広告や情報コンテンツ、新たな体験を届ける事を可能にします。 広告情報以外にオリジナルコンテンツを制作・配信を開始し、更なる移動空間の価値向上に努めています。 https://growth-tokyo.jp/ 日本初の車窓サイネージメディア「THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvas」 ー都内を走行するタクシー車両の空車時間を活用して、 タクシーの後方のサイドガラスに広告を映し出す車窓モビリティサイネージサービス。 https://canvas-tokyo.jp/ 事例紹介: ワンピースコラボ企画 https://canvas-tokyo.jp/casestudy/onepiece/ 進撃の巨人コラボ企画 https://canvas-tokyo.jp/casestudy/shingeki/ 【MEDIA SERVICE】 高級ヘアサロン専門のサイネージ・メディア『THE TOKYO SALON VISION COVER』 ー東京を中心とした美容感度の高いサロンユーザーに特化した広告コンテンツやメディアコンテンツを配信。 https://cover-tokyo.jp/ オフィス喫煙所サイネージメディア『BREAK』 ーオフィスで働くビジネスパーソンをターゲットに、 喫煙所におけるブレイクタイムに適した動画広告やオリジナルコンテンツを配信。 https://newstech.co.jp/service/break/ 登録者15万人のカルチャー系動画メディア「McGuffin」 ーミレニアム世代をターゲットにストリートカルチャーにまつわる 唯一無二のコンテンツを提供する動画メディア https://www.youtube.com/channel/UC5CXd3yvCNfePkAbxeianDQ ▼CREATIVE 【HOLONIX】 生活者の視聴態度、メディアに合わせた動画クリエイティブを制作。 企画立案から撮影・制作まで一気通貫でサポート。 CM、WEBCM、アーティストPV、各SNS向け動画まで、幅広い案件に対応。 HP https://holonix.tokyo/ <ベクトルグループについて> 「世の中にいいモノを広め、人々を幸せに」という理念のもと、上場企業で8期連続25%以上利益成長を果たす、PR業界で国内No.1、世界16位のPRコンサルファーム。成長率は世界TOP70位の中でNo.1。(2018年度、第三社機The Holmes Reportによる調査) 西江社長は2016年度、「世界で最も影響力のあるPRプロフェッショナル」に選出されており、着々と海外進出も進めています。
株式会社ニューステクノロジー
株式会社ニューステクノロジー's job postings

Weekly ranking

Show other rankings