1
/
5

【社員インタビュー】Android×Bluetoothのスペシャリストharadaがneuet/チャリチャリにジョインした理由

2018年2月より、福岡市にてサービスを開始したチャリチャリは、おかげ様で現在9,000回/日も使っていただくこともあるほど成長しています。
そんなチャリチャリに2020年10月にジョインしたBluetoothのスペシャリストharadaさんの入社の経緯や
haradaさんならではのIoT関連のお話をインタビューしました。

<登場人物>

聞き手:HR 中村(右)

話し手:Android Engineer harada(左)


中村:
haradaさん、本日はよろしくお願いします。
Bluetoothの技術開発のスペシャリストがneuetに入社した経緯をインタビューしつつ
haradaさんならではのIoT関連のお話なども伺えたらと思います。

harada:
よろしくお願いします。少し恥ずかしいですが、私でよければ。笑


中村:
早速ですが、haradaさんの経歴と入社の経緯についてお聞かせください。

harada:
はい。私は2009年からBluetooth周りの開発をやっていて、アプリからFW・プロトコルレイヤーまで幅広く経験してきました。直近はロボット操作用Androidアプリの開発やタクシー車内のIoT機器開発において
UI設計から実装まで幅広く携わっておりました。
MaaS関連のIoTプロジェクト経験などがチャリチャリで活かせるのでないかと思い、ジョインしました。

中村:
入社は決められたのは去年の7月だったから、ちょうどharadaさんの在籍していた会社が複数の会社から資金調達を完了し、統合や全国約10万台のタクシーと提携するアプリをリリースした時期でしたよね。

harada:
そうなんですよ。この会社統合に伴い、プロダクトをより良くするための開発に加えて、統合に向けた準備の仕事が増えてきていて、仕事の方向性が変わってきました。
このままでいいのか?と漠然と思うようになっていた時に、アマゾンギフト券につられて、フォークウェル主催のLTに参加しました(笑)。
イベント終了後にFolkwellに登録したらneuetからスカウトがきて、もともとシェアサイクルに興味があったので話を聞きにいきました。

東南アジアで働いていたときに、短距離移動の便利さにびっくりしていて。逆に日本は短距離の移動はタクシーしかなくて不便ですよね。もっと短距離を便利に安価に移動できる方法はないかなと思っていたので、シェアサイクル事業をやっている会社の話は聞きたかったんですよね。

カジュアル面談で今後の事業展開やプロダクトへのこだわり、開発チームがメルカリ文化を一部継承していることなどを知り、シェアサイクルの中でもチャリチャリへの興味が深まったので、サービスを直接使ってみようと思い、福岡まで行きました!
当時は東京ローンチ前だったので、サービスを利用するには福岡まで行くしかなかったんですよね(笑)。

中村:
もう少し早くローンチできていれば.....申し訳ないです!!笑

確かに面談の時は話だけ聞いてみたいって温度感だったけど、そこからどんどんharadaさんのチャリチャリへの熱量が上がっていったなぁって印象でした。
やっぱり赤い自転車がまちを走っている姿を直に見ると、思わず「この事業に携わりたい!」ってなっちゃいますよね。

harada:
そうなんです。その時までは転職の意思が固まっていたわけではなかったのですが、実際にチャリチャリを使ってみて、シンプルで直感的に使えるUIが他のシェアサイクルになかったし、何より福岡のまちを赤い自転車が走っている姿に感動しました。
ハードがあって、自分の関わるサービスがまちで見れるプロダクトはそうないなと思いジョインを決めました。

中村:
実際に入社してみて会社やメンバーの印象はどうでしたか?

harada:
まずOnboardingがちゃんとしていて丁寧な会社だなという印象でした。大手の企業以外はOnboardingが全くない会社が未だに多いですが、neuetは役割分担も明確でスムーズでした。

実際に業務を始めた今だと、優秀なメンバーが多いなという印象です。
teshiさん(Android Engineer)が対応したAndroidアプリのストアレビュー改善はアプリ内の適切なタイミングでレビューを表示するというものでしたが、単純な実装だけではなく、その効果を最大化するためにどういったシチュエーションで表示するのか?という部分がよく考えられており、実際に大きな成果が出て驚きました。これは日本中のAndroidエンジニアがすごいなと思ったんじゃないですか。

※アプリレビュー改善の詳細は「In-App Review APIでAndroidアプリレビューがめちゃくちゃ改善した話」に詳しく書いていますので良かったらご覧ください。

また、私が入社して間もない頃のhirutasさん(VPoE)の「データ分析の社内勉強会」も非常に良い取り組みだと思いましたし、勉強になりました。やはりデータ分析は事業において重要なので、社内のなるべく多くのメンバーができるべきだと思います。もっと言うと、意識が向いているかどうかだけでも違ってくると思います。
勉強会後は社内のRedashで多くのクエリやダッシュボードが作成されるようになり、以前より積極的にクエリを使うメンバーが増えているので、これも大きな成果をあげているのではないでしょうか。

※社内勉強会の取り組みの詳細は「非エンジニアでもデータ分析できる組織へ 〜社内勉強会の作り方〜」に詳しく書いていますので良かったらご覧ください。

中村:
私もhirutasさんの勉強会に参加しました。ほんとに分かりやすかったですし、社内の会話でもクエリ使いこなせないとダメだよねって会話もでてきましたね。

そんなneuetメンバーの中で、haradaさんの今の役割やミッションはなんですか?

harada:
メインの業務はスマホ(Android)とスマートロックの接続の改善です。スマホのいろんな機種で鍵が正常にあくかをテストする作業を永遠とやってます。また、新スマートロックの導入に向けて、通信の仕組みやセキュリティ面についてmatsさん(組み込みエンジニア)と議論しながら実装しています。

※harada、matsの業務の一部を「Androidアプリのテスト風景」「みんなの移動を支える裏方、チャリチャリの鍵の修理記録」で紹介してますので良かったらご覧ください。
特にmatsの記事は何回見ても笑ってしまいますので、必見です!!笑

中村:
なるほど。地道な作業ですが、チャリチャリでは鍵が正常に空くかどうかはお客さま体験への影響が大きいので、非常に大事ですよね。

チャリチャリの開発に限らず、Android×Bluetoothの開発って今後も需要は高いですか。

harada:
Bluetoothが日本で普及し始めてから約20年経っていますが、現在でも接続性に関する課題が多く残っています。特にAndroidは色々なメーカーがカスタマイズを行うため、その相互接続性にどうしても問題が出てしまい開発に苦労することが多いです。それでもなお私がAndroidのBluetoothにこだわっている理由がいくつかあります。

1. Bluetoothを使うと誰もが持っているスマホから無線で色んな機器に接続できる。
2. Android端末はiOS端末より非常に安価である。
3. デバイス側もBluetoothを使うと安価に開発できる。

iOSでも同じことは出来ますが、誰もが持てる価格のAndroid端末でBluetoothを使ったアプリを作ることに価値があると思っています。

中村:
「誰もが持てるもので」という想いはチャリチャリのこだわりに近いですね。チャリチャリも車体の大きさやアプリのシンプルさにこだわっていますもんね。

最後にneuetで働く魅力・チャリチャリの面白さを教えてください。

harada:
私は3点あると思います。

・ハードウェアがあること
・アプリ・フロントエンド・バックエンドと全ての開発の経験ができること
・ビッグデータ・BLEの開発に携われる可能性があること

開発経験に関してはneuetのEngineeringチームのポリシーですね。少数なので、やりたいならどんどんやっていこうといった感じです。

でも何よりハードがあること!とにかく、まずはチャリチャリに乗ってみてほしいですね。笑

中村:
最後にチャリチャリ愛が溢れましたね笑。でも分かります!
早く東京でもチャリチャリが走り回っている光景が見れるように引き続き頑張りましょう!!

haradaさん、今日はお忙しい中お時間いただきありがとうございました。

neuet株式会社's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more